2017年7月18日火曜日

ソフトの対応期限に気を付けましょう

Windowsはサポート期限が延長フェーズも含めて10年になっているように、各々のソフトには対応期限があります。

それは、Windowsに合わせたものもありますし、製造期限に合わせたものもありますが、個人などが作成しているフリーソフトは様々な理由で期限を迎える場合があります。

GIGAZINEより「定番プレーヤー「Media Player Classic Home Cinema(MPC-HC)」がついにv1.7.13で更新終了の見込み、原因は開発者不足

WindowsXPやWindowsVistaなどで軽量でありながら多機能ということで、人気を集めた動画再生ソフトの一つが、このMPCになります。しかし、開発者不足で更新が終了見込みという残念な状況になりそうです。

コンピュータの性能が上がり、何もこのソフトを使用しなくても、いまや動画再生ソフトの人気のソフトといえば、カラーコーンでおなじみのVLCSMPlayerなどがあり、こだわりがなければ、こちらのほうが使いやすいでしょう。

他にも便利なソフトでも、いつの間にか終わっていることもあり、個人で製作している物であるなら、応援してあげることも重要です。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

一時期使っていました!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿