2016年5月21日土曜日

Windows10のメールアプリにおけるSMTPの設定について

Windows8からメールソフトはいわゆるストアアプリになり、標準で使用できるようになりました。

Windows10では、そのメールアプリもバージョンアップされましたが、一部設定項目が簡略化されてしまい、困るケースが発生してしまうことがあります。

それは、送信ができない場合です。

通常であれば、普通に送信できます。(例:Asahiネット@niftyso-net
ただ、一部のプロバイダなどでは、この方法では送信できないケースがあります。

その設定方法です。

メールアプリから設定(画面下の歯車マーク)をクリックし、アカウント設定をクリックします。

「メールボックスの同期設定を変更」をクリックします


「メールボックスの詳細設定」をクリックします


「送信(SMTP)メールサーバー」に、プロバイダから指示された送信メールサーバーのアドレスを記入した後に続いて、下記に応じて必要な情報を入れます。
なお、あらかじめプロバイダのホームページに記載された他のメールソフトの設定記事を参照しておくとスムーズです。

・送信メールにSSLを使わない場合
送信メールサーバーの欄にアドレスに続いて「:587:1」と入れます。そして、下にスクロールし「送信メールにSSLを使う」のチェックを外します
・送信メールにSSLを使う場合
送信メールサーバーの欄にアドレスに続いて「:465:1」と入れます。そして、下にスクロールし「送信メールにSSLを使う」のチェックを入れます

なお、送信メールにSSLを使う場合、場合によっては、受信ができないケースも考えられます。その場合は、受信メールサーバーの欄にアドレスに続いて「:995:1」と入れます。そして、下にスクロールし「受信メールにSSLを使う」のチェックを入れます。

参考:マイクロソフトコミュニティより「Windows 10 のメール設定について(サーバーポート)

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

参考にどうぞ!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿