2015年7月31日金曜日

【Windows10】通知から正しくアップグレードをする手順 #Windows10

昨日は、アップグレードをするための条件について書きました。教室内のパソコンは現在、強制的にアップグレードを行っていますが、教室のパソコンはネットとワードやエクセル程度なので、特段影響はありませんでした。

さて、別のパソコンで通知からアップグレードを行えましたので、その手順を記しておきたいと思います。

Windows10の予約をしていて、問題がない場合には下記のメッセージが表示されます。


この時点でライセンス条項に「同意する」を選べば、アップグレードに進みます



準備が終わると、いよいよアップグレードのインストールを開始できます。しばらく時間がかかりますので、余裕が有るときにスケジュールを決めておいてもいいでしょう。開始をすると自動的に再起動が掛かります。


ここからは画面をキャプチャできませんので、スマホで撮影したものを掲載します。このように、Windows7上で構成します。これが終了すると、いよいよWindows10へ移行します。


腕なのが写り込んでいるのはご了承ください。しばらく、Windows10のアップグレードが進みます。100%になると、一旦簡易的なサインイン画面になります。


サインインすると、簡単な設定変更を行います。


全て終われば、あとは待つだけです。


問題がなければ、そのままアップグレードされます!


↓へのアクセスもよろしくお願いします!

一部のソフトは立ち上がらない!という事態が起こりちょっと戸惑っています!↓

2015年7月30日木曜日

ようこそ!Windows10!

ついにWindows10の提供開始日を迎えました。

早速TTSパソコンスクールでもWindows10が稼働!……と、言いたいところなのですが、互換性のチェックに引っかかったり、確認時間がかかったりと結局1台もアップグレードができていない状態です…。

さて、念のため確認をしておきましょう。
すでにWindows7/8の方は「Windows10を入手する」ボタンで通知ができるようになっています。


この時点で問題ない方はすんなりとアップグレードができるようになっています。アップグレードをするかしないかは本人の自由意志になっています。

アップグレードの無料適用期間は、2016年7月28日までです。それを過ぎると、有料になります。

ところが、当スクールのように(T_T)、アップグレードをしてみたい!けど、何らかのトラブルで現状行えない場合は、2つの選択肢があります。

1つは、サポートがされるまで待つということです。現状行えないだけで、数ヶ月以内に対応される見込みもあります。そうすれば、無理せずアップグレードが可能になります。

もう1つは、強制的にアップグレードをする方法です。但し、周辺機器などで対応されていない場合は、最悪起動しない可能性もありますので、念のため、バックアップとシステムディスクの準備をしておきましょう。

その方法ですが、マイクロソフトが公式に提供している「Windows10 メディア作成ツール」が必要です。手順はITmediaを参考にしていただくとして、こちらはできるだけ避けたほうがいいでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

でも果敢にチャレンジしてもいいかもしれません!↓

2015年7月28日火曜日

Google+の強制が終わるかも!

Engadgetより「YouTube が Google+不要でコメントや動画投稿に対応。G+抱き合わせ戦略を全面撤回

Google+とは、Googleが推し進めてきたSNSです。一時期は、facebookを超えるかも!と各方面からプッシュされてきましたが、使いやすいからといって流行るものではなく、自然と流れで集約されるものなんですよね。

Google+が流行らなかった点の1つに、ゴリ押しという点があります。Googleサービスの横の連携を意識したからだと思うのですが、そのせいでYoutubeやPlayストアにて匿名でコメントできないということが起こり、ちょっとした騒ぎとなりました。

しばらくは、Google+は残りそうですが、他のサービスとの連携解除に伴い、消え行く運命かもしれません。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

全く使わないサービスでした!↓

2015年7月27日月曜日

おもしろぐっず その58【あのテプラが使いやすく!】

パソコン周辺機器グッズのご紹介です。


テプラといえば、様々なところにシールを貼ることができるテープタイプライターとして有名です。

家庭よりも会社で使っている人が多いかもしれません。

そんなテプラですが、地味に進化して、なんとスマホでも使える短距離通信ブルートゥース(Bluetooth)が使えるようになりました。キーボードを備え付けている一般的なものではなく、パソコンとスマホを使って行います。

スマホであれば、文字入力や音声入力が手慣れた操作でできるので、かなり使いやすいのではないでしょうか。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

うまく使いこなすと便利なデジタルグッズ!↓

2015年7月26日日曜日

いよいよWindows10の値段が公表される

AKIBA PC Hotline!より「DSP版Windows 10の予約がスタート、予約特典などを紹介

いよいよ登場間近となったWindows10ですが、製品版の値段が判明しました。といっても、パッケージ版ではなく、簡素なDSP版OEM版)ですが、家庭向けのWindows10 Homeが16,000円程度と従来通りくらいの値段になっています。

もちろんこれは、新規で購入する場合で、既報通り、Windows7/8をすでに導入しているパソコンは2016/7/28までであれば無料でアップグレードが可能になっています。

Windows7のサポート期間は2020年とまだ5年ほど残っていますが、Windows10は2025年までサポートすることを公表しています。

つまり、アップグレードをすれば無料で、さらに5年セキュリティサポートしてくれるのですから、しない手はないでしょう。

ただし、1点注意しなければいけないのは、Windows10のアップグレードするときに、周辺機器などのデバイスドライバが対応していない可能性が出た場合、その周辺機器がサポートをしていないと、一切使えなくなる可能性があるということです。

その場合は、アップグレードをする前に、その後継機が出ていないかを確認して、そちらでサポートできないかを確認した方がいいでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

いよいよあと数日!↓

2015年7月25日土曜日

モバイル版GoogleMapに過去の経路を参照できる機能が

グーグルはアカウントごとに様々な情報を取得しています。それはもう途方も無いくらいなものなのですが、逆にそのおかげで、様々なサービスを享受しています。

だいぶ前にご紹介したものは、Android端末を無くした時に場所の把握ができる「Googleアカウントサービス」です。(iPhone端末の場合は、iCloudまたはiPhoneを探すアプリで場所を把握することができます)

Androidデバイスマネージャーで、端末の現在位置を知ることができます

ロケーション履歴では、過去の行動を知ることができます

さて、このロケーション履歴ですが、Googleマップアプリで把握することができるようになりました。

メニューから「タイムライン」を選択すると、「ロケーション履歴」と同様のメニューが現れるので、日付を指定するとその時の行動を振り返ることができます。



なお、パソコンからアクセスすると行った場所のランキングも出るようです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

想い出に浸ることもできるかもしれません!↓

2015年7月24日金曜日

超ベンリ!OfficeにGoogleドライブを扱う機能が!

窓の杜より「Google、MS Officeから直接Google ドライブへ保存できるアドインを無償公開

Googleドライブは無料で15GB保存できるネットワークの保管場所です。現在でも、マイクロソフトのOneDrive(無料で25GB)に保存することができますが、オンラインオフィスの使い勝手はGoogleドライブの方がはるかに上です。

そんなわけで、Googleドライブでワードやエクセルのファイル、つまり.Docxや.Xlsxを使っている人が多いと思います。

しかし、今まではGoogleドライブのソフトが必要でしたが、このGoogleドライブプラグインさえあれば直接読み書きすることが可能になります。

Google ドライブ プラグイン for Microsoft Office

2007または2010ならば、インストールするとリボンの上に「Googleドライブ」タグが付き、そこでファイルを開き、保存することができます。
2013ならば、ファイルから開くや保存を選択すると「Googleドライブ」の選択肢が増えます。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Googleドライブをメインに使っている人は導入する価値あり!↓