2015年10月29日木曜日

インターネットの次の時代は人工知能へ

GIGAZINEより「Appleが人工知能のエキスパートをNVIDIAから引き抜き、全自動運転カー開発を本格化か

インターネットはすさまじい勢いで拡大し続けています。その分野はとても広く、パーソナルアシスタント機能のSiriやGoogle Now、しゃべってコンシェル。日本語入力機能のGoogle日本語入力、Simeji、ATOKなどでは予測変換機能として利用されています。地図機能として、Google Map、Bing Map、NAVITIME。
今挙げたこれらは、将来人工知能として、非常に有効なものです。

そして、企業各社の次なるターゲットは、自動運転自動車です。自動車各社だけでなく、インターネット関連企業である、Google、Appleなどが参戦。すでに、Googleカーは公道を走っており、実用化に向けて一歩先を行っています。

ITmediaより「Google、検索アルゴリズムにAI(人工知能)「RankBrain」のシグナルを採用

Googleが飛躍的に人気が向上したのは、登場以来、検索ロボット(プログラム)の制度がとても高いからです。スピードが速く、正確に検索されるため、瞬く間にネット界の頂点に立つことができました。そんな、Googleに新たな人工知能「RankBrain」が登場し、より正確な検索ができるようになりそうです。

いよいよ21世紀らしい未来が登場しそうな感じですね

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

人工知能は自己考察能力を持ち得るのでしょうか!?↓

0 件のコメント:

コメントを投稿