2015年5月31日日曜日

Windows10テクニカルプレビューアップデート!:アイコンデザイン編

Windows10テクニカルプレビューアップデート版:アイコンデザイン編

Windows10テクニカルプレビュー アップデート版 目次
Windows10の開発が着々と進んでいますが、その開発版であるテクニカルプレビューも開発が急がれています。最新版が披露されましたので、その様子を見て行きましょう。

意外と面白いアイコンデザイン

現在開発中ですが、そのときのアイコンデザインは決して美しいものとはいえませんでした。


なんというかあまりにも幼稚な感じを受けました。


今回のアップデートでシャープな感じになり、まともな感じを受けます。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Windows10が徐々に明らかに!↓

2015年5月30日土曜日

「あれってなんだっけ?」が解決する? Google Now on Tap

次世代Androidスマホに搭載予定の「Android M」には、現在のGoogle Nowを拡張した「Now on Tap」が登場するようです。

Google Nowとは、ホームボタンから上にフリックするか、Google検索バーをタップすると出てくる情報ツールです。



Android 4.1以上なら出てきますので、2年前の機種くらいまでなら出てくると思います。

さて、今回の「Now on Tap」ですが、これまでのGoogle Nowとは違い「アプリが起動している状態」で使用することが最大のポイントになります。

例えば、SNSで映画の話題が出たとします。その映画の内容を知りたいときに、わざわざブラウザアプリを開くのではなく、SNSのアプリ上でホームボタンを長押しすると、自動的にそれについてのリンク先やYoutubeが表示されるという仕組みになっています。

また、Google Nowは「Ok,Google」としゃべることで起動させることができますが、料理のメニューが表示されている時に「Ok,Google この料理の写真を見せて」と尋ねると、その料理の写真が出てくるようになるようです。


↓へのアクセスもよろしくお願いします!

人工知能をうまく活かしたスマホの進化形ですね!↓

2015年5月29日金曜日

膨大な写真を無料で保存!Googleフォト


ここ最近はマイクロソフトの攻勢が激しく、Googleの話題が埋もれていましたが、次世代Androidや新しいアプリのためだったようです。

先日、Googleは開発者向けイベント「Google I/O」を開催しましたが、そこで様々な発表がなされました。

その中で、注目の物をご紹介しましょう。

このGoogleフォトはなんといっても、無料でありながら、なんと容量無制限に写真を保存することができるようになりました。

ITmediaより「Google、無料で容量無制限のフォトストレージ「Google フォト」を発表

一応、容量無制限の条件があり、写真の場合は1枚につき1600万画素(だいたい4K画質)まで、動画の場合は1つにつき1080P(フルハイビジョン動画)までという条件があり、保存するとき容量を削減するために圧縮される。
もし、条件以上の場合やもとのサイズのまま残したい場合は、Googleドライブに直接保存することができる。その場合は、無料の場合15GB(他のファイルと共有)までとなります。

保存だけに注目が集まりますが、アプリやサイトで見る場合でも、ファイルの分類を意識すること無く、自動的に整理されるようです。

GIGAZINEより「無料かつ容量無制限でiOS・Android・ブラウザから使える写真サービス「Googleフォト」使い方まとめ

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Googleの保存容量の限界は一体どれくらいなんでしょうか!↓

2015年5月28日木曜日

いよいよ音楽も定額制に行こうか

音楽の定額制は世界の潮流でもはや止められない動きになっています。

Spotifyは日本ではまだ開始されていませんが、すでに60カ国近くまで広がってきています。

ソニーのMusic Unlimitedが聴き放題のサービスを行っていましたが、こちらもSpotifyとの提携することになり、Playstation Musicに変更されました。

そんな中、レーベルの一つであるエイベックスからAWA(アワ)というアプリが登場しました。

GIZMODOより「エイベックスとサイバーエージェントが定額制音楽配信サービス「AWA」を開始

Music Unlimitedは2000万曲までの提供をしていましたが、AWAでは今年末で500万曲、来年末には1000万曲の提供を目指すようです。

そして、ついにあのLINEからも定額制の配信サービスが登場するようです。

LINE MUSIC



どのようになるかはまだわかりませんが、いよいよ日本でも音楽定額制が本格的になるのでしょうか。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

動画も音楽も定額制に!↓

2015年5月26日火曜日

結構使いやすいかも!bing不動産

InternetWatchより「完全に“地図から探す”に特化、「Bing不動産」提供開始、リクルート「SUUMO」とマイクロソフトが連携

bing不動産

実際に操作すると分かりますが、すごくシンプルですが、直感的に作られていて探しやすいです。

ありそうでなかった地図上からの不動産検索機能ですが、実は、Googleマップにも不動産検索機能がありました。が、しかし、いつの間にか消えてしまったようです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

地味にいいですね!↓

2015年5月25日月曜日

日本でのサービスは実現できるのか?基本無料のSIM

日本でもドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリア以外にも格安で通信できるサービスが定着してきましたが、海外でも同様です。

そんな海外で驚きのサービスが登場しました。なんと、基本使用料が無料です。


要点としては、通常はWifiのみで通信をし、必要に応じて携帯電話網を利用して通話や通信を行う従量制(都度課金)というサービスということです。

ありそうでなかったサービスですが、同じようなことは日本で行うことはできるでしょうか。
可能性としてはおそらくかなり難しいでしょう。

肝心のWiFiサービスですが、屋外の公衆無線LANは3大キャリアがサービスをほとんどを担っていて無料で使わせるということが難しいでしょう。
また、仮にそれができたとしても、携帯電話網を維持するには毎月ある程度の回線使用料を払わなければいけません。もし、それを無料で行うためには広告を入れるスタイルになるとは思います。ですが、何かの拍子に毎回広告を見せられるのはあまりいい思いはしないでしょう。

でも、もしこのようなサービスが登場したら、殺到するかもしれませんね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

こういうサービスは個人的に欲しいです!↓

2015年5月24日日曜日

フィルターサービスを利用しない家庭が多いのでは #iフィルター

タブロイドより「子どものスマホデビュー時に知っておきたいルール5ヵ条

スマホに限らず、インターネットに繋ぐことを前提としたパソコンやガラケーを子供に使わせるケースが日常的になっています。

ところが、性善説なのか、それとも「よくわからない」という全く意味のない免罪符なのかわかりませんが、普通にネットでいろいろ見ているケースが多いが現状です。

先日、15歳の少年が自立飛行型無人飛行機「ドローン(Drone)」を飛ばそうとして逮捕されましたが、彼は以前から自分のホームページを持ち「ニコニコ生放送」で実況をしていました。

彼は極端な例ですが、普通に小学生以前からネットの世界に触れているのが現状です。幼児が「ユーチューブ」を親に急かした光景を見かけたこともあります。

親の価値観をそのまま子供に当てはめるのは危険です。そういう時こそ、フィルター機能が必要になります。

定番の「i-フィルター」なども含めて、各キャリアからもでています。

何時頃からフィルターを弱めるかは家庭の事情を考慮して、いかにネットリテラシーを高めるかが重要です。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

ネットの世界をうまく使っていきたいところですね!↓

2015年5月23日土曜日

J:COMが4K対応のコンテンツ発信!

ケーブルテレビは、様々なテレビ番組が見られる便利なサービスです。

ケーブルテレビの利用できるエリアでは、契約をしなくても地上デジタル放送は見られるようになっています。

先日までは、デジアナ変換というサービスが行われていました。デジタル放送に対応していないブラウン管テレビなどではアナログ放送が見られていたのですが、今年の3月くらいを目処に終了となりました。神奈川県のケーブルテレビでは4月まで延長していたようです。

せっかくなので、4Kテレビに買い換えてみるというのもいいかもしれません。

ITmediaより「J:COM、4K VoD商用サービスを5月29日にスタート――新STBも登場

ケーブルテレビでも4Kの映像を楽しめるようです。
 

これなんかわずか10数万円で、50インチ近くの4Kテレビが買えるのですからすごい世の中です。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

問題は内容なんですが、どれくらい対応するかですね!↓

2015年5月22日金曜日

大学生が訴えるSNSの注意点

もはや小学生まで使われているSNSですが、SNSの中でも特にTwitterでは、通称「バカ発見器」と言われるくらい、さまざまなトラブルを見かけることがあります。

大学生が多く目立つのは、未成年から成年へ変わることや羽目をはずしやすいことが要因かと思います。

そんな中、明治学院大学では学生自身が気をつけようというメッセージを発信することになりました。

SNSのための5つの合言葉
  • 友だちは、フリー素材集じゃありません。
  • その個性の出し方、間違っていませんか?
  • デマの中継所にならないでっ!
  • 昨日、SNSで何を見たか、思い出せますか?
  • 歩きスマホは、歩く武器。
SNSは便利な半面、このような言葉を一度噛みしめることが大事だと思います。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

包丁と同じです。便利と危険は紙一重です!↓