2013年11月8日金曜日

気づくか気づかないか

TTSパソコンスクールは、あらかじめ「よくある質問」に「パソコンに向き不向きがありますか?」という項目を設けています。

そこにも記しているとおり、残念ながら向かない人がいるのも事実です。
ですから、例えば、Excelを何年やってもマクロに到達できない人がいます。

「おいおい、学校なんだからできないってどういうこと!?」という人もいるでしょう。

けれども、それはパソコンスクールに限らず、他でも一緒でしょう。
水泳教室に通ったところで、全員が国体やオリンピック選手になることはありえません。

そもそも、スクールに限らず学校というところは、長い時間かけて取得した手法を短期間で学ばせる場所です。

現在の中高では、「情報」という教科がありますが、そんなものは10年前にはありませんでした。
つまり、30代以上は確実にそういうものはなく、育ってきたのです。

しかし、だからといって30代以上は全員パソコンはできないのでしょうか。もちろん、そんなことはありません。家庭や会社で長い時間をかけて、習得していったのです。

とはいえ、スクールで学ぶためには短期間で習得をしなければいけません。そのためには、ある体験が必要です。それは、「気づき」です。

TTSパソコンスクールでは、気づきを大切にしています。
生徒さんが困ってもすぐに回答は出しません。ヒントから導くことが大事です。

実際忘れてしまっていても、気づきから思い出すことが多いのです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

あとは数をこなすことが大事ですね!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿