ラベル スマホ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル スマホ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年9月14日木曜日

ついにホームボタンを廃止!iPhoneX

すでに多くのメディアに取り上げられているように、iPhoneの新製品発表会が行われました。

GIGAZINEより「新型「iPhone 8」登場、ガラスデザインに進化した新しいiPhoneはこんな感じ」「「Apple Watch Series 3」が登場、セルラー対応でiPhoneなしの単体でもより便利に進化」「新型のプレミアムiPhone「iPhone X」発表

iPhone8においては、ワイヤレス充電Qi「チー」に対応となったのとデュアルレンズカメラになった以外は性能アップが主なところです。

それよりもやはり「iPhone X(テン)」がやはり気になるところでしょうか。


多くの点で変更がありますが、やはり「ホームボタン」の廃止が一番目立つところです。これにより、操作の変更が起こっています。

GIGAZINEより「「iPhone X」の新機能がよくわかるApple公式日本語字幕付ムービー公開中
ITmediaより「「iPhone X」はホームボタン廃止 どう操作すればいい?
  • 前ホームボタン1回→ホーム画面呼び出し:画面下から上へフリック(旧:コントロールセンターの呼び出し方法)
  • 前ホームボタン2回→アプリの履歴:画面下から上へスワイプ(指を保持)
  • 前ホームボタン押しっぱなし→Siri:サイドボタン長押し
  • 前ホームボタン触る→指紋認証【TouchID】:顔認証【FaceID】
  • 前画面下から上へフリック→コントロールセンター呼び出し:画面右上から中央へフリック
  • 前画面上から下へフリック→通知呼び出し:画面左上から中央へフリック
一方で、初の有機ELやQi対応などとなっていますが、すでに有機ELやQiはAndroidでは取り入れている機種が存在しています。有機ELはサムスンやASUS、ZTEで取り入れられていて、Qiはドコモではサムスン、シャープ、富士通、京セラ、パナソニックで取り入れられています。

さて、もちろんiPhoneを愛している方は購入するでしょうが、一般の方がこれを好むかは判断が難しいところです。10万円を超えていること、ホームボタンが廃止されたことの影響がどこまであるか気になるところです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

ついに登場しましたね!↓

2017年9月9日土曜日

電話にmineoという選択肢

格安SIMが登場して、2台目のスマホの利用やドコモなどのキャリア自体を嫌って移る人が増えていますが、ほとんどの場合は通信料を下げるための目的がほとんどで、電話という選択肢はあまりないと思います。

しかし、今回mineo(マイネオ)で始まったキャンペーンは、電話でも使える可能性を秘めています。

mineo「大・大盤振る舞い12カ月900円割引キャンペーン

なんと1年間毎月900円を割り引く、つまり10800円も得するというキャンペーンです。

au回線で500MBの場合、1310円が410円。ドコモ回線では1400円が500円になります。

これの魅力的なところは電話も使えるところです。通話定額はオプションになりますが、通常LINEなどでコミュニケーションをし電話はあまりしない方は非常に魅力的なキャンペーンと言えます。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

これはすごいキャンペーンです!↓

2017年9月2日土曜日

2017スマホのメモリ食いアプリはなんと!

関連:2016年版「スマホのメモリ食いのアプリはFacebookとSnapchat!

昨年公表されたAndroidスマホに良くないアプリには、SNS関連が並んでいました。それから半年経ち、再びアバスト社が調査をしたようです。

マイナビニュースより「スマホのリソースを消費するAndroidアプリランキング、第1位は?
窓の杜より「AVAST、リソース消費の多いAndroidアプリを発表 ~Google製アプリが多くランクイン

前回はSNSが多くランクインしましたが、今回はグーグル謹製アプリとサムスン製アプリが多くライクインしています。そして、見逃せないものもあります。

ひとまずSNSがランキングから下がったのは評価すべきです。ただ、相対的に下がった影響でグーグルが目立ってしまったというのはある意味仕方が無いといえます。

グーグルのアプリは無効にできますので、必要のないアプリは「アプリの管理」から無効にしておきましょう。
  • Google Talkback(視覚障害者向け読み上げ)
  • Google Play Music(音楽再生)
  • Google Play NewsStand(ニュース)
  • Google+(SNS)
  • Googleハングアウト(SNS・メッセージング)
  • Googleドキュメント(オフィス)
また、Galaxyをお使いの方はサムスンアプリが幅を利かせているようです。これらも必要ないならアンインストールか無効にしてしまいましょう。

さて、もう一つ見逃せないのが、いわゆるスマホ最適化アプリです。
  • Clean Master
  • DU Battery Saver
これらは有名なアプリですが、意味が無いとまでは言いませんが、あまり期待して入れる必要はないと思います。2年前くらいまでのスマホなら価値はありましたが、Android5.0以降かミドルスペック以上ならそこまでの必要はないでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

スマホを買ったらすぐにアンインストールと無効をすること!↓

2017年8月22日火曜日

iOS11 vs Android8.0

この秋、スマホでは大きなアップデートが行われます。新しい機種とともにおそらく登場することになるでしょう。

iOS11
iPhone8の登場とともに登場予定のAppleのOSとなります。


iPhone Maniaより「iPhone8
予約ゲットコムより「iPhone8 デザインとスペックまとめ【公式発表あるまで噂や流出画像を収集】

iPhone8は、初の有機EL搭載などの話題がありますが、今回はiOS11について触れたいと思います。

ファミ通Appより「どうなるiPhone?発表されたiOS 11の新機能まとめ!App Storeも大幅リニューアル

Siriの男性ボイス追加、カメラフォーマットの変更、下からフリックして出す「コントロールセンター」の変更、マップの変更、ARの強化などになります。

Android8.0
Androidは数字のバージョンの他にお菓子の名前が付くというのが通例となっています。今回は「O」なので、それが付くお菓子ということで「Oreo」(オレオ)となりました。
(山崎パンとの提携が無くなりましたので、ナビスコからの発売となっています。)


ITmediaより「「Android 8.0 Oreo」リリース 新機能をおさらい
アンドロイドラバーより「Android 8.0 アンドロイドO(Oreo)の新機能・変更点・不具合まとめ。

アプリを小窓化して表示するピクチャインピクチャ、システム設定のUI変更、通知の変更、電池消耗の改善、フォームの自動入力オートフィル機能などになります。


ピクチャインピクチャは面白い機能です。Youtubeアプリでは右下に動画を置きながら動画検索ができるようになっていましたが、それがどのアプリ上でも再生し続けることができるようになりました。これは使い勝手がかなりいいと思います。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

やっぱりアンドロイドのほうがおもしろい!↓

2017年8月18日金曜日

ASUSの新しいスマートフォン!

中国のファーウェイに後塵を拝しているASUSですが、安定感のあるスマートフォンZenFoneシリーズは多くのファンがいます。

そのZenFoneに新シリーズバージョン4が登場しました。


すべての機種は、CPUチップセットにSnapDragonを採用。フロントあるいはアウトカメラにデュアルレンズを採用と自撮りアプリが増えていることを意識したものが多いです。

性能もミドルからハイクラスが多く採用されています。

ZenFone4シリーズ
- 4Pro 4 4SelfiePro 4Selfie 4MaxPro
価格 $599 $399 $379 $279 $-
CPU 835 660 625 430 425
メモリ 6GB 6GB 4/3GB 4GB 3GB
保存 128GB 64GB 64GB 64GB 32GB
サイズ 5.5in 5.5in 5.5in 5.5in 5.5in
タイプ 有機EL 液晶 有機EL 液晶 液晶
解像度 フルHD フルHD フルHD 不明 HD
Wi-Fi 11ad 11ad 11n 11n 11n
OS 7.1 7.0 7.0 7.0 7.0
電池 3300 3300 3000 3000 5000

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

4Proが意外と安めかもしれません!↓

2017年7月31日月曜日

大きいスマホは持ちたくない人に!

スマホ(iPhone)が出た当時は4インチ程度の小さいものでしたが、徐々に大きくなり、いまでは6インチに迫るものが普通になってきました。手の大きい人はいいかもしれませんが、手の小さい人や小さいものが好きな人にとっては、好ましい状況ではありません。

そういう事情を察してか、小さいスマホを追い求める人に人気の機種があるようです。

gooのスマホより「g06+

2016年に前バージョンの「g06」が発売されましたが、一部をパワーアップして帰ってきたようです。

gooのスマホより

CPUこそ1.1GHzと低速気味ですが、SNS用途や子供用に持たせるのにちょうどいいものになっています。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

2台目や予備としていいかも!↓


2017年7月6日木曜日

ついに手軽にLINEスタンプが!

LINEは日常のコミュニケーションツールとして非常に役立っていますが、それ補完する要素として、スタンプがあります。スタンプは無料のものもありますが、有料のスタンプでより豊かな表現をすることが可能です。

数年前から、個人でもPC上から有料スタンプの登録をすることが可能になり、一稼ぎする人も出てきています。

しかし、パソコンよりもいまはスマホを持つ人が増え、スマホから登録する人も出てきているのですが、いままではちょっと工夫する必要があり、躊躇している人もいたかもしれません。

そんな中、ついにLINEから公式でスマホで作成ツールが出てきました。

LINE Creators Studio

かなりユーザーの評価が低いので、これからのアップデートに期待ですが、ようやく公式から出てきたということで、さらにスタンプの世界が広がりそうです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

腕に自信がある人はぜひ!↓

2017年6月30日金曜日

あのファーウェイが日本に注目!

人気のスマホHuawei P9/P10を発売している中国・華為技術=ファーウェイがついに日本に工場を建てるという報道がありました。

日本経済新聞より「華為が日本に通信機器大型工場 中国勢で初、技術吸収
レコードチャイナより「「中国・華為が日本に工場、技術と人材吸収」の報道に中国ネットが反応=「正しい戦略」「愛国青年はどうなる?」
中央日報(韓国経済新聞)より「「メード・イン・ジャパン」時代開く中国…ファーウェイが日本に生産工場建設へ

ところが、実態は工場ではなく、研究所のようです。

ビジネスインサイダーより「ファーウェイが千葉に作るのは「工場」ではない —— 新設するのは特殊な研究施設だ

とはいえ、中国の人件費が高騰し、中国との差が薄まったという衝撃的な報道がされています。実際、以前も紹介しているように、いくつかのメーカーが日本に進出しており、グローバル企業として日本に進出していくことが増えていくでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

これはビッグニュースですが、ちょっと寂しいですね!↓

2017年6月20日火曜日

いまやIT企業は中国だ

スマホのメーカーのシェアがすごいことになっています。少し前ならば、ソニーやシャープも顔を出していましたが、もはや見る影もありません。代わりに大躍進しているのが中国メーカーです。

たびたび、このブログでも「スマートフォンの主役が中国へ!」「中国メーカーの進撃!スマホを巡る戦い」を取り上げていましたが、ついにランキングを占めるまでになりました。

BUZZAP!より「ついにソニーすら圏外、スマホ世界シェアトップ10のうち7社が中国メーカーに

サムスンとアップルは1位、2位と動かずですが、下位のランキングはすごいもので、ファーウェイ・オッポ・ヴィボ・ZTE・レノボ・シャオミ・TCL・メイズ・Gionee・クールパッドと、日本で発売していないメーカーも出てくるほどになっていて、日本では人気のASUSやHTCといった台湾メーカーは数年前までランキング常連でしたが、もはやトップ10に入っていない現状です。前回もメーカーをご紹介しましたが、改めて下記に書いていきたいと思います。
↓へのアクセスもよろしくお願いします!

知らないメーカーが一気に増えています!↓

2017年5月19日金曜日

MVNOで日本産のスマホが救われる!?

ITproより「苦境の国内スマホメーカー キャリア依存からの脱却

携帯電話がガラケー一色だった時代、大手メーカーだけでなく、様々なメーカーから携帯電話が発売されていました。いまはもう撤退したメーカーで言えば、パナソニック、NEC、カシオ、三菱電機、三洋電機、パイオニア、ケンウッド、東芝、日立などたくさんありました。

現在、スマートフォンで供給しているメーカーは、ソニー、シャープ、富士通、京セラのみとなっています。

これらのメーカーはかなり健闘していて、サムスンやHTC、LGなどの強豪と渡り合っていますが、SIMフリー端末が登場して以降はエイスース、ファーウェイ、ZTEなどさらに多くの中国、台湾製のメーカーが登場し、しのぎを削っていて、今後ますます難しい戦いが強いられます。

しかし、いままで販路が決まっていたところから、様々に展開できることから、飛躍が期待されます。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

独自のアプリをなくしてもらえればいいのですが!↓