2016年10月22日土曜日

恐るべきペースで売り上げが続くポケモンGO

ポケモンGOが配信されて、今日で3か月となります。だいぶレベルアップも進まれている方が多く、ジムの多くがレベル25以上で構成されているというケースも少なくありません。

さて、そんな中驚きのニュースが伝えられました。

CNETより「Pokemon GOがアプリ市場の過去最速ペースで6億ドルの売上--App Annie調べ

このわずか3か月という期間内で6億ドル(約600億円以上)という凄まじい売り上げをたたき出しました。「パズル&ドラゴンズ」の約5倍、「キャンディークラッシュ」の約2.5倍という、これらの超人気アプリでさえも霞む売り上げはプレイヤー人口の多さが物語っています。

ただ、残念ながらこれらの売り上げは周囲の経済効果を大幅に引き上げるほどではなかったようです。

Forbesより「ポケモンGOの「経済効果は幻」 米調査企業が指摘

日本では、特別にスポンサー契約制度が実施されていて、日本マクドナルド、ソフトバンク、TOHOシネマズがすでにスポンサーになっていますが、その店に行かなくても、周囲に立てばポケストップやジムは反応するので、そこまで必要なのかは疑問です。とはいえ、アイテムがもらえる場所が増えるという点だけで言えば、プレイヤーはうれしいサービスと言えるでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

無課金でも十分楽しめます!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿