2017年8月29日火曜日

フィッシングメールに注意!

相変わらずネットを使った詐欺行為や情報を盗む行為が続いています。マルウェア(コンピュータウィルス)にもかかる可能性があるので十分に注意をする必要があります。

特に、フィッシング詐欺は単純ながら引っかかる人が多いので、自分は大丈夫と思わないほうがいいです。

フィッシング対策協議会より「フィッシング (Phishing) とは

『典型的な手口としては、まず、クレジットカード会社や銀行からのお知らせのふりをしたメールをユーザに送りつけます。「情報確認のため」 などと称して巧みにリンクをクリックさせ、あらかじめ用意した本物のサイトにそっくりな偽サイトにユーザを誘導します。そこでクレジットカード番号や口座番号などを入力するよう促し、入力された情報を盗み取ります。』

今回は、私のところにもメールが届きましたので、その文面をご紹介します。


他にもいろいろな例があります。

InternetWatchより「継続して出回るAppleの偽メール・6つの件名バリエーション、偽サイトへ誘導し、個人情報を根こそぎ窃取

さて、このようなメールが届いたときに捨ててもいいのですが、他の人たちのためにも報告するようにしましょう。

フィッシング対策協議会 お問い合わせ

『フィッシングの疑いがあるメールを受け取った場合には、メールのリンクを安易にクリックせず、そのメールを転送、もしくは、フィッシングメールのタイトル、本文、差出人名、送信日時、概要などを記載の上、以下のメールアドレスにお送りください。』

メールの送り先 info@antiphishing.jp

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

気をつけてください!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿