2017年7月7日金曜日

新たな選択肢になりえるか。セブン&アイがアスクルと提携

ショッピングサイトというと、アマゾン一強で、その後に、ヤフーショッピングやヨドバシドットコムなどが続きます。

しかし、小売業のトップに立つ、セブンイレブンを持つセブン&アイホールディングスが運営しているomni7(オムニ7)は到底及ばない状況になっています。そんな中、LOHACO(ロハコ)を運営しているアスクルと提携することで、アマゾンに立ち向かう姿勢を打ち出しました。

東洋経済オンラインより「セブンとアスクル、「火災」が生んだ渾身提携

先日大規模火災を起こしたアスクルですが、これをきっかけにセブンと組むことになったようです。

新たなショッピングサイトを作るかは不透明ですが、セブンのオムニ7とアスクルのロハコは互いに協力する形にするようです。ただ、時事通信によると「「オムニ7」は書籍やCD・DVD、生活雑貨の取り扱いが多い。「ロハコ」は、文具オフィス用品の品ぞろえが豊富だ」とのことですが、実はかぶっている部分も多く、果たして補完し合えるのかというと疑問があります。

また、どちらも微妙に使いづらいところがあり、アマゾンにどれだけ対抗できるかというのが見ものです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

あと、ちょっと高いというのが欠点かも!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿