2017年8月26日土曜日

恐怖のゲームが世界を脅かす

インターネットは素晴らしいものですが、同時に没頭していくと自ら命を絶つという恐るべきことも起こりうることも認識する必要があります。

いま、世界の10代の一部が危険に晒されています。

GIGAZINEより「世界中で少年少女を次々と自殺に追い込んでいく謎の死のゲーム「青い鯨(Blue Whale)」とは?
ダイアモンドオンラインより「世界中で10代が相次ぎ死亡、謎の自殺ゲーム「シロナガスクジラ」とは?

英語版ウィキペディアによると、アルゼンチン・ブラジル・ブルガリア・チリ・中国・コロンビア・インド・イタリア・ケニア・パラグアイ・ポルトガル・ロシア・サウジアラビア・セルビア・スペイン・アメリカ・ベネズエラ・ウルグアイで報告されています。

多くの共通項があり、それは愛情に満たされていないと感じている思春期にありがちな感情にカリスマ的な指導者が現れ諭す、また、SNS上で「必要とされている」と感じることによる共感から最後まで従ってしまうという状態になっているようです。

日本でも10代の一部には、自分の腕をカッターなどで傷つける「リストカット」をツイッターで披露するのがいます。彼ら彼女らもこういうことに巻き込まれる恐れが十分にあり、そういう子がいたら、助け出してあげないと大変なことになるかもしれません。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

このような情報に敏感になりましょう!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿