2017年9月2日土曜日

2017スマホのメモリ食いアプリはなんと!

関連:2016年版「スマホのメモリ食いのアプリはFacebookとSnapchat!

昨年公表されたAndroidスマホに良くないアプリには、SNS関連が並んでいました。それから半年経ち、再びアバスト社が調査をしたようです。

マイナビニュースより「スマホのリソースを消費するAndroidアプリランキング、第1位は?
窓の杜より「AVAST、リソース消費の多いAndroidアプリを発表 ~Google製アプリが多くランクイン

前回はSNSが多くランクインしましたが、今回はグーグル謹製アプリとサムスン製アプリが多くライクインしています。そして、見逃せないものもあります。

ひとまずSNSがランキングから下がったのは評価すべきです。ただ、相対的に下がった影響でグーグルが目立ってしまったというのはある意味仕方が無いといえます。

グーグルのアプリは無効にできますので、必要のないアプリは「アプリの管理」から無効にしておきましょう。
  • Google Talkback(視覚障害者向け読み上げ)
  • Google Play Music(音楽再生)
  • Google Play NewsStand(ニュース)
  • Google+(SNS)
  • Googleハングアウト(SNS・メッセージング)
  • Googleドキュメント(オフィス)
また、Galaxyをお使いの方はサムスンアプリが幅を利かせているようです。これらも必要ないならアンインストールか無効にしてしまいましょう。

さて、もう一つ見逃せないのが、いわゆるスマホ最適化アプリです。
  • Clean Master
  • DU Battery Saver
これらは有名なアプリですが、意味が無いとまでは言いませんが、あまり期待して入れる必要はないと思います。2年前くらいまでのスマホなら価値はありましたが、Android5.0以降かミドルスペック以上ならそこまでの必要はないでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

スマホを買ったらすぐにアンインストールと無効をすること!↓

0 件のコメント:

コメントを投稿