2015年1月25日日曜日

Windows10テクニカルプレビューアップデート!:スタート画面とタスクバー

Windows10テクニカルプレビューアップデート版:スタート画面とタスクバー編

Windows10テクニカルプレビュー アップデート版 目次
Windows10の開発が着々と進んでいますが、その開発版であるテクニカルプレビューの最新版がマイクロソフトの発表会とほぼ同時期に公開されました。

いままでの開発版とどこが違うのか写真で確認していきましょう。


左がテクニカルプレビュー最新版で、右がテクニカルプレビューの初期バージョンです。

壁紙以外で違うところは、画面下のタスクバーです。Windows7→8と継承した透明感のあるタスクバーから紫色のフラットデザインに変化しています。


こちらはスタート画面です。右の初期状態に比べて、だいぶ引き締まったデザインになっています。パネルの表示項目が多くなりましたが、根本的なところは変わっていません。

また、どちらかと言うと影に隠れる形が多かった、タスクバー内の検索(アドレス)バーが表舞台に上がってきました。

以前のアドレスバーは、最初は非表示になっていて、上記のように表示してはいません。出すには、右クリックのメニューから出さなければいけませんでした。また、ウェブ検索のみであまり便利とはいえませんでした。


しかし、Windows10では最初から用意されていて、フォルダ内検索、アプリ検索、ウェブ検索と多機能に渡り、また、音声認識技術であるCortanaと融合しているので、質問をCortanaに呼びかけると返答が返ってくるようになっています。

これについては、次回取り上げます。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Windows7や8から十分に移行する価値があります!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿