2012年5月15日火曜日

迷惑メールは「無視」ではなく、「報告」しよう!

昼夜いろんなところに送りつけられる迷惑メールはいやなものですが、迷惑メールは「無視」するものというのは、いつも言われていることです。

しかし、一方的に送りつけられっぱなしというのも癪に障ります。

そこで、迷惑メールを「報告」するという手段をとってみましょう。

報告先は2箇所あります。
1.一般財団法人データ通信協会 迷惑メール相談センター
迷惑メール相談センター
(または)財団法人日本産業協会

2.送られているメールサーバーの管理会社


1.迷惑メール相談センターは、総務省から管理を委託された法人が、迷惑メールを収集したものを総務省に情報を上げて、総務省にしかるべき処置をしてもらうところです。日本産業協会も同様で、こちらは消費者庁へ情報をあげることになっています。

方法は、次のとおりです。(迷惑メール相談センターの場合)
  1. 迷惑メールを受け取ったら、そのまま次のアドレスのところへ転送する。
  2. meiwaku@dekyo.or.jp
  3. 本文に受信月日、迷惑メールのfromアドレスを追加記載して転送を完了する。

2.送られているメールサーバーの管理会社への報告とは、送られてきたメールの発送元のサーバーを特定して、メールを発信しないように処置をお願いすることです。ただし、サーバーがレンタルサーバーではなく、個人のサーバーの場合は止めることはできません。その場合は、アドレスを取得した業者に警告を行なってもらいます。例えば、@(アットマーク)の後ろがyahoo.co.jpのような場合は、ヤフーがサーバーの送り元になるので、そこにお願いして警告を行うようにできます。

方法は、次のとおりです。
  1. 迷惑メールの発信アドレス(fromアドレス)を控えておく。重要なのは、 発信アドレスの@マークより後のところ。
  2. Whoisサイト(aguse または Whois Gateway)で、Whois検索をする。
    (やり方としては、枠内にアドレスを入れます。例えば、www.tts-pc.netで検索してみると、TTSパソコンスクールのホームページ情報とレンタルサーバー(スタードメイン)の情報が表示されます。)
  3. 「Name Server」の項目を見て、該当するサーバーのアカウント業者へ連絡する。(ムームードメインを例に上げると、Name Server欄がuns01.lolipop01.jpなどと表示されます。これを問い合わせで通知します。)
迷惑メール撲滅のために、ぜひともみなさんで協力して報告しましょう!

↓どれか1つでいいので、アクセスをよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

迷惑メールは通信量の逼迫の原因にもなっています。なんとかしたいですね!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿