2016年4月22日金曜日

災害報道に対するマスコミの対応に怒り続出

熊本地震が発生して早1週間以上経ちますが、ようやく揺れも小康状態になってきました。そんな中、報道各社が被害地で取材活動を行っていますが、一部にあまりにも酷い対応で、ネットから大バッシングを受けている事例が起きています。

痛いニュース(ノ∀`)より
ハムスター速報より
さらに、火に油を注いだのが、関西テレビがガソリンスタンドの列に割り込んだことに関連して、仙台放送の関連社員が「ガソリンは予め用意したものがあり、その管理をスタンドにお願いした」と虚偽の内容を書いて擁護したことにより、仙台放送が謝罪にまで追い込まれたということが起きています。

それ以外にも、
  • 避難所にいる避難者に無慈悲な強力ライト照射
  • 避難所に大量の車で押し寄せ避難者の駐車スペースを奪い配給妨害
  • そもそも配給の車の通行すら妨害
  • 避難所の緊急の放送もヘリの音で妨害
と、さらに酷い事例がたくさん起きています。これらの出来事は、Twitterなどで拡散していますが、ネット社会だからこその告発と言えます。もし、ネットが無ければ、このような情報は出回らなかったですし、マスコミの対応のひどさも分からなかったでしょう。また、これに関して、マスコミ全体の規範の問題であるという指摘も出ています。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

どうもズレがあると思いますね!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿