2014年12月2日火曜日

いよいよ衆議院選挙公示日

衆議院選挙が解散され12月14日の投票日に向けていよいよ舌戦が繰り広げられます。

前回の参議院選挙からネット選挙が解禁されて、本日から14日の前日(つまり13日)まで選挙活動が可能になります。

ここで改めてネット選挙活動についておさらいしましょう。

概要は@nifty インターネット選挙運動解禁についてを御覧ください。

選挙運動とは、特定の候補者の当選を目的とした直接または間接的な活動を指します。

そして、インターネットにおいての選挙運動の解禁とは次のことができること、できないことを言います。
  • 有権者はWebサイトの発信とSNS(Facebook,twitter,LINEなど)での発信を利用しての当落運動は問題ありません。但し、連絡先(電子メールやプロフィールなど)の提示が義務化されています。
  • 一方、電子メール(SMTP利用)や電話番号を利用して(ショートメール・SMS)文章を用いての発信は禁止されています。
  • また、選挙権がない未成年者は選挙運動はできません。
  • 有料の広告を出稿する活動はできません。
原則的に、メールを使わなければOKです。

皆さんの1票が今後の日本を占います。ぜひ、選挙に行きましょう!

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

白票や無効票は止めましょう!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿