2014年8月17日日曜日

WindowsUpdateがウィルスまがいの挙動を?

月一でセキュリティ対策などのために行われるWindowsUpdateは非常に重要なイベントです。
これにより、常に最新の状態を保たれることで、不意の攻撃を防ぐことができるのです。

…しかし、もしこれに不具合が生じた場合はどうなるのでしょうか。

今月のUpdateで久しぶりにその現象が起きました。

マイナビニュース「2014年8月の月例Windows Updateでトラブル続出? - Windowsが起動しなくなったときの対処方法
ガジェット通信「MSが復旧方法を公開 8月のWindows Updateで起動不能に陥る不具合
マイクロソフトテックネットブログ「2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある

事象としては、Update適用後、再起動するとパソコンが立ち上がらなくなるというものです。しかも、1回目の再起動は問題がなくとも、2回目で失敗するということもあるようです。

問題の原因ですが、いまだ特定されていないものの、対処方法として、フォントキャッシュの削除を行うようにされています。

フォントキャッシュとは、文字を表示するフォントのうち、よく使うものを一時保存先として残すことで、フォントを素早く表示させるファイルです。今回のUpdateでは、ロシア文字フォントに関するものが含まれていたため、それが原因の一因とされています。

しかしながら、急に動かなくなるのは、もはやウィルスみたいな挙動になってしまうため、このような問題が起こることは避けてほしいものです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Androidのアップデートは安定しているのですがね!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿