2014年10月31日金曜日

NHKがネットに擦り寄る?

AVWatchより「NHK、スポーツ中継などをネット同時配信へ

NHKは過去のオリンピック(ロンドンオリンピックソチオリンピック)で、すでにインターネットでのスポーツ中継を行っている実績があります。

この範囲をさらに広げて「放送と同時に視聴する機会を拡大することによって、社会的な関心に応える」としています。

しかし気になるのが、NHKの受信料の扱いです。

記事では、『「合理的な理由なく対象を限定しないよう努める」としており、原則として無料で配信。費用は受信料収入の3%を超えない規模とする、としている。』とされており、無料で配信するものの、受信料の3%以内(平成25年度で6,345億円なので、190億円以内)も使用するとしていることが果たしていいのかという議論もあるかと思います。

さらに、しばしば出てくるのがネットからの受信料問題です。
これが「ネットからの受信料授受の口実」になるのではないかという疑念が有ります。

簡単に、「ネットで見られる機会が増えるからいいね」と済ます問題では無いということを留意した方がいいでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

NHKのネットへの擦り寄りはちょっと気になりますね!↓

2014年10月30日木曜日

ソフト使い放題サービスがスマホでも

先日ご紹介した、ソースネクストの「超ホーダイ」は、年間4,980円で色々なソフトが使えるという、面白いサービスです。


さて、そのソースネクストが、格安スマホ向けのサービスを始めるようです。その名も「アプリ超ホーダイ」です。


ドコモ、au、ソフトバンクのスマホではなく、いわゆる格安スマホの販売店であるイオン(イオンスマホ)やビッグローブ(うれスマ)などにセットで販売されるアプリです。

月額360円(税別)で、厳選されたアプリを配信してくれるようになっています。ゲームではモンスターハンターやぷよぷよフィーバー、実用的では日刊スポーツや各種辞典やレシピアプリなど100タイトル収録を目指すように揃えていくそうです。

自分で探すのはなかなか難しいという人にはよいサービスではないでしょうか。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

ソースネクストはニッチ分野でなかなか頑張ってますね!↓

2014年10月28日火曜日

Windows10テクニカルプレビュー版:通知機能編

Windows10テクニカルプレビュー版:通知機能編

Windows10テクニカルプレビュー版 目次
Windows10のテクニカルプレビュー版を紹介するシリーズ

先日、このテクニカルプレビューに初のアップデートが行われて新機能が追加されました。
新機能と言っても、最近のスマホでは当たり前の機能だったのですが、ウィンドウズとしては初の機能となります。それは「通知機能」です。


以前から右下にある通知バーに新たに「通知ボタン」が追加されて、何かがあると通知がされますし、通知ボタンで以前の内容を確認することができます。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Windows10は完成度が高そうです!↓

2014年10月27日月曜日

画面タッチの文字入力をおさらい! その3

その2では、「ソフトウェアキーボード」の入力のうち、おなじみの「ケータイ入力モード」についておさらいしました。携帯電話に慣れている方はそのまま出来ると思いますが、できればそこから一歩踏み出して、こちらの入力方法にチャレンジすると飛躍的に入力速度が上がります。

最近、若い人はパソコン離れが起こっていて、スマホでの入力が一般的になってきているようなので、タブレットでもこの入力方法で慣れている方が多いのかなと思います。



フリック入力モード

ケータイ入力モードと画面は一緒なのですが、入力方法が異なります。
あ行は一緒なのですが、いの行からは出したい文字の方向へ指をスライドさせてすぐに画面から指を離します。

上の図を見てもらうとわかりやすいですが、いの行から右回りになっています。

「わをんー」の入力は中央したのところを1回タップが「わ」、左方向が「を」、上方向が「ん」、右方向が「ー」になります。

また、濁音(例:がざだ…)、半濁音(例:ぱぴぷぺぽ)、小さい文字は左下のところを左方向(「つ」以外なら1回タップ)が濁音、右方向(あるいは2回タップ)が半濁音です。小文字は1回タップか上方向になります。

さらに、句読点と「!?」に関しては、右下のところを1回タップが「、(読点)」、左方向が「。(句点)」、上方向が「?」、右方向が「!」になります。

フリック入力は慣れが必要なものですが、予測変換もできるので、合わせると非常に高速で文字を入力できますので、ぜひマスターしたいですね。

なお、画像は「できるネットプラス」からクリエイティブ・コモンズの表示 3.0 ライセンスに基づき、利用いたしております。(原著 林 信行、田中 拓也)

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

自分に合っているキーボードがお勧めです!↓



2014年10月26日日曜日

画面タッチの文字入力をおさらい! その2

その1では、「ソフトウェアキーボード」の入力のうち、英語キーボードの「ローマ字入力モード」についておさらいしました。

次は、馴染みのある入力方法です。


ケータイ入力モード

ケータイの入力が慣れている方におすすめのキーボードです。
あ行が表示されているので、目的の言葉を複数回押せば出てくるモードです。

スマホは画面が小さいので、こちらのモードのほうが打ちやすいでしょう。
慣れてきたら、次にご紹介する「フリック入力」を覚えると格段に入力スピードが速くなります。

なお、画像は「できるネットプラス」からクリエイティブ・コモンズの表示 3.0 ライセンスに基づき、利用いたしております。(原著 林 信行、田中 拓也)

その3はフリック入力モード

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

自分に合っているキーボードがお勧めです!↓



2014年10月25日土曜日

おせち料理の季節到来

皆さんお正月の料理はどのように準備をされていますでしょうか。昭和以前の頃は、お正月に開いているお店も少ないですし、親戚一同が会することから、おせち料理を振る舞われるケースが多かったでしょう。

ところが、平成の時代になり、核家族化や多くのスーパーやコンビニが元日営業となり、もはやおせち料理の存在が危ぶまれるかとおもいきや別方向で人気が生まれました。それは、通販です。

和洋中、あらゆるものが登場し、舌鼓を打ちつつ楽しめるようになりました。そんな中、数年前ある大きな事件がありました。世に言う、「バードカフェおせち事件」です。

新聞やテレビでも多く報道されていましたが、その原因の一端は共同購入クーポンサイト「グルーポン」の販売方法です。その影響は、社長まで謝罪をする事態となりました。その後、多くの共同購入クーポンサイトが群雄割拠の状態となり、いまはポンパレとのシェア争いをしています。

その「グルーポン」ですが、なんと4年ぶりにおせち料理を復活させることになったようです。

日経ビジネスより「グルーポン「おせち」4年ぶり復活へ、真意と覚悟は

昨年末は、おせち料理を「プレゼント」として企画がされていましたが、いよいよ本丸であるクーポンの復活と相成ったようです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

ネットでショッピングは楽しみではありますけどね!↓

2014年10月24日金曜日

事件の陰に関係者あり!

よく道を歩いていると、交番だけでなく主要な箇所で貼られているのが、「指名手配」や「事件」の顔写真です。テレビのニュースでも流れています。

先日も、テレビを見た関係者が通報して逮捕された事例がありました。
とはいえ、直近の事件ならまだしも、日が経ったものは思い出すのも難しくなってしまいます。

そこで、警視庁が考えだしたのが、ツイッターの利用でした。



このように、刑事部が公開している情報をツイッターで流すことで、いつでも手元で確認することができます。

もちろん、問題もはらんでいるかもしれませんが、それよりも速やかに情報を入手することが重要となったのでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

必要な情報はどんどん公開して欲しいですね!↓

2014年10月23日木曜日

画面タッチの文字入力をおさらい! その1

iPhoneの登場は衝撃的なものでした。というのも、それまでのスマートフォン(あるいは、PDAとも呼ばれていました。)は画面の他に、ハードキーボードが必ず付いていて、小さいキーを押さなければなりませんでした。もし、小型化が進んでしまうと、キーボードも小さくする必要が出てきてしまいますし、なによりも画面とキーボードがセットになってしまうため、厚みを抑えるのは不可能になります。

しかし、それを解決したのがタッチパネルでした。タッチパネルによって、画面の大きさをいくら変えても、一時的に画面の一部にキーボードを出すことで大きさを調整ができ、なおかつ画面のみで済むため、大きさが単純に半分以下にすることができるようになったのです。

さて、そんな画面に登場する「ソフトウェアキーボード」ですが、日本語という独自性により、いくつかの種類があります。それをおさらいしましょう。


ローマ字入力モード

パソコンのキーボードの入力が慣れている方におすすめのキーボードです。
特に、英単語の入力では、このあとに紹介するものより、素早く入力できるでしょう。

あるいは、縦画面と横画面で使い分けるキーボードもあるので、必要に応じて設定するとよいでしょう。

なお、画像は「できるネットプラス」からクリエイティブ・コモンズの表示 3.0 ライセンスに基づき、利用いたしております。(原著 林 信行、田中 拓也)

その2はケータイ入力モードについて

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

自分に合っているキーボードがお勧めです!↓


2014年10月21日火曜日

おもしろぐっず その46【パソコンを使いやすく!:寝ながらノートパソコン編】

パソコン周辺機器グッズのご紹介です。


ノートパソコンは机の上でやるもの。確かにそのとおりなのですが、もし寝ながらできたら便利ですね。むしろ、引きこもりそうですが。

という感じで、いろいろな場所に置けそうなスタンドだそうです。

病院で使うといいかも?

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

いろいろ試して楽しいパソコンライフを!↓