2014年8月3日日曜日

スマートフォンの主役が中国へ!

スマートフォンのAndoroidは、パソコンのWindowsと同様に、メーカーに縛りはありません。それにより、昔はほぼアメリカだけで作られていたものが、安さを追求することにより、台湾や中国、韓国メーカーが販売を広げている傾向にあります。

Androidの販売シェア1位が韓国のサムスンですが、その勢いが徐々に落ちてきています。

朝鮮日報より「スマホ:サムスン・アップル2強時代に異変、中国企業躍進

現在中国メーカーの


は中国で急成長していて、中でもシャオミは中国国内だけなので、日本では発売されていませんが、高スペックでありながら低価格(iPhoneと同じくらいの性能でありながら、半額以下という凄さ)というスマホを発売しています。

シャオミの凄さは Naverまとめ や Ascii週アスプラス からどうぞ

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

パーツは日本製が多いのですから日本のメーカーも出して欲しいのですが!↓


0 件のコメント:

コメントを投稿