ラベル Amazon の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Amazon の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年1月19日木曜日

次世代の製品の覇者はGoogleでもAppleでもなくAmazon

CESという世界最大のIT・家電見本市がアメリカで開かれました。
(CES=Consumer Technology Association= 全米民生(一般消費者)技術協会)

毎年恒例であり、直近では、テレビ、スマホ、VR機器などが展示されていました。

今年ですが、昨年から急激に盛り上がった音声アシスタント機能やAI関連に注目が集まったようです。さて、この分野だと思いつくのが、アップルのSiriやグーグルのGoogle Now、マイクロソフトのコルタナあたりかと思いますが、今回席巻したのはアマゾンのAlexa(アレクサ)でした。


Alexaとはアマゾンが開発した人工知能ブログラムで、アメリカではすでにAmazon Echoという製品で売り出されています。

SCRUM VENTURESより「「IoTコマース」時代到来。700ものAmazon Alexa搭載製品が登場した今年のCES。
GIGAZINEより「Amazonの音声認識「Alexa」は世界のIoTを席巻し「スマートフォンの次」のプラットフォームの覇者となりつつある
ITmediaより「スタートアップ企業の革新的な製品がずらり――「Amazon Launchpad」オープン

家電などに取り入れた音声認識システムはいくつかあったものの、そのほとんどがAlexaを用いたというのですから驚きです。そのわけは、アマゾンはAlexaの技術を一般に開放したためで、そのことにより一気に使い勝手がよくなり勢力が拡大しました。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

要注目です!↓

2016年11月8日火曜日

すごすぎる!アマゾン!

アマゾンの登場以来、ネットショッピングの絶対王者として君臨してきました。アマゾンで買い物をしたことが無いという人はかなり少ないのではないでしょうか。

アマゾンのずっと右肩上がりの売り上げを続けていて、ネットショッピングだけではなく、AWS(アマゾンウェブサービス)と呼ばれる法人向けクラウドサービスが好調で、留まることを知りません。

ガベージニュースより「アマゾンドットコムの売上推移などをグラフ化してみる

そんなアマゾンの現状を動画で紹介しています。

GIGAZINEより「ロボット化が進む最新のAmazonの出荷倉庫「フルフィルメントセンター」で商品が出荷される様子


荷物の多くはロボットで管理されていて、梱包するときの手作業の時も梱包材の紙の数やシールの長さまで管理されています。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

利益の多くを設備投資に回しているのがいいです!↓

2016年10月13日木曜日

アマゾンが実店舗設置へ?

ウォールストリートジャーナルより「米アマゾンがコンビニ展開計画、食品販売拡充へ
CNETジャパンより「アマゾン、次なる事業はコンビニか

日本ではコンビニが数万店に上り、ちょっと歩けばコンビニという状態ですが、アメリカでは実店舗の設置に向けて、アマゾンが動いているかもという話が出ています。

ただ、コンビニあるいは食品スーパーは競合他社が非常に多く、実店舗を置くメリットが多くないのでは?と考えられますが、アマゾンの商品が受け取れるというのがありますし、倉庫代わりとしても使えますので、そういうところを考えているのかもしれません。

とはいえ、さすがに日本では難しいとは思います。それよりも、いろんなコンビニと提携していることから、そういう用途で引き続き利用される可能性が高いと思われます。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

アマゾンどこまでやるの!↓

2016年9月11日日曜日

アマゾンの新サービスに注目!でも、日本はまだ

JBpressより「アマゾン、レストラン料理の配達事業を英国に拡大

本屋の宅配から始まったアマゾンがいまや百貨店をはるかに超える規模のショッピングサイトになりましたが、なんと海外では料理の配達までも行っているようです。

アメリカに続いてイギリスでも始まったのは「Amazon Restaurants」というサービスです。アマゾンプライムの有料サービスの一環ですが、なんと1時間以内の配達を目標として、さらに配送料が無料という、またもや価格破壊のサービスとなっています。

日本もプライムの有力な市場であることは間違いなく、いずれは上陸するかもしれません。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

恐るべきサービスが始まっています!↓



2016年8月4日木曜日

本の読み放題!「Amazon Kindle Unlimited」発進!

近頃の見るもの、聞くものはもはや定額制が当たり前となり、一つ一つのものを買うなんていう行為が霞んでいっていますが、ついに本もその時代に突入しました。

先駆けとなったのは、ドコモのdマガジン(月額400円)で、雑誌が読み放題というサービスです。初期はスマホだけでしたが、パソコンでも読めるようになりました。

そして、あのアマゾンから登場したのが、「Amazon Kindle Unlimited」(アマゾンキンドルアンリミテッド)です。

Amazon Kindle Unlimited

月額980円で雑誌だけでなく、和書・洋書も読み放題となっています。但し、全てではなく、ある程度制限はあります。また、読み放題にできる本は本棚のようにストックができるのですが、ストックできる本は10冊までとなっていて、11冊目を入れる場合はストックされている本を一旦出す必要があります。つまり、手元に置きたい本が多いと、ストックできる本の数が実質減るので注意です。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

本が好きな人はうってつけかな!?↓

2016年7月31日日曜日

アマゾンの驚異的な売上

ガベージニュースより「アマゾンドットコムの売上推移などをグラフ化してみる

毎年のように、売上額が更新しているのがアマゾンです。その驚異的な伸びはいまだとどまることを知りません。

それとともに、これだけの売上を保ちながら、利益率は数%に留めているというのもすごい話で、利益の多くを新サービスのための投資をしていることも想像されます。ただ、一方では従業員の扱い方に問題があるという話も散見されています。

アマゾンはとても便利で多彩なサービスが行われていますが、この勢いはどこまで続くのでしょうか。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

アマゾンは便利ですが、一時期に比べると安さという点では難しくなりました!↓

2016年6月11日土曜日

アマゾンの音声認識技術が成長中!

音声アシスタントと言えば、iPhone等に搭載されているAppleのSiriやWindows10から使えるようになったCortana(コルタナさん)が思い浮かびますが、新たな刺客として、アマゾンのecho(エコー)に注目です。


JBpressより「アマゾンの音声アシスタント、着々とサービス拡大中

まだ日本では利用できませんが、呼びかけることにより様々なサービスを受けることができます。それは、アマゾンに限らず、ニュースや天気といった情報やアラームや音楽を聴くといったほかにも、ピザの宅配やUberを使ったタクシーの手配、銀行口座の確認などができるようです。

なお、とりあえず試してみたい!という方は、Echosim.ioというサイトでアマゾンアカウントでログインすれば、試すことができます。もちろん、英語となりますが、どういうのかは体験できるかと思います。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

次々とでてくるパーソナルアシスタント!↓

2016年4月26日火曜日

アマゾンで有料会員のみの販売が!?

アマゾンの有料会員サービスであるプライムでは過去に様々なことをやってきました。

Amazonプライムのさらなるサービス!

しかし、おそらくやりかねないであろうサービスで批判が巻き起こっています。

GIGAZINEより「Amazonが一部の人気商品をプライム会員限定で販売し始めたものの大バッシングで撤回

あるゲームの商品をプライム限定にしたところ批判が殺到しました。しかし、撤回するわけでもなく、時間によって、限定を解除したりしているようです。

ただ、このように囲い込み戦略は予期していたものであり、1つの企業が独占的なサービスを始める可能性は示唆されていました。

今後、拡大していくのかはわかりませんが、独占販売を許すべきかは考えしどころです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

ビデオでも既に独占販売していますからね!↓

2016年4月16日土曜日

備えたい一冊。「東京防災」

さらに被害が拡大している九州地方の地震ですが、決して他人事ではありません。

5年前の東日本大震災や2年前の大豪雪では、交通のマヒや大規模停電など、首都機能が混乱する事態となっていたことを忘れることはできません。

さて、常に災害と隣り合わせの日本ですが、少しでも被害を防ぐために東京都が出版したのが「東京防災」です。

JCASTニュースより「熊本地震で「東京防災」電子書籍がバカ売れ 「今回の地震に役立つ情報あります」と呼びかけも


東京防災 ibooks版

この東京防災は昨年の9月に出版されたものですが、「東京」とは付いているものの、中身は防災知識を高めるうえで、非常に簡潔に、かつ、的確に書かれていることから瞬時に売り切れになってしまったものです。
その後、電子書籍でも出版されましたが、300ページという数に対して、公共性に即したものということで、なんと価格0円という、非常に価値のあるものとなっています。

単行本も140円と、とてもリーズナブルな価格になっていますが、Amazonの中古では数百円の価格が付いているようです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

早期の復旧がなされるといいですね!↓

2016年1月21日木曜日

Amazonプライムのさらなるサービス!

Amazonの有料サービスであるアマゾンプライムで、さらなるサービスがスタートします。
ちなみに、すでに、これだけのサービスが行われています。
そして、今回は写真のバックアップに最適なサービス、プライムフォトです。

Amazonプライムフォト

なんと、容量無制限。写真であるということ以外の制限なし。という驚異的なサービスです。

過去には、OneDriveやGoogleDrive(Googleフォト)で似たようなことをしていましすが、OneDriveは容量の制限が、Googleフォトは写真のサイズに制限がありましたが、それがないというのはかなりすごいサービスになっています。

果たして、今後うまくいくのか気になります。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

制限無しでいつまでできるのでしょうか!↓

2015年12月26日土曜日

時代の流れ?法事・法要にAmazonは是か非か

ITmediaより「僧侶の手配をAmazonで頼める「お坊さん便」 定額料金で読経・法話
ITmediaより「全日本仏教会がAmazon「お坊さん便」に苦言 「お布施はサービスの対価ではない」と“商品化”批判

イオン系列が法事サービスを打ち出したことは記憶に新しいところですが、いよいよAmazonにもお坊さんが頼める時代が来たということで話題になりましたが、Amazonレビューにも賛否があるように、ネットでも意見が分かれています。

とはいえ、「お布施はお気持ちだから」という価値が付けられないものに対して、破格の要求ともいえる金額が提示されることも事実であり、なおかつ、宗教法人は無税ということも滑車にかけて、その料金に批判があることも事実です。

背景には、家族制度や地域コミュニティとかの話ともつながるため、大変難しい話ではありますが、「一種のイベント」として捉えるか「家族の弔い」として捉えるかということでその金額の是非が決まるのではないでしょうか。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

難しいですが、流石に高級車を乗り回すのはどうかと思います!↓