ラベル ワードアート・図形 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ワードアート・図形 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年10月21日金曜日

Officeを使えばフローチャートはそれなりに作れます #日経トレンディ

日経トレンディネットより「フローチャートを簡単に作るならワードやパワポは使うな

ネットには紹介記事やHowTo記事のような便利なものがありますが、時折ちょっと違うのでは?というのが見受けられます。個人ならまだいいのですが、ちゃんとしたところから発信されているのが間違えたりすると、ちょっと困りものです。

フローチャートという図を作るときに、確かにOfficeではやりづらい面があるのは確かで、そこで紹介されている「draw.io」や「OmniGraffle」のような専用のアプリを使うほうがいいとは思います。特に大規模な設計をする分にはそうでしょう。しかし、簡単なものであれば、Officeでも十分に使えますし、そもそも記事中に誤った記述があります。
1.「MS Office」のWordやPowerPointでは「図の挿入」機能を利用するわけだが、これが意外に使いづらい。角丸の四角形を作ろうとすると、「挿入」「図形」「角丸四角形」と選んだ上で四角形を書かねばならず、それだけでも手間がかかるのだ。
確かに、図形を作る場合、WordやExcelでは【ホーム】タブに【図形描画】はありませんが、PowerPointでは【ホーム】タブに【図形描画】があります。さらに言えば、やりづらければ、リボンの編集をすれば挿入可能です。



2.位置の悪い図同士を接続する場合でも、接続線が自動で折れ曲がってくれるのだ。MS Officeでは、この折れ線すら作れないため、直線をつなげて作ることになる上、図を動かすと接続線も配置し直すことになるのが不便だ。
自動的に折り曲げる直線を作ることはできませんが、最初からかぎ型コネクタを使えば折り曲げた線を作ることが可能ですし、直線からかぎ型コネクタに変換することができます。

また、ExcelやPowerPointでは、図形どうしをつなぐのが簡単で、直線などを選ぶと図形の周りに、接続位置を決めることができる点が現れるので、そこに合わせれば、簡単に接続ができます。(Wordではできません)

ただ、書かれているように線の上に直接文字を書くことはできません。テキストボックスを別途使用するその手間はありますが、図形に文字を書くことはすぐにできますし、位置も自由に配置できますので、そこまで不利とは思えません。但し、Wordでは非常にやりずらいので、ExcelかPowerPointを使うといいでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

意外と使えると思うんですけどね!↓

2014年11月15日土曜日

ワードアート・図形レベルアップ! 第7回

ワードやエクセルには、昔からワードアートや図形(旧オートシェイプ)という機能があります。
それをもう少しうまく使ってみようというコーナーの第7回です。

久々ですが、街の広告でおもしろいのを見つけたので、図形で作ってみました。


よくこういうのが有ります。リボン型ですね。これを図形で表現するときにはどうしたらよいでしょうか。ワードやエクセルの図形には「リボン型」はありますが、上のようなものではありません。


この場合は、長方形と三角形を利用します。上の図の通りなのですが、背景色と同様のものを使うだけです。また、角丸四角形を利用すれば、よりリボンぽくなります。


三角形の数を増やし、適当に大きさを変え並べるだけで、「ギザギザに切り取った」感を演出することも可能です。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

イラストレーターには負けますが、簡単なものなら十分!↓

2013年6月25日火曜日

ワードアート・図形レベルアップ! 第6回

ワードやエクセルには、昔からワードアートや図形(旧オートシェイプ)という機能があります。
それをもう少しうまく使ってみようというコーナーの第6回です。

久々なので、基本に立ち返ってワードアートと図形だけで作ってみましょう。
単純にこのままの場合、なんとも寂しいですね。よく広告で使われるパターンは、背景にちょっと工夫を施すというものです。
背景に角丸四角形を入れてみました。この四角形に塗りつぶしを行います。ただ、塗りつぶすのではなく、グラデーションをつけてみましょう。
一気に雰囲気が変わりましたね。
三角形をこのように配置すると、枠で挟み込んだように見えますよね。
これは、なにかを指しているような場合に使います。
どれも簡単な図形ですが、ちょっとした工夫で雰囲気を変えることができるのです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

イラストレーターには負けますが、簡単なものなら十分!↓

2013年5月24日金曜日

ワードアート・図形レベルアップ! 第5回

ワードやエクセルには、昔からワードアートや図形(旧オートシェイプ)という機能があります。
それをもう少しうまく使ってみようというコーナーの第5回です。

OfficeXPあたりからだと思うのですが、画像に対して透明化という機能があります。
しかしながら、あまりうまく使っている方を見たことがありません。
これを使うと、表現の幅を広げることができますので、使えるといいですよ。

例えば、このように使った場合、赤に青を重ねると、非常に見づらく可視性もあまりよくありません。


この時に使いたいのが、透明化です。何を透明化するかというと、新しく白色の枠を入れますが、その白色の枠を透明化させます。まず、このように文字の下に白色の枠を入れます。


その白色を透明化させます。どのくらいさせるかは具合を見ながら行いましょう。


30%透明化するとこのようになります。


白枠を上下に分けて、透過性の割合を変化させるとこんなこともできます。


影も付けると立体的になり、だいぶ雰囲気が変わりますよね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

イラストレーターには負けますが、簡単なものなら十分!↓

2013年5月10日金曜日

ワードアート・図形レベルアップ! 第4回

ワードやエクセルには、昔からワードアートや図形(旧オートシェイプ)という機能があります。
それをもう少しうまく使ってみようというコーナーの第4回です。

ワードアートができるようになると、つい使いたくなるワードアートの代表といえばこれ。
word2010からはこの形状は使用できなくなりましたが、とりあえずなんらかの簡単な広告を作りたいと思った時に、つい使いたくなってしまうのがこれです。

しかし、街中の広告をよく見てみればわかりますが、こんな色使いをする広告はありません。

フォントで見かけるので多いのが「MSゴシック」なのですが、せめて「HGポップ体」を使えばまだマシです。
でも、折角なのでもうちょっと活かしたやり方を考えてみましょう。
文字で使うのが問題なので背景に使ってみましょう。
「■(しかく)」のみ入力して影を消すと虹色の背景を作り出すことができます。
そこに白色のワードアートを作り上に重ねます。この時、「Ctrl」を押しながら「矢印キー」で位置の微調整ができます。
このままでも構いませんが、第1回のように、影を付けたり背景を透明化するとこのようになります。
某カメラ屋さんのように見えませんか?
ちなみに、■を斜体にするとよりかっこよくなります。
↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

イラストレーターには負けますが、簡単なものなら十分!↓