2017年2月19日日曜日

クレジットカードをネットで使うのは危ない?

よくクレジットカードをネットで使うと危ないから使わないということを聞きます。
はたして、本当にそうでしょうか?

確かに、情報の流出ということもありますが、意図的に流出させない限りは、現状でハッキングで盗む方法はかなり難しい手段です。それよりは、実はお店で盗むほうがよっぽど簡単なのです。

なぜ、簡単というと…
1.お店の店員がカード情報を盗む
名前と番号さえわかれば購入が可能のため、カード情報を盗んでしまえばいいわけで、数字などを転記などのちょっとした手間をすれば可能となります。

2.スキミング装置を取り付ける
これもお店の協力なしではなかなかできませんが、装置を取り付けるだけで可能となります。この場合は、見た目ではわかりにくくお客さんは気づきにくいという点があります。

さて、ネットの場合はなぜ難しいというと…
1.お店はクレジットカード情報を知る由がない
クレジット会社からお店に渡る情報は、決済情報のみ(つまり金額だけ)となるので、番号を知ることはありません。

2.送られる情報は暗号化される
通信経路上で傍受される方法論がありますが、例え傍受が成功したとしても、その情報が暗号化されているため中身を解読するのは、ほぼ不可能です。
(参考:公開鍵暗号方式

3.ちゃんとしたお店なら本物という信頼が得られている
アドレスバーを見てもらうとわかりますが、鍵のマークが付いているのを見たことはないでしょうか。


先ほどの暗号化の場合、情報傍受の安全性は担保されていますが、送信先が安全かどうかまでの保証はできません。ですので、第三者機関において、それが本物であることを証明する認証局の認証を得ていると鍵のマークが付くのです。
(参考:認証局


このように、多重の防御処置にして、情報を安全に渡すことができるため、確率的に言えば、よほど普通のお店で使うほうが危ないのです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

よく考えてありますよね!↓

2017年2月18日土曜日

活躍できるか情報セキュリティスペシャリスト

InternetWatchより「新国家資格「登録セキスペ」、初回登録申請者は4175名

情報処理安全確保支援士(登録情報セキュリティスペシャリスト)という国家資格が新設されました。

情報セキュリティスペシャリスト(SC)試験、または、過去に実施されていたテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験の合格者が対象で、年1回の講習などを受ける必要があり、それをもって継続となります。

サイバー攻撃はますます巧妙化、活発化されていて、きちんとした対処ができることが今後大事になります。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

資格のみだけにならないでほしいですね!↓

2017年2月17日金曜日

ついに来た!ポケモンGO金銀実装!

ポケモンGOが開始されて半年以上経ちましたが、いまだプレイヤーの人気が多く、様々な方が冒険を楽しんでいます。

そんな中、大型アップデートがついに行われました!


今回のアップデートはかなり多くの追加点が増えています。気が付いた点を挙げて行ってみましょう。
  • 金銀のポケモン(ジョウト地方)がついに登場!
  • ポケモンの性別が明らかに。これがどうなるかはまだ不明
  • 新しいアイテム「ナナのみ」(動きが遅くなる木の実)と「パイルのみ」(アメが2倍になる木の実)が登場!
  • 道具を使って新しい進化が可能!
  • 捕まえる画面が刷新!
  • 着せ替えアイテムが追加!
  • 捕まえるときにボールを1個目で捕まえると「ワンショットボーナス」(+50EXP)が追加!
このように、たくさん追加点が増えました。


今後、トレーナー同士のトレード機能や対戦機能も搭載されるという話もあり、ますます注目されそうです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

いろいろ登場しています!↓

2017年2月16日木曜日

瓦解する電機連合

日本8大電機メーカーは、昭和の時代世界を席巻していました。

ソニー・パナソニック・日立・東芝・三菱・NEC・富士通・シャープ

誰もが羨む存在でした。しかし、平成に入り円高の影響やパソコン需要の低迷もあり、次々と状況が悪化していきます。

ソニー:パソコン部門を切り離し、新会社VAIOに移管
NEC:事業売却により、ビッグローブを売却しKDDIが取得。パソコンは中国レノボの傘下となる。
富士通:事業売却により、ニフティを売却しノジマが取得。
シャープ:業績不振により、台湾のホンハイの傘下となる。

ところが、これらをはるかに上回る事態が起きたのが、東芝でした。

東芝の不祥事
上2つだけで甚大な影響を及ぼしましたが、さらに輪をかけてもはや存続も危ぶまれることになったのが、原子力事業による巨額な損失です。このことについて、粉飾だけでなく業績に関しての隠匿まで行われたことで、いよいよ東証1部から2部に降格する見通しとなりました。

すでに、粉飾の影響で、白物家電(東芝ライフスタイル)は中国のマイディア(美的集団)に売却。医療(東芝メディカルシステムズ)はキヤノンに売却。パソコン事業も一時売却も視野に入っていましたが、これは回避されました。

さらに、今回の関係で、インフラ・原子力・半導体事業のうち、半導体事業も売却される可能性が高まりました。しかし、東芝にとっては、売上高3割を占める稼ぎ頭のひとつであり、もはやこれが無くなれば、解体の危機としかいいようがありません。


一時代を築いた東芝がこんなCMを流していたのがうそのようです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

数年前に東芝が無くなるなんて思いもしなかったですよね!↓

2017年2月14日火曜日

進むか無電柱化

最近、ニュースでよく話題になっているのが、無電柱化です。
銀座は無電柱化が達成されていて、非常にすっきり見えます。


そんな中、パナソニックがそれを目論む施策を立ち上げたようです。

PCwatchより「無電柱化を推し進め、街中の地上機器をWi-FiやEV充電スポットにするパナソニックの目論見

よくある地上機器に液晶などを張り付けてデジタルサイネージ(液晶画面の広告)をしたり、Wi-Fiを飛ばしたりできるようにしたいようです。


これは、地上機器にラッピングする動画ですが、これを推し進める形になります。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

無電柱すると景色が一変しますよ!↓