2013年10月7日月曜日

パソコン苦手な人の特徴:なぜフォルダがわからないのか?

半分愚痴っぽい内容になりますが、パソコンに馴染みがない方の多くの共通の特徴の1つとして、「フォルダ」や「ファイル」という仮想データの概念がわからないというのがあります。

これには、他の関連性も有り、「ソフトウェア」の概念がわからないというのもあります。

例えば、ワードで文章を作って保存したものを呼び出すといった、極初歩的なものであってもです。
  • 文章を作ったけど、どこに残したのかわからない
  • 「w」の付いた物で見れる?(ファイルのアイコンを指して)
現実世界に置き換えてみてもシックリこないようです。

例えば、「ワード」で「お知らせ」という名前を付けて「ドキュメント」に保存するとしましょう。

これを、現実世界に当てはめると、「ワード」という『文房具一式』の道具を使って書いた文章に『お知らせ』と「名前」を付けて、「ドキュメント」と書かれた『箱(入れ物)』に保管する

「」の部分にかかる文章を外してみると実にわかりやすくなるはずなのですが、

・『文房具一式』の道具を使って書いた文章に『お知らせ』と付けて、『箱(入れ物)』に保管する

これをパソコンで使う言葉に当てはめると混乱するようです。

・「ワード」を使って書いた文章に「名前を付けて保存」して、「ドキュメント」に保存する

このような考え方ができるかどうかで、使えるかどうか判断できるのではないでしょうか。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

パソコンは「使っていく」ことこそが重要です!↓


0 件のコメント:

コメントを投稿