2014年5月31日土曜日

さようならウィルコムとイー・アクセス

携帯業界の寡占が進んでいます。

業界4位のイー・アクセスとPHSのウィルコムが6月1日時点で合併することになりました。

社名は「ワイモバイル(Y!mobile)」

共にソフトバンクモバイルの子会社で、ソフトバンクの孫社長は、両者ともに携帯のLCC(ローコストキャリア=低価格事業)として見ていますので、ソフトバンクとは違ったアプローチをそのまま当分は現在の事業を継続する形になるでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

でもワイモバイルって…↓

2014年5月30日金曜日

美味しいお店の料理を知りたい!

インターネットには料理に関する情報も多彩で、もはやレシピ本の必要性はないほどです。もちろん美味しい料理もたくさんありますので、それはそれでいいのですが、「あのお店の料理のレシピはどうなんだろう?」って気になりますよね。

その疑問をすべて解決するわけではありませんが、そのおもしろい情報が掲載されました。

クックパッド あのお店のレシピ

全国展開している「大戸屋」を初めてとして、いくつかのお店のレシピが紹介されています。まだ、始まったばっかりなので少ないですが、今後も増えていくでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

今宵のおかずはこれを見て作ってみては?↓

2014年5月29日木曜日

おもしろぐっず その38【Chromecast:大画面テレビでネットの動画】

パソコン周辺機器グッズのご紹介です。


ネットの動画サイトは非常にたくさんあり目移りするほどですが、いままではネット接続ができるテレビ以外で試聴するのは、少々難しかったですし有線で接続するために、ケーブルと取り回しが面倒でした。

そこで登場したのが、グーグルのChromecastです。テレビにあるHDMI端子に差し込み、無線LANの設定さえできれば、スマホやパソコンがリモコンとして動作します。Youtubeを始め、dビデオやauビデオパス、東アジアで人気のVikiなどを見ることができます。これからもコンテンツが増えていくので、注目のデバイスといえます。


↓へのアクセスもよろしくお願いします!

4,200円とだいぶ安いですしいいかも!↓

2014年5月27日火曜日

夢の技術有機ELは廃れるのか

大変残念なニュースが報道されました。読売新聞によると「有機EL事業の売却検討…パナソニックとソニー」とされているように、日本における有機EL事業がほぼ終わりかけています。

一応、ジャパンディスプレイ社に売却されますが、1社のみで開発を続けるのと、本来パナソニックとソニーが行っていた事業をソニー・東芝・日立の3社統合会社に売るということはノウハウが違う可能性があるため、技術革新(イノベーション)が起こることは想像しにくい状況です。

有機ELは、液晶に変わる新時代の画面で、液晶をさらに上回る性能を持ち、省電力・極薄・湾曲化などができることが特徴です。さらに、明暗をはっきりさせることができ、はっきりとした黒を表現することもできます。

ところが、この有機ELの最大の弱点は、点灯時間がとてつもなく短いということです。画面が大きくなればなるほど短くなりやすくなるため、これを防ぐ手段が難しく高価になり、液晶と比べてもコスト比が比較にならないほどです。

液晶の技術がすごいということもありますが、有機ELがなくなるのは悲しくなりますね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

液晶はだいぶ安くなったため、しょうがないかもしれませんが↓


2014年5月26日月曜日

世界のSNSの考え方が変わる?

Facebookを始めSNSと呼ばれているものは、世界中でいろいろ使われています。

SNSの基本は「検索される」、つまり『公開』が原則です。

日本においては、mixiやLINEのように『非公開』というのが基本にしているところは、実は少ない部類なのです。

もちろん、設定で『友人限定』などにすることもできますが、もし知らないととんでもないことになるのは、ここ何年も起きているSNSにまつわる事件をみればわかります。

しかし、ここに来てFacebookが方針転換するようです。

Internet Watchより「米Facebook、デフォルト公開範囲を「友人」に変更

SNS最大手であるFacebookは公開範囲を『友人』にすることで、事件やコメントに対するいわゆる「炎上」にならないように、変更をするようです。

インターネットはオープンの文化だと言われていますが、プライバシーとの兼ね合いを考えると、世界的な風向きはクローズドになりつつあるのかもしれません。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

SNSの扱いは難しいですからね!↓

2014年5月25日日曜日

暑い夏にパソコンが止まってしまったら

今年初めの大雪は記録的なもので「温暖化」と言われながら、交通網が麻痺するという深刻なレベルとなりました。

それからいつの間にか時は過ぎて、暑い夏がまた到来してきます。電子機器は電気を使用するためどうしても熱が発生します。そのため、夏場は不具合を起こして停止する「フリーズ」が起こりやすくなります。

パソコンの中を清掃していない場合、ホコリが溜まりフリーズしやすくなります。頻繁に起こるようなら中を清掃してみましょう。


このようなエアダスターを使用するとホコリを飛ばすことができるので最適です。

さて、もしパソコンやスマホが作業中に止まってしまったら。まずは電源を長押ししてみましょう。5秒ほど長押しすると電源が切れるはずです。(作業途中の情報は消えます。)もし、それでも切れない場合は、パソコンはコンセントを抜く。スマホは裏の電池パックを外しましょう。

このようなことが起こる前に、保存するクセを身につけておくとよいでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

でも、昔に比べてフリーズする割合はだいぶ減りましたけどね!↓

2014年5月24日土曜日

アドビに気をつけろ!

アドビ(Adobe)のソフトといえば、フォトショップなどの映像編集ソフトが有名ですが、身近なところでもアドビの製品を無料で使用しています。

それは、AdobeReaderとAdobeFlashPlayerです。

AdobeReaderはPDFを読むときに必要なソフトで、AdobeFlashPlayerはYoutubeやニコニコ動画などの動画サイトやインターネットを見るときに使う補助ソフトです。

さて、この2つのソフトですが、セキュリティにめっぽう弱く、攻撃の対象にされているケースが度々起こっています。先日のインターネットエクスプローラーの問題は、一部AdobeFlashPlayerに起因するものでした。

セキュリティ会社のESETによると、この2つのソフトを狙うウィルスが日本において拡大傾向にあるようです。(記事1,記事2

特に問題になるのがAdobeReaderの方で、WindowsXPを使い続けている人や、Vistaや初期の7を使っている人で、このソフトをアップデートしていない人が非常に多いということです。

いままでパソコンを持ち込んでいるほぼすべての人がAdobeReaderのアップデートはされていませんでした

メールにPDFを紛れ込ませPDFを開いたらウィルスに感染。なんていうケースは普通にありえるのです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

必ずアップデートをして対策をしましょう!↓

2014年5月23日金曜日

素晴らしい芸術品の壁紙が手元に!

メトロポリタン美術館といえばニューヨークにある有名な美術館ですが、日本から行くには厳しい場所です。


大きな地図で見る

しかし、インターネットを使えば、1日中美術館の中を巡ることもできます。

さらに、この度、なんと美術館に展示してある約40万点もの美術品の画像を取得することが可能になりました!

METROPOLITAN MUSEUM The Collection Online

すべて英語なので、英単語で検索する必要がありますが、単語が出てこない場合は、「GEOGRAPIHC LOCATION」で国や地域を選択して、左側のメニューから「Artist/Maker/Culture」(著者、著作)や「Method/Material」(素材)、「Date/Era」(年代)から絞り込むといいでしょう。

見つけたら出てくる画像をクリックして、↓をクリックするとダウンロードすることができます。美術品を壁紙にして時間で変化させるようにすれば、ちょっとした美術館にすることができますよ。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

美術館は公共の福祉としての役割を果たすので、これは素晴らしいです!↓

2014年5月22日木曜日

ついに携帯の2年縛りがなくなるか?

BUZZAPより「総務省が携帯電話の2年契約見直しへ、SIMロック解除義務付けも

携帯の料金に関して、総務省から再び検討があったようです。

以前、インセンティブという販売方法が問題になりました。インセンティブというのは、報奨金のことで、携帯を契約すると販売会社に報奨金が支払われる制度で、携帯端末料金を下げ購入しやすくなり携帯販売の牽引役になりましたが、サービスが加熱しすぎたため、契約期間を縛る代わりに、一定の金額を値引きするサービスに転換しました。

ところが、今度は、契約期間が長引く影響からかMNPの過度なキャッシュバックが発生したり、料金が高止まりな各社横並びのサービスとなるなど、再び検討にならざるを得ない状況となったようです。

また、格安SIMが登場して、一部に大変な人気となっていますが、SIMロックというキャリア(ドコモなど)に端末が縛られる状態となり、SIMや端末を選べない状況が続いています。これを打破するため、これについてもロック解除の義務付けの検討をするようです。
ただ、その反面、SIMフリーでは、キャリアが販売奨励金やキャッシュバックが支払われず、端末代が高止まりする可能性もある(その代わり、通信料金が下がる可能性がある)ため、よく考えて選ぶ必要があります。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

選択肢が増えるのはいいとは思いますけどね!↓

2014年5月20日火曜日

世界が変わる?ドラえもんの「ほんやくコンニャク」が現実に?

非常に面白いアプリが紹介されていたのでご紹介します。

その前に、ドラえもんのひみつ道具にはたくさんのものがあり、有名なところでは「どこでもドア」や「タケコプター」などがありますが、その中でも「ほんやくコンニャク」はそれを食べるだけで他国語をそのまま喋れて理解できる、現代にぜひともほしい道具です。

もし現実にそのようなものが出てきたら面白いですよね。さすがに、まだ「ほんやくコンニャク」レベルというわけにはいきませんが、Googleが買収するほど、非常に有益なアプリが登場しています。

GIGAZINEより「Googleがカメラをかざすだけの簡単翻訳アプリ「Word Lens」の開発元を買収

Word Lens  GooglePlay  Apple Store


どのようなアプリかといいますと、カメラを通した画像に文字が書かれていたら、それを認識して、その文字を変換するという仕組みです。
アプリをインストールしたら、「ドイツ語から英語に変換」に設定して、ぜひ上の看板をカメラに映してみてください。
カメラを通すと、英語が浮かび上がる仕組みになっています!AR技術という仕組みを利用していますが、違った世界が見られるというのが、非常に面白いアプリです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

残念ながら、日本を含めたアジア圏は対応していませんが、出て欲しいです!↓