2017年7月14日金曜日

一気に攻勢を強めるAMD Ryzen

CPUと言えばパソコンやスマホなどの中枢に存在するもので、計算などを行う最重要パーツの一つです。

パソコンの世界では、インテルとAMD(エーエムディー)の2社が販売しています。インテルは有名ですが、AMDは廉価モデルで利用されているケースが多いです。なので、日本で販売されているパソコンの多くは、ほぼインテルです。(ちなみに、ゲーム機の世界ではプレイステーション4、Xbox oneで使用されています。)

そのためか存在感が薄いのですが、一時期インテルに迫る勢いがあった時がありました。00年代前半に登場したAthlon XP(アスロンXP)は、当時のインテルのCPUであったPenitum 4の性能に比べて非常に費用対効果が高く、ユーザーが飛びついたのですが、その後、インテルが開発したCore 2シリーズが一気に性能を伸ばしたことで、AMDは苦戦を強いられることになります。

しかし、今年AMDから登場したRyzen(ライゼン)は非常に性能がいいわりに、低価格ということで、反撃開始となりました。

GIGAZINEより「AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」正式発表、Intelをたたきつぶす戦略的低価格を実現

また、パソコン小売のデルもRyzen搭載のパソコンが販売されます。

マイナビニュースより「AMD Ryzenで攻めるデル - 挑戦的なデスクトップPCを3シリーズ発表

今後の動きに要注目です。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

AMDにはもっと攻めてほしいです!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿