2016年12月22日木曜日

スマホのメモリ食いのアプリはFacebookとSnapchat!

ITProより「アバスト、Androidのリソースを大量に消費する20のアプリを発表

Androidは機種によってメモリの搭載量が異なります。値段が高い高スペックスマホであれば、3GB以上積んでいるのが当たり前になっています。一方、値段の安いスマホでは1GB程度で使い勝手が良くないケースがあります。

また、複数の常駐アプリを使っていると結果的に遅くなってしまう原因になってしまいます。

今回公表された20のアプリで特に顕著なのが、SNSのアプリはメモリを大量消費してしまうという認識が必要です。
  • Facebook
  • Facebookページマネジャー
  • Facebookメッセンジャー
  • WhatsCall
  • Instagram
  • Snapchat
  • LINE
Facebook関連はひどいものですが、それ以外のアプリでも結構メモリを使います。このようなアプリを同時に使う場合は気を付ける必要があります。

Facebookに限って言えば、もし面倒でなければブラウザからアクセスすることもできますので、そちらを利用するといいでしょう。但し、メッセージのやり取りをしている場合は、通知が来ませんので注意が必要です。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Facebookだけならアプリでもいいんですけどね!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿