ラベル アプリ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アプリ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年2月17日金曜日

ついに来た!ポケモンGO金銀実装!

ポケモンGOが開始されて半年以上経ちましたが、いまだプレイヤーの人気が多く、様々な方が冒険を楽しんでいます。

そんな中、大型アップデートがついに行われました!


今回のアップデートはかなり多くの追加点が増えています。気が付いた点を挙げて行ってみましょう。
  • 金銀のポケモン(ジョウト地方)がついに登場!
  • ポケモンの性別が明らかに。これがどうなるかはまだ不明
  • 新しいアイテム「ナナのみ」(動きが遅くなる木の実)と「パイルのみ」(アメが2倍になる木の実)が登場!
  • 道具を使って新しい進化が可能!
  • 捕まえる画面が刷新!
  • 着せ替えアイテムが追加!
  • 捕まえるときにボールを1個目で捕まえると「ワンショットボーナス」(+50EXP)が追加!
このように、たくさん追加点が増えました。


今後、トレーナー同士のトレード機能や対戦機能も搭載されるという話もあり、ますます注目されそうです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

いろいろ登場しています!↓

2017年2月9日木曜日

ドコモvsソフトバンクはスポーツの場でも

スポーツ配信サイト「DAZN」(ダ・ゾーン)がJリーグを包括契約したことで話題になりましたが、ドコモとの連携の詳細がわかりました。


ポイントはドコモ契約者なら月980円で楽しめるということで、DAZN経由では月1750円となるため、比較すると、かなりの格安料金になっているというところです。

また、ドコモショップ経由で契約が可能のため、わからない点は店舗で聞ける(とは思えないですが)点はプラスと言えるでしょう。

さて、そんな中スポーツ配信を行っているソフトバンクのサービスが値下げを踏み切りました。

エムディエヌ・デザイン・インタラクティブより「ソフトバンク、「スポナビライブ」をドコモのDAZNと同価格の980円〜に変更


いままで通常3000円、SBユーザーは500円だったのが、通常1480円、SBユーザーは980円に変更されます。SBユーザーは値上げとなりますが、ハイビジョンからフルハイビジョンになります。

auは蚊帳の外となっていますが、スポーツでの戦いに入っていくのでしょうか。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

2017年1月26日木曜日

あのGoogle翻訳でリアルタイム翻訳が日本語に対応!

2年前Googleは、カメラを通して文字を翻訳するアプリ「Word Lens」の企業(Quest Visual社)を買収したのを活かして、様々な言語に対応しましたが、日本語版はまだでした。


そして、ついにそのGoogle翻訳において、日本語版もリアルタイム翻訳が可能になりました!

BBCニュースから転載

スマホで試してみてください。上の写真が小さすぎてカメラが反応しない場合は、リンク先に飛んで試してみましょう。あるいは、近くに英語で書かれたものを探して試してみてください。




このようにリアルタイムで翻訳されます。(ただ、単語毎に翻訳されるため意味が通りません)

BBCニュースのWebのGoogle翻訳版

こちらはWeb版ですが、やはりこちらのほうが意訳されるようになっていますね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

将来が楽しみなアップデートです!↓

2017年1月24日火曜日

Androidでついにインストールなしでアプリが使えるように!

これは非常に画期的な取り組みといえるのではないでしょうか。

以前、グーグルは検索結果からアプリのインストールを促す(あるいは、インストールしていたらすぐに起動する)サービスを開始し、それを拡張し、検索結果からアプリなしで内容を表示するサービス「Stream」を手掛けてきました。また、それと似たような検索結果からゲームを10分遊べる「Trial Run Ads」も開始し、アプリをインストールしなくても使える環境が整ってきました。

そんな中、アプリが「インストールなし」の状態で、リンクをクリックしたら起動したり、おサイフケータイ、Suica、Pasmoのようなタッチ端末から起動したりできる「Android Instant Apps」が登場します。

GIGAZINEより「事前のインストールなしでアプリを実行できる「Android Instant Apps」の実地試験が開始される



なぜ、これが「画期的な」取り組みといえるのか。いままでは、どんな場合でも必ずアプリを事前にインストールをしておかないと使えませんでした。これはとても不便で、「その場面だけ」使いたいという要望に応えるにはとても煩わしさがあります。

具体的な例を挙げると、美術館に行ったとします。期間展示で、2週間ほどで終えるものとしましょう。スマホを使うと、より詳しくその展示品の情報を見ることができるアプリがあったとして、以前ならわざわざ事前にそれをインストールして見終わったらアンインストールしなければいけません。しかし、今回の取り組みは、展示物にタッチ端末が置いており(あるいはQRコードが書いてありそれを読み取る)、そこに触れただけでその場だけ使えるアプリが登場します。インストール不要で気にせずそのときだけ使えるのです。

これによりものすごくアプリの幅が広がります。おそらく地味ながら一気に拡大する可能性を秘めている機能かと思います。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

これはわくわくする機能です!↓

2016年12月19日月曜日

Androidの魅力。それは自由度が高いこと!

たびたびiPhoneよりAndroidを選ぶのはなぜですか?と聞かれることがあります。その理由はiPhoneには無いカスタマイズ性(自由度)が高いからです。

iPhoneがきびきび動くのは、ハードウェア性能が高いということもありますが、基本的なところには大きく制限をかけていることもあります。つまり、余計なところに手を加えさせることで変な動作を起こさせる危険性を避けるように基本性能を低下させるような手間をかけるよりも、最低限動かせるところ以外には手を触れさせないということで基本的な性能を上げることを選択肢にしたということになります。

しかし、いまのAndroidはよほどの低価格品でなければ、性能も申し分なく、むしろいろいろといじることができるほうが消費者の要望に沿うわけです。ですので、Androidを推す理由はそこにあります。

前置きが長くなりましたが、そんなAndroidですが、出荷時にはメーカーが設定してあるホーム画面が用意されています。ところが意外とそれが使いずらいことが多かったり、デザインがいまいちなものがあったりします。そこで、おすすめなのがホーム画面を変えられるアプリです。

Nova Launcher / Nova Launcher Prime

このアプリは、Androidの標準画面を拡張するようなアプリです。Androidの標準を踏襲しつつ、使いやすくさせる点を大幅に変えることで、使い勝手が大幅に良くなります。また、プライム版はiPhoneにある未読通知が加えられます。現在、セール中で99円で購入できますので、おすすめです!

女性におすすめのかわいいホームアプリもたくさんあります。
↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Nova Launcherの使い勝手が良すぎます!↓

2016年12月13日火曜日

グーグルの新しいパーソナルアシスタント

InternetWatchより「「Google Allo」の「Googleアシスタント」が日本語に対応

LINEやフェイスブックメッセージのようなGoogle謹製のメッセージングアプリである「Google Allo」には、Siriのような対話型アシスタント機能である「Googleアシスタント」が入っています。


いままでは、英語圏等でしか使えませんでしたが、日本語に対応することになりました。


これがAlloのマークです


例えばこんなことできます。コルタナさんのような感じでしょうか。


また、コルタナさんより優秀なのが、Youtubeから楽曲を探してくれるところですね。
他にもいろいろな検索や簡単なゲームがありますので、試してみましょう。

そのうち、単体アプリとして独立するかもしれませんね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

聞き取りはかなりいいです!↓

2016年12月5日月曜日

SNOWが爆発的に流行中!

週刊プレイボーイより「話題の画像加工アプリ『SNOW』はおっさんでも使えるのか?

SNOW Playストア Appストア

SNOWをご存知でしょうか。30代以下、特に中高生に爆発的な人気を誇る画像加工ができるアプリです。

少し前は、美肌やかわいいフレームやスタンプを付けられるアプリが人気だったのですが、このSNOWは顔認識をし、リアルタイムでコスプレみたいにできるようになっています。

この面白さがうけていて、例えばこんなことができるようになっています。
手軽に楽しい画像ができあがるのとLINEとの連携ができるために一気に勢力が伸びたようです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

クリスマスパーティの思い出にこのアプリを使ってみては!↓

2016年9月2日金曜日

スマートフォンに入れる鉄板アプリ2016 P.6 そのほか編-2

スマホが一気に広がっていった3年ほど前に入れたほうがいい鉄板アプリをご紹介しました。あれから3年が経ち、だいぶアプリも充実してきましたので、Androidで1億以上のダウンロードされたものをご紹介していきます。

スマートフォンに入れる鉄板アプリ2016 目次
いままで取り上げていないその他のソフトをご紹介します。

eBay(イーベイ) Playストア Appストア
世界的なオークションサイトであるeBayのアプリ。日本語には対応していない。

DU Battery Saver & Widgets(DUバッテリーセーバー) Playストア
バッテリー節約アプリ。ただ、最近はほとんどの機種にバッテリーセーバー機能があるため、あまり意味がない。

ES File Explorer(イーエスファイルエクスプローラー) Playストア
Androidのファイル管理アプリ。こちらもいろいろなアプリがあるため、どれでもいい。

Yahoo!メール(ヤフーメール) Playストア Appストア
1億ダウンロードは外国版ですが、取り上げたのは日本語版です。Gメールアプリなどで複数アカウントで管理ができますが、それが苦手な人はこれでもいい。

Battery Doctor (Battery Saver)(バッテリードクター) Playストア
バッテリー節約アプリ。ただ、同様にほとんどの機種にバッテリーセーバー機能があるため、あまり意味がない。

CM Security(シーエムセキュリティ) Playストア
セキュリティアプリ。検出率が高いとの評判。

Firefox(ファイアーフォックス) Playストア Appストア
有名なウェブブラウザのモバイル版。

Waze(ウェイズ) Playストア Appストア
渋滞情報や道路状況などを投稿し共有する新しいカーナビ。ただ、いまいち日本では浸透していないようなので、将来に期待が集まる。

Retrica(レトリカ) Playストア Appストア
写真加工アプリ。多彩な機能がある。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

盛りだくさんの内容です!↓

2016年9月1日木曜日

スマートフォンに入れる鉄板アプリ2016 P.5 そのほか編-1

スマホが一気に広がっていった3年ほど前に入れたほうがいい鉄板アプリをご紹介しました。あれから3年が経ち、だいぶアプリも充実してきましたので、Androidで1億以上のダウンロードされたものをご紹介していきます。

スマートフォンに入れる鉄板アプリ2016 目次
いままで取り上げていないその他のソフトを2回に分けてご紹介します。

Avast Mobile Security(モバイルセキュリティ) Playストア
パソコンで有名なセキュリティソフトAvastのandroid版。iosには無い。

Adobe Flash Player 11(アドビフラッシュプレイヤー)
サポート対象外のものの、AndroidでFlashコンテンツを見るのに必要なもの。

Adobe Acrobat Reader(アドビアクロバットリーダー) Playストア Appストア
ご存知PDFを読むためのアプリ。

Dropbox(ドロップボックス) Playストア Appストア
クラウドストレージの超有名なアプリ。

GO Launcher EX(ゴーランチャーイーエックス) Playストア
Androidのホーム画面をごっそり入れ替えられる着せ替えアプリ。非常に多彩なカスタマイズが魅力。

AVG Free Antivirus Security(エイブイジーアンチウィルスセキュリティ) Playストア
パソコンで有名なセキュリティソフトAVGのandroid版。iosには無い。

PicsArt(ピクスアート) Playストア Appストア
画像加工アプリ。非常に多機能で持て余してしまうほど。

ZEDGE Wallpapers(ゼッジウォールペーパー) Playストア Appストア
ネットから壁紙や着信音などをダウンロードしてカスタマイズできる。

Clean Master(クリーンマスター) Playストア
Androidのメモリ管理ができる。ワンタッチクリアなど便利な機能が満載。

Super-Bright LED Flashlight(超高輝度LED懐中電灯) Playストア
Androidに搭載しているLEDを点灯するアプリ。いろいろなアプリの種類が出ているため、どれを選んでもあまり差はない。

Barcode Scanner(QRバーコードスキャナ) Playストア
バーコードリーダーの最古参アプリ。いろいろなアプリの種類が出ているため、どれを選んでもあまり差はない。

Opera mini(オペラミニ) Playストア Appストア
軽量ブラウザとして昔から有名なアプリ。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

盛りだくさんの内容です!↓