2015年1月31日土曜日

Androidをマウス(タッチパッド)として使おう!

スマホを使っていると、意外とパソコンが不便だなと思う時があります。そこでスマホの機能をパソコンへ反映させることができるアプリがいくつかありますのでご紹介します。

窓の杜より「Androidの音声入力でPCに文字入力「SundayPad」

SundayPadアプリ

こちらはタッチパッドとして使用するアプリです。無線LAN(WiFi)使用が必須になります。携帯の通信では動作しないので注意しましょう。

まず、アプリに記載してあるアドレスから圧縮ファイルをダウンロードしておきます。 http://dsas.blog.klab.org/data/sundaypad/SpAgent.zip


その中にある「SpAgent.exe」を取り出しておき実行します。これはインストール形式ではないので、デスクトップなどに置いておけば便利です。なお、通信の許可が必要になるかもしれませんが許可をしておきましょう。


「待ち受けを開始」をクリックまたはEnterキーを押して待機します。

Androidの方もインストールして実行してみましょう。



実行したらこのような画面が出ます。PC側の通信を確認するために自動検出をするので「はい」をタップします。



使用中のPCのIPアドレスが表示したら、それをタップします。一度登録しておけば、同じ操作は必要ありませんが、IPアドレスは変わることがあるので、その場合は再度登録すれば大丈夫です。
すると、PC側で新しくウィンドウが表示されます。10秒以内に要求を受け入れましょう。


スマホ側で「認証キー文字列」を入力する画面が表示されますが、使用しないのでそのまま「OK」をタップします。


これで使用可能になります。画面の中央にある黒いところを指でなぞれば、マウスカーソルが追随します。使い方はほぼマウスパッドと同じです。


文字を入力するときは、画面上部の音声入力を使用できますので、そちらを使用します。

詳しい使い方は「ヘルプ」を参照しましょう。

このアプリをスタートアップフォルダに入れておけば、起動後すぐに使用することも可能になりますので、無線マウス代わりにすることもできます。

なお、似たようなアプリとして、「Air HID」「WiFi Mouse」などがあります。使い方はほとんど似ていますが、非常に簡単なのはこちらだと思います。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

マウスやキーボードいらずで操作できるというのが面白い!↓

2015年1月30日金曜日

Windows10テクニカルプレビューアップデート!:設定メニュー編

Windows10テクニカルプレビューアップデート版:設定メニュー編

Windows10テクニカルプレビュー アップデート版 目次
Windows10の開発が着々と進んでいますが、その開発版であるテクニカルプレビューの最新版がマイクロソフトの発表会とほぼ同時期に公開されました。

さて、今回のアップデートでは、細かいところもいろいろ変わっています。タブレットの場合どうなるのかわかりませんが、少なくともデスクトップではWindows8にあった「チャーム」の機能が削られました。
Windows8にあった右上か右下に合わせると表示される「チャーム」
Windowsキー+Cでチャームを出すことができていたのですが、それでも出ないので、おそらく削られたのだと思います。その影響からか設定画面が変更されています。


アイコンが並んでいて、そこをクリックすると、Windows8にあったような設定画面が表示されます。また、依然として、コントロールパネルは健在です。ただ、重複している部分も相変わらずあるため、今後どうなるか気になります。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Windows7や8から十分に移行する価値があります!↓

2015年1月29日木曜日

ドコモが始める「固定と移動」のセット割り

いよいよドコモも「禁断」の手を使う時がきました。

それは、同じNTTグループのNTT東西の「フレッツ光」とNTTドコモの料金プランを組み合わせることで、料金の値引きを行うサービスです。

すでに、KDDIグループでは、au光やCATVサービスとauスマホとの組み合わせで値引きをする「auスマートバリュー」を展開しています。
同様に、ソフトバンクグループでは、ホワイトBBというADSLサービスとソフトバンクスマホとの組み合わせで値引きをする「スマホBB割」を展開しています。

なぜ、ドコモはそれができなかったかというと、元は日本電信電話公社(電電公社)という国が出資した法人であり、民営化移行後も他の会社よりも規制が強く、割引サービスを安易にはできないようになっていたためです。

しかし、シェアが低下し規制する意味が薄れてきているため、許可が降りたということになります。

さて、肝心の名は「ドコモ光パック」となったようです。

内容だけ見ると、はっきり言ってかなりわかりづらい料金設定になっています。

プロバイダを自由に選べる回線のみの「単独型」、または、プロバイダを含めて価格を下げた「一体型」。そして、このどちらかにドコモの通信料金を含めることができる「パケットパック割引」が適用できます。

「auスマートバリュー」や「スマホBB割」は一律料金割引なのですが、「ドコモ光パック」の場合は、パケットパックの適用量により、割引が変化します。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

ちょっと囲い込みにしては、わかりにくい設定になっています。↓


2015年1月27日火曜日

Windows10テクニカルプレビューアップデート!:検索バーとCortana編

Windows10テクニカルプレビューアップデート版:検索バーとCortana編

Windows10テクニカルプレビュー アップデート版 目次
Windows10の開発が着々と進んでいますが、その開発版であるテクニカルプレビューの最新版がマイクロソフトの発表会とほぼ同時期に公開されました。

今回のアップデートで一目で変化が見られるのは、タスクバーといえるでしょう。タスクバーの色の変化はもちろんですが、スタートボタンの隣に検索バーが付いたことです。


検索バーをクリックするとこのようになります。現在、日本語版では開発中なので、大した情報は出てきませんが、後ほどご紹介する英語版では、ニューストピックなどが表示されます。


この検索バーに、文字を入力しますが、例えばパソコン内にあるファイル名を入力すると、そのファイルが検索結果として表示されます。(但し、現在日本語ファイル名には対応できていません)


同様にアプリ名を入力すれば、インストールされているアプリが表示されます。


また、著名なサイト名を入力すると、アドレスと認識されます。この例では、「ya」と入力すると、「Yahoo!Japan」が候補に上がります。


英語版では一足お先に、音声認識・アシスタント機能であるCortanaが搭載されています。検索バーをクリックすると、このようにニューストピックなどが表示されます。
Cortanaを動かすには、検索バーの隣にあるマイクボタンをクリックするか、あらかじめ設定する必要がありますが「Hey,Cortana!」(ヘイ、コルタナ)と呼びかけます。


すると、Cortanaが反応して、「Listening...(聞き取り中)」と表示されて、マイクで問いかけます。そこで、質問を投げかけるのですが…


「ごめんなさい。あなたが話していることが理解できません。将来の更新で再度確かめてみてください。」


「現時点ではネットに接続できません。あとでもう一度試してみてください。」

となり、確かめることはできませんでした。次の更新で、反応するか確かめたいところです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Windows7や8から十分に移行する価値があります!↓

2015年1月25日日曜日

Windows10テクニカルプレビューアップデート!:スタート画面とタスクバー

Windows10テクニカルプレビューアップデート版:スタート画面とタスクバー編

Windows10テクニカルプレビュー アップデート版 目次
Windows10の開発が着々と進んでいますが、その開発版であるテクニカルプレビューの最新版がマイクロソフトの発表会とほぼ同時期に公開されました。

いままでの開発版とどこが違うのか写真で確認していきましょう。


左がテクニカルプレビュー最新版で、右がテクニカルプレビューの初期バージョンです。

壁紙以外で違うところは、画面下のタスクバーです。Windows7→8と継承した透明感のあるタスクバーから紫色のフラットデザインに変化しています。


こちらはスタート画面です。右の初期状態に比べて、だいぶ引き締まったデザインになっています。パネルの表示項目が多くなりましたが、根本的なところは変わっていません。

また、どちらかと言うと影に隠れる形が多かった、タスクバー内の検索(アドレス)バーが表舞台に上がってきました。

以前のアドレスバーは、最初は非表示になっていて、上記のように表示してはいません。出すには、右クリックのメニューから出さなければいけませんでした。また、ウェブ検索のみであまり便利とはいえませんでした。


しかし、Windows10では最初から用意されていて、フォルダ内検索、アプリ検索、ウェブ検索と多機能に渡り、また、音声認識技術であるCortanaと融合しているので、質問をCortanaに呼びかけると返答が返ってくるようになっています。

これについては、次回取り上げます。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Windows7や8から十分に移行する価値があります!↓

2015年1月24日土曜日

Windows10へ向けてハードウェア戦略も着実に!

先日のマイクロソフトの発表会では、驚きの施策が次々と飛び出しました。第1弾では、Windows10が無料アップグレードできるという話題を取り上げました。第2弾では、新しいソフトウェアを見ていきました。本日は、そのWindows10の話題第3弾です。

・Windows10に向けての新たなハードウェアの投入

過去に未来イメージとして描かれたものや、SF映画では度々描かれたものが現実になりそうです。

Microsoft Hololens

映画「JM(Johnny Mnemonic)」を覚えている方はいらっしゃるでしょうか。まさしくこのようなイメージがもうすぐ到来します。



Microsoft Hololensは、ヘッドマウントディスプレイを装着し、空中にAR(仮想現実)技術で投影されたアイコンなどを操作することができるようになります。




Surface Hub

55インチ・84インチという巨大ディスプレイを持つタブレットというか、超大型タッチディスプレイです。



3日間に渡りご紹介しましたが、いままでのWindowsではOSそのものの特徴ばかり強調されてきましたが、「未来の技術」を「現実的」なものにした今回の発表は、かなりエキサイティングなものとなりました。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Windows10が一気におもしろくなってきました!↓