2017年4月6日木曜日

Adobeから自由に使えるフリーフォントの明朝体が登場!

窓の杜より「Adobe、「源ノ明朝」フォントをリリース ~「源ノ角ゴシック」と対になるセリフ書体

セリフ(serif)書体とは、日本語体系では明朝体に分類されるものです。
今回アドビからリリースされたのは、「Source Han Serif」と呼ばれるもので、日本名「源ノ明朝」(げんのみんちょう)と言います。非常に読みやすくできていると思います。


また、数年前には、ゴシック体であるサンセリフ体の「Source Han Sans」(日本名「源ノ角ゴシック」(げんのかくごしっく))がリリースされています。


さて、ダウンロードの方法ですが、下記のリンクに飛び「Region-specific Subset OTFs」の直下にある「Japan」をクリックしましょう。ダウンロードしたら、zipファイルになっていますので「展開(解凍)」をして、そのフォルダ内にある~.otfを右クリックしてインストールします。文字の太さで7種類用意されていますので、必要なものだけ入れるといいでしょう。

Source Han Serif:源ノ明朝
Source Han Sans:源ノ角ゴシック


以前ご紹介したMactypeと組み合わせると非常にきれいに表示されますよ!

追記(重要事項):Windows10CreatorsUpdateの際、Mactypeのサービス起動モードを保持したままアップデートすると不具合が発生します。しばらく、Mactypeを起動しないモードにするかツールバーの起動にするかで対応してください。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

こんな素敵なフォントが無料で使えるなんて!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿