2017年1月31日火曜日

Jリーグを巡る戦い!

日本のサッカーにおける転換点はJリーグの発足でした。それまで社会人リーグとして行われていたものが、ビジネスとしてプロの組織として変貌したことにより、その地位は向上しサッカーファンが大幅に増えました。

それに一役を買ったのは、まちがいなくスカパー!(旧スカイパーフェクトTV)と言えるでしょう。衛星放送のチャンネルを持ち、何といっても昨年までJリーグのすべての試合の放送を受け持っていたため、Jリーグのファンはスカパーを契約して見ていたのです。

ところが、今年から一部の試合を除き、ほぼすべての試合を見ることができなくなるという激震が走りました。

現代ビジネスより「Jリーグ放映権を"黒船"に奪われた「スカパー!」の悲劇

今回契約に至ったのは、イギリスに本部を持つパフォーム・グループ。わずか10年の間に急速に拡大していったスポーツ配信を行う企業です。そのサイトの名はDAZN(ダ・ゾーン)と言います。

DAZN(ダ・ゾーン)


日本では、月額1,750円(税別)で、日本のコンテンツは、プロ野球・Jリーグ・Vリーグ・ラグビー、海外のコンテンツは、ブンデスリーガ・セリエA・W杯予選・MLB・ラグビー・格闘技UFC・NBA・テニス・F1・NFL・NHL・ゴルフPGAツアー・ダーツ・卓球・バトミントン・馬術・水泳などなど
多くのコンテンツが配信されます。

さらに、ドコモがダ・ゾーンと提携することがわかりました。

NHKニュースより「ドコモがスポーツ中継参入へ 英動画配信大手と提携

これで巨額な資金が入ることで、Jリーグをはじめとする様々なプロリーグを支援する形となります。いままでは広告により資金を集めたテレビ局により無料で放映というケースでした。ただ、この場合特定のスポーツのみが潤い、ほかのスポーツの成長を妨げていました。しかし、今後はスポーツファンが気軽にインターネットにより料金を支払うことで、スポーツの振興を盛り上げる形に広がっていくでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

スポーツ好きなら間違いなく契約すべきでしょう!↓

2017年1月30日月曜日

ホームページが必要…でもよくわからないならこれを使おう!

InternetWatchより「SNS全盛でもホームページは必要だよね? 無料サービスで今から始めるならこの3社

スマホ全盛でも、大事なのはホームページです。かなり本格的なページでも手軽に作られWordPressMovable Typeのようなものがありますが、それでも多少の知識は必要です。

そんな中、手軽に作られるホームページが無料で提供されているサービスでも十分に扱うことが可能です。どちらもブロック(パーツ)を当てはめるような感じで内容を当てはめていくだけで作れる便利なサイトです。

Jimdo(ジンドゥー)


Wix(ウィックス)

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Jimdoはカリキュラム対応!お気軽にお問い合わせください!↓

2017年1月28日土曜日

パソコンやスマホ、家電は買ったら、まずは設定変更!

日経トレンディより「Windows 10の基本ワザ

パソコンやスマホ、あるいは家電を購入したまま、そのまま使っている方は多いかと思います。
確かに、初期状態でも普通に使えますし、問題はないでしょう。

しかし、もっと「自分のために」使いやすくすることで、快適に使うことができます。

Windowsに限らず、設定を見直すことでより使いやすくできる可能性はあるので、まずは設定を変えてみましょう。



↓へのアクセスもよろしくお願いします!

とにかくわからない人はこちらへ!↓



2017年1月27日金曜日

格安SIMの不安

ITmediaより「「格安SIMにしたいのにできない人たち」が抱える悩み

参考:携帯代は理解や不便さを天秤にかけた結果!

格安SIMを躊躇している人たちについて取り上げられています。
いくつかの項目が不安材料のようです。
  • キャリアの2年縛りが終わるのを待っている。違約金がかかるので
  • 格安SIMが多すぎてどれを選んでいいのか分からない
  • 親との連絡手段がなくなる(メールアドレスの登録ができない)
  • とにかく分からない
すでに、格安SIMが登場して数年経っていますので、おそらく2年縛りは現時点で1年以内で済む可能性があります。なので、待っていれば、自ずと入ることができるでしょう。

格安SIMが多いのは、悩ましい問題です。とりあえず有名どころを選ぶか、自宅でインターネットを契約しているプロバイダに入るかを選ぶといいでしょう。

メールアドレスの問題は解決するには難しい点があります。Gmailなどでは迷惑メールに分類されることもあり、簡単には解決できないかもしれません。この場合は、とりあえず現在持っている携帯のプランを一番安くする。そのうえで、2台持ちの契約をするといいでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

とにかくわからない人はこちらへ!↓


2017年1月26日木曜日

あのGoogle翻訳でリアルタイム翻訳が日本語に対応!

2年前Googleは、カメラを通して文字を翻訳するアプリ「Word Lens」の企業(Quest Visual社)を買収したのを活かして、様々な言語に対応しましたが、日本語版はまだでした。


そして、ついにそのGoogle翻訳において、日本語版もリアルタイム翻訳が可能になりました!

BBCニュースから転載

スマホで試してみてください。上の写真が小さすぎてカメラが反応しない場合は、リンク先に飛んで試してみましょう。あるいは、近くに英語で書かれたものを探して試してみてください。




このようにリアルタイムで翻訳されます。(ただ、単語毎に翻訳されるため意味が通りません)

BBCニュースのWebのGoogle翻訳版

こちらはWeb版ですが、やはりこちらのほうが意訳されるようになっていますね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

将来が楽しみなアップデートです!↓

2017年1月24日火曜日

Androidでついにインストールなしでアプリが使えるように!

これは非常に画期的な取り組みといえるのではないでしょうか。

以前、グーグルは検索結果からアプリのインストールを促す(あるいは、インストールしていたらすぐに起動する)サービスを開始し、それを拡張し、検索結果からアプリなしで内容を表示するサービス「Stream」を手掛けてきました。また、それと似たような検索結果からゲームを10分遊べる「Trial Run Ads」も開始し、アプリをインストールしなくても使える環境が整ってきました。

そんな中、アプリが「インストールなし」の状態で、リンクをクリックしたら起動したり、おサイフケータイ、Suica、Pasmoのようなタッチ端末から起動したりできる「Android Instant Apps」が登場します。

GIGAZINEより「事前のインストールなしでアプリを実行できる「Android Instant Apps」の実地試験が開始される



なぜ、これが「画期的な」取り組みといえるのか。いままでは、どんな場合でも必ずアプリを事前にインストールをしておかないと使えませんでした。これはとても不便で、「その場面だけ」使いたいという要望に応えるにはとても煩わしさがあります。

具体的な例を挙げると、美術館に行ったとします。期間展示で、2週間ほどで終えるものとしましょう。スマホを使うと、より詳しくその展示品の情報を見ることができるアプリがあったとして、以前ならわざわざ事前にそれをインストールして見終わったらアンインストールしなければいけません。しかし、今回の取り組みは、展示物にタッチ端末が置いており(あるいはQRコードが書いてありそれを読み取る)、そこに触れただけでその場だけ使えるアプリが登場します。インストール不要で気にせずそのときだけ使えるのです。

これによりものすごくアプリの幅が広がります。おそらく地味ながら一気に拡大する可能性を秘めている機能かと思います。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

これはわくわくする機能です!↓

2017年1月21日土曜日

東芝が無くなる日

日本の大手電機メーカーというと次の8社でした。

ソニー・パナソニック・日立・東芝・三菱・NEC・富士通・シャープ

ところが、NECや富士通の存在感はだいぶ薄れ、シャープは台湾のホンハイの傘下になりました。

そして、東芝が没落していっています。

もともと不正会計で手痛い目にあった東芝が原発事業でとんでもないことになっています。

時事通信より「近づく「東芝解体」=相次ぐ事業売却
産経新聞より「東芝損失最大7000億円 事業売却、稼ぎ手不在
サンケイビズより「東芝融資継続に一部銀行難色 経営再建への疑念 “一枚岩”になれず

すでに、医療機器はキヤノン、白物家電は中国・美的集団(マイディア)に株式を売却しています。

日刊ゲンダイより「東芝の白物家電を手に入れた「美的集団」の正体

そのうえで、東芝の原発関連の子会社であるアメリカのウェスチングハウス・エレクトリックが起こした買収で損失額が数千億円規模になるという話が出ています。

東京新聞より「東芝、なぜ巨額損失発生? 「原発」で想定外の費用

これにより、債務超過に陥る可能性があり、半導体事業も切り離すことになりそうです。

東京新聞より「キヤノンが東芝支援検討 半導体に出資 入札6社程度か

東芝はいよいよ難しい局面を迎えます。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

大変なことになっています!↓

2017年1月20日金曜日

マイナンバー制度大丈夫?

InternetWatchより「教訓はどこへ? 32ビットIEとSafariのみ対応、Java必須のマイナンバーのポータルサイト

マイナンバーが始まってそれなりに経ちますが、そんな中、いよいよインターネットサイトが7月に開始します。

マイナポータル

ところが、その推奨環境に対して疑問が沸き起こっています。推奨環境はインターネットエクスプローラー11とJava(アプレット)(とICカードリーダー)ということで、はっきり言って2世代前の環境となっています。

インターネットエクスプローラーを環境とするのは、多少仕方がない面があるとしても、散々セキュリティに問題があるJAVAが必要というのは疑問が残ります。

実は、なぜJavaが必要なのかは2チャンネルで指摘がありました。

Javaアプレットを使う理由はマイナンバーカードをセットしたICカードリーダーにアクセスして電子証明書などを読み込む仕様だから。普通のSSLよりも強固な通信となる

そのわけは、このサイトを利用するにはICカードリーダーが必要になります。そして、ブラウザ上で、そのリーダーを認識するにはJavaが必要だったというわけなのです。

とはいえ、すでに問題山積のJavaを使い続けるのは危険であり、IEももはや通常では使われない状況であるため、専用のソフトのほうがよほど安全ではないかと思われるわけです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

なんでこんなことに…!↓

2017年1月19日木曜日

次世代の製品の覇者はGoogleでもAppleでもなくAmazon

CESという世界最大のIT・家電見本市がアメリカで開かれました。
(CES=Consumer Technology Association= 全米民生(一般消費者)技術協会)

毎年恒例であり、直近では、テレビ、スマホ、VR機器などが展示されていました。

今年ですが、昨年から急激に盛り上がった音声アシスタント機能やAI関連に注目が集まったようです。さて、この分野だと思いつくのが、アップルのSiriやグーグルのGoogle Now、マイクロソフトのコルタナあたりかと思いますが、今回席巻したのはアマゾンのAlexa(アレクサ)でした。


Alexaとはアマゾンが開発した人工知能ブログラムで、アメリカではすでにAmazon Echoという製品で売り出されています。

SCRUM VENTURESより「「IoTコマース」時代到来。700ものAmazon Alexa搭載製品が登場した今年のCES。
GIGAZINEより「Amazonの音声認識「Alexa」は世界のIoTを席巻し「スマートフォンの次」のプラットフォームの覇者となりつつある
ITmediaより「スタートアップ企業の革新的な製品がずらり――「Amazon Launchpad」オープン

家電などに取り入れた音声認識システムはいくつかあったものの、そのほとんどがAlexaを用いたというのですから驚きです。そのわけは、アマゾンはAlexaの技術を一般に開放したためで、そのことにより一気に使い勝手がよくなり勢力が拡大しました。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

要注目です!↓

2017年1月17日火曜日

有名無料セキュリティソフトAVGの最新版が登場

InternetWatchより「AvastとAVG双方の技術を結集した「AVG AntiVirus FREE」提供開始

AVGは無料のセキュリティソフトとして、長らく様々なユーザーから好まれた製品です。ところが、昨年、同じく人気を二分するAvastが1300億円で買収したことで、今後両社がどのようになるのか注目されていました。

参考:まさかの買収!セキュリティの最大手がタッグ

両社の技術が融合したことで「AvastとAVGの脅威検出・分析機能を組み合わせることで、サイバー犯罪に関する高度な洞察を得る」とのこと

無料のダウンロードはAVG アンチウイルス 無料版からvectorを選びダウンロードしましょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

入れてみてもいいかもしれません!↓