ラベル オンラインオフィス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル オンラインオフィス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2012年7月31日火曜日

Office Web Apps-SkyDrive がバージョンアップ!その実力は?Part2

オンラインオフィス 目次

以前、いくつかあるオンラインオフィスアプリの違いを見てみるという特集を組んでみました。
その中で、マイクロソフトのOfficeのオンライン版をご紹介いたしました。
ところが、これの完成度が低くて通常では使い物にならない。という結論になりました。

Office2013の開発が行われて、先日開発版が公開されましたが、おなじくオンライン版も公開されました。そこで、どれほど使い勝手が良くなったかを見ていきたいと思います。

今回も、総務省が発表した通信利用動向調査(平成22年版)を元に作成しています。

元データはExcel2003で作成してみました。元データ[pdf]

Office Web Apps-SkyDriveの作成画面はこちらです。

現行のOffice Web Apps Excel
プレビュー版のOffice Web Apps Excel
Wordでは、ページレイアウトタブが付いていましたが、こちらは新しいタブは付いていません。操作をして気になるところは、アクティブセルを動かすと瞬間移動するのではなくて、アクティブセルがワープするような動き方をするのが、気になります。

画面はこちらA4版のpdfはこちら

以前とほとんど変わりません。また、Wordの場合、直接pdfへ出力できていたものの、Excelの場合は、直接pdfへ変換することができません。

現段階では、いまだ成果物を一から作るのは、とても無理そうですね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

まだまだSkyDrive単体での使い勝手は良くないですね。素直にOfficeを使いましょう!↓

2012年7月27日金曜日

Office Web Apps-SkyDrive がバージョンアップ!その実力は?Part1

オンラインオフィス 目次

以前、いくつかあるオンラインオフィスアプリの違いを見てみるという特集を組んでみました。
その中で、マイクロソフトのOfficeのオンライン版をご紹介いたしました。
ところが、これの完成度が低くて通常では使い物にならない。という結論になりました。

Office2013の開発が行われて、先日開発版が公開されましたが、おなじくオンライン版も公開されました。そこで、どれほど使い勝手が良くなったかを見ていきたいと思います。

今回も  「今すぐ使えるかんたん ぜったいデキます! ワード2010」のテキストデータを元に作成しています。

元データはWord2003で作成してみました。元データ[pdf]

Office Web Apps-SkyDriveの最新版の作成画面はこちらです。
現行バージョン
開発版バージョン
新たに、ページレイアウト機能が付きました。これにより、簡単な文章を作成して、印刷する程度くらいまでなら使えるようになりました。会社の社内文書や社外文書、地域向けのお知らせ程度なら向いているのではないでしょうか。(ちなみに、この開発版では問題があります。プレビューやpdf参照)


また、写真やクリップアートに対して、装飾や拡大・縮小が出来るようになりました。さらに、地味に使えるフォントも増えましたので、会社の福利厚生のご案内などでも使用できそうです。

プレビューはこちら。A4版のpdfはこちら

Wordとの違いですが
  • ページ設定があるものの、厳密に対応していない
  • ワードアートがない
  • ページ罫線がない
  • 画像や表を回り込ませる機能がない(いわゆる文字列の折り返し)
  • 図形が描けない
  • 表に対して色をつけることが全く出来ない
  • 表全体を揃える機能がない
また、他のオンラインオフィスアプリとの違いですが
  • フォントが多く使える
  • クリップアートが使える
  • 図やクリップアートに装飾できるようになった
  • スタイルが使える
A4でページ設定したものの、出力してみるとまったく大きさが合わないという現象が起きました。作成時点では、問題無いものの出力時点で異なるようです。開発版なので直して欲しいところですね。
また、相変わらず表に色をつけることができません。これくらいは簡単にできそうなんですけどね…

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

まだSkyDrive単体での使い勝手は良くないですね。素直にOfficeを使いましょう!↓

2012年5月6日日曜日

オンラインオフィス(表計算作成編) Zohoドキュメント

オンライン(クラウド)のオフィスツールを体験してみよう!

オンラインオフィス 目次

いくつかあるオンラインオフィスアプリの違いを見てみるということで、今回は予告通り、Zohoドキュメントで表計算作成です。

こちらは総務省が発表した通信利用動向調査(平成22年版)を元に作成しています。

元データはExcel2003で作成してみました。元データ[pdf]

Zohoの作成画面はこちらです。

こちらも他のものと比べると、メニューバーが独創的です。

プレビューはこちら。A4版のpdfはこちら

他のオンラインオフィスアプリとの違いですが
  • ピボットテーブルが使える
  • ゴールシークが使える
  • マクロが使えて、一部VBAも使える
  • ウィンドウ枠の固定ができる
意外とゴールシーク機能はいいかもしれませんね。VBAはイベントがOPENとNewSheetしかできないので、派手なことはできませんが、ユーザーが作成したマクロをインターネットから拾ってくることができます。

いろいろ見てきましたが、いかがだったでしょうか。発展途上のオンラインオフィスですが、購入しなくても扱えるというのがすごいと思います。ぜひ、機会があったら活用してみてください。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

Zohoはさまざまなログイン手段があるのもいいですね↓

2012年4月27日金曜日

オンラインオフィス(表計算作成編) ThinkFree Office

オンライン(クラウド)のオフィスツールを体験してみよう!

オンラインオフィス 目次

いくつかあるオンラインオフィスアプリの違いを見てみるということで、今回は予告通り、 ThinkFreeてがるオフィスで表計算作成です。

こちらは総務省が発表した通信利用動向調査(平成22年版)を元に作成しています。

元データはExcel2003で作成してみました。元データ[pdf]

ThinkFreeクイックエディットの作成画面はこちらです。

ThinkFreeパワーエディットの作成画面はこちらです。

クイックエディットのプレビューはこちら。
パワーエディットのプレビューはこちら。A4版のpdfはこちら

クイックエディットはなんとグラフを作ることができません。それどころか用意されているのが、関数と太字・斜体・下線・文字揃えのみです。いくらクイックといえど、全く使えませんね。
一方、パワーエディットはさすがいろいろ揃っています。やはりOffice2000程度には使えると思います。

Excelとの主な違い(パワーエディット)ですが、
  • マクロがない
他のオンラインオフィスアプリとの違いですが
  • エクセルにあるほとんどの機能が使える
  • 一部操作におかしい部分がある
  • PDFとして保存できる
グラフのデータラベルが変ですが、値を変更することができませんでした。

ちなみに、パワーエディットを常に使用するならば、バージョンアップしたThnikFree Onlineの使用をおすすめします。安定した動作でOffice2000並に使用できると思います。
(しかし、やっぱりデータラベルは変更できませんでしたが…)

追記(2014/11/8):
Thinkfree てがるオフィスは2012/11/30にて終了しております。引き続きThinkFree Onlineは継続しています。

次回は、Zohoドキュメントです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

ThinkFreeは今後に期待できるオフィスソフトかもしれませんね↓

2012年4月21日土曜日

オンラインオフィス(表計算作成編) Office Web Apps-SkyDrive

オンライン(クラウド)のオフィスツールを体験してみよう!

オンラインオフィス 目次

いくつかあるオンラインオフィスアプリの違いを見てみるということで、今回は予告通り、Office Web Apps-SkyDriveで表計算作成です。

こちらは総務省が発表した通信利用動向調査(平成22年版)を元に作成しています。

元データはExcel2003で作成してみました。元データ[pdf]

Office Web Apps-SkyDriveの作成画面はこちらです。

リボン画面がやはり特徴的です。さて、文章作成編ではあまりにも機能が足りないため貧素なものになってしまいましたが、さてSkyDriveのExcelはいかほどでしょうか。

画面はこちらA4版のpdfはこちら

Excelとの主な違いですが、
  • 入力規則がない
  • 集計がない
  • 条件付き書式がない
  • というか、「ホーム」と「挿入」しかタブがない
他のオンラインオフィスアプリとの違いですが
  • グラフの第2軸が使えない
  • ピボットテーブルが使えない
  • 印刷が貧素
関数は揃っているものの、マイクロソフト公式なのにこれはひどい…。特に、グラフの第2軸も使えないのはいかがなものかと…。

次回は、ThinkFree Officeです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

SkyDrive上ではいまのところ作成しないほうがいいかと…↓

2012年4月15日日曜日

オンラインオフィス(表計算作成編) Googleドキュメント

オンライン(クラウド)のオフィスツールを体験してみよう!

オンラインオフィス 目次

いくつかあるオンラインオフィスアプリの違いを見てみるということで、今回は予告通り、表計算編となります。今回は、Googleドキュメントで表計算作成です。

こちらは総務省が発表した通信利用動向調査(平成22年版)を元に作成しています。

元データはExcel2003で作成してみました。元データ[pdf]

Googleドキュメントの作成画面はこちらです。

こちらもシンプルな画面ですね。簡素なところが目に入りがちですが、ピボットテーブルも使えるので、意外と侮れません。

画面はこちらA4版のpdfはこちら

Excelとの主な違いですが、
  • 入力規則がない
  • 集計がない
他のオンラインオフィスアプリとの違いですが
  • グラフの第2軸が使える
  • ウェブフォームが使える
  • ピボットテーブルが使える
  • ガジェットが使える(プラグインのようなもの)
ウェブフォームがかなり強力で、TTSパソコンスクールの問い合わせフォームは実はこれで作っています。これについては、スクールでは「インターネット活用カリキュラム」で取り上げています。

関数も一通り揃っていますし、条件付き書式もあります。簡単な表ならこれで十分ですね。

次回は、Office Web Apps - SkyDriveです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

文章作成と違って、スプレッドシートはかなり使えます!↓

2012年4月6日金曜日

オンラインオフィス(文章作成編) Zohoドキュメント

オンライン(クラウド)のオフィスツールを体験してみよう!

オンラインオフィス 目次

いくつかあるオンラインオフィスアプリの違いを見てみるということで、今回は予告通り、Zohoドキュメントで文章作成です。

こちらは  「今すぐ使えるかんたん ぜったいデキます! ワード2010」のテキストデータを元に作成しています。

元データはWord2003で作成してみました。元データ[pdf]

Zohoの作成画面はこちらです。

他のものと比べると、メニューバーが独創的です。慣れるのに時間がかかるかもしれません。

プレビューはこちら。A4版のpdfはこちら

Wordとの違いですが
  • 使えるフォントが限られる(ただし、IPAフォントも入っています)
  • ワードアートがない
  • クリップアートがない
  • ページ罫線がない(今回は透かしで代用)
  • 図形が描けない
  • 表全体を揃える機能がない
また、他のオンラインオフィスアプリとの違いですが
  • 差し込み印刷が使える
  • 透かしがある(透かしはA4で500*720くらいで今回上げたものと同様になる)
機能の多くが制限されてはいるものの、まったく不自由かというとそうでもなく、工夫次第ではそれなりのものができます。

次回は、マイクロソフトでいうExcel、すなわち表計算です。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

Zohoはさまざまなログイン手段があるのもいいですね↓