ラベル ワードアート・図形 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ワードアート・図形 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013年4月30日火曜日

ワードアート・図形レベルアップ! 第3回

ワードやエクセルには、昔からワードアートや図形(旧オートシェイプ)という機能があります。
それをもう少しうまく使ってみようというコーナーの第3回です。

図形(旧オートシェイプ)は簡単に図形が引ける機能なのですが、
決まった形は簡単なのですが、ちょっとでも違うと難しくなります。

たとえば、こんな図形はどうやれば引けるのでしょうか。
まず、2枚の四角形を書いておきます。右側に当たる四角形は幅を大きくしておきます。
平行四辺形の図形を新しく書きそれを重ねます。わかりやすくする為に黒い枠線を引いています。
これを応用すると、某コンビニのようにすることもできます。
これは、台形ではなく円形を引きます。この下にあたる部分は、白色塗りつぶしの四角形を書いて隠しています。
枠線消すと某コンビニのように見えませんか?

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

イラストレーターには負けますが、簡単なものなら十分!↓

2013年4月22日月曜日

ワードアート・図形レベルアップ! 第2回

ワードやエクセルには、昔からワードアートや図形(旧オートシェイプ)という機能があります。
それをもう少しうまく使ってみようというコーナーの第2回です。

ワードアートや図形には「影」という機能があります。
手軽にできる機能ですが、応用にかける部分があります。
もう少し応用を効かせてみましょう。
同じように見えますが、2枚の図形を重ねています。ここで、グラデーションで右下方向をかけてみましょう。

ちょっと印象が変わりましたね。

また、このような影があります。
これも2枚の図形を重ねて、影にあたる部分をグラデーションをかけるとこのようになります。
ぼやっとした影をつけることができました。これをワードアートに応用することも可能です。
白色部分を透明化すると光の加減を調整することができます。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

イラストレーターには負けますが、簡単なものなら十分!↓

2013年4月16日火曜日

ワードアート・図形レベルアップ! 第1回

ワードやエクセルには、昔からワードアートや図形(旧オートシェイプ)という機能があります。

簡単に彩がある文字や図形を描くのには便利な機能ではあるのですが、ちょっと使いずらいというか、要は”ダサイ”ですよね。

オフィス2010になって、今度は操作が難しくなった代わりにデザインは良くなったものの、それでも一般的なデザインではないというジレンマを抱えました。

そこで、よく見かけるデザインを用いて、自分流のデザインを作ってみましょう。

今回はフチ取りです。

このようなフチ取りをするにはどうしたらいいのでしょうか。

まず、ワードアートで単色塗りつぶしをします。(わかりやすくするために背景を黒にしています。)


同じものをコピーでつくり、塗りつぶしを白、線の太さを10pt以上にして白にします。


そして、同じ位置に持って行って、図形の順序を入れ替えます。


3色を使えば、このようにだいぶ似せることができましたね。


ただのツマラナイ字体が結構かっこよくなりました!また、フォントを変えたり、文字幅(カーニング)を変更するとより変えることができますよ。


↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

イラストレーターには負けますが、簡単なものなら十分!↓