2013年5月10日金曜日

ワードアート・図形レベルアップ! 第4回

ワードやエクセルには、昔からワードアートや図形(旧オートシェイプ)という機能があります。
それをもう少しうまく使ってみようというコーナーの第4回です。

ワードアートができるようになると、つい使いたくなるワードアートの代表といえばこれ。
word2010からはこの形状は使用できなくなりましたが、とりあえずなんらかの簡単な広告を作りたいと思った時に、つい使いたくなってしまうのがこれです。

しかし、街中の広告をよく見てみればわかりますが、こんな色使いをする広告はありません。

フォントで見かけるので多いのが「MSゴシック」なのですが、せめて「HGポップ体」を使えばまだマシです。
でも、折角なのでもうちょっと活かしたやり方を考えてみましょう。
文字で使うのが問題なので背景に使ってみましょう。
「■(しかく)」のみ入力して影を消すと虹色の背景を作り出すことができます。
そこに白色のワードアートを作り上に重ねます。この時、「Ctrl」を押しながら「矢印キー」で位置の微調整ができます。
このままでも構いませんが、第1回のように、影を付けたり背景を透明化するとこのようになります。
某カメラ屋さんのように見えませんか?
ちなみに、■を斜体にするとよりかっこよくなります。
↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

イラストレーターには負けますが、簡単なものなら十分!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿