ラベル Amazon の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Amazon の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年6月11日土曜日

アマゾンの音声認識技術が成長中!

音声アシスタントと言えば、iPhone等に搭載されているAppleのSiriやWindows10から使えるようになったCortana(コルタナさん)が思い浮かびますが、新たな刺客として、アマゾンのecho(エコー)に注目です。


JBpressより「アマゾンの音声アシスタント、着々とサービス拡大中

まだ日本では利用できませんが、呼びかけることにより様々なサービスを受けることができます。それは、アマゾンに限らず、ニュースや天気といった情報やアラームや音楽を聴くといったほかにも、ピザの宅配やUberを使ったタクシーの手配、銀行口座の確認などができるようです。

なお、とりあえず試してみたい!という方は、Echosim.ioというサイトでアマゾンアカウントでログインすれば、試すことができます。もちろん、英語となりますが、どういうのかは体験できるかと思います。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

次々とでてくるパーソナルアシスタント!↓

2016年4月26日火曜日

アマゾンで有料会員のみの販売が!?

アマゾンの有料会員サービスであるプライムでは過去に様々なことをやってきました。

Amazonプライムのさらなるサービス!

しかし、おそらくやりかねないであろうサービスで批判が巻き起こっています。

GIGAZINEより「Amazonが一部の人気商品をプライム会員限定で販売し始めたものの大バッシングで撤回

あるゲームの商品をプライム限定にしたところ批判が殺到しました。しかし、撤回するわけでもなく、時間によって、限定を解除したりしているようです。

ただ、このように囲い込み戦略は予期していたものであり、1つの企業が独占的なサービスを始める可能性は示唆されていました。

今後、拡大していくのかはわかりませんが、独占販売を許すべきかは考えしどころです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

ビデオでも既に独占販売していますからね!↓

2016年4月16日土曜日

備えたい一冊。「東京防災」

さらに被害が拡大している九州地方の地震ですが、決して他人事ではありません。

5年前の東日本大震災や2年前の大豪雪では、交通のマヒや大規模停電など、首都機能が混乱する事態となっていたことを忘れることはできません。

さて、常に災害と隣り合わせの日本ですが、少しでも被害を防ぐために東京都が出版したのが「東京防災」です。

JCASTニュースより「熊本地震で「東京防災」電子書籍がバカ売れ 「今回の地震に役立つ情報あります」と呼びかけも


東京防災 ibooks版

この東京防災は昨年の9月に出版されたものですが、「東京」とは付いているものの、中身は防災知識を高めるうえで、非常に簡潔に、かつ、的確に書かれていることから瞬時に売り切れになってしまったものです。
その後、電子書籍でも出版されましたが、300ページという数に対して、公共性に即したものということで、なんと価格0円という、非常に価値のあるものとなっています。

単行本も140円と、とてもリーズナブルな価格になっていますが、Amazonの中古では数百円の価格が付いているようです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

早期の復旧がなされるといいですね!↓

2016年1月21日木曜日

Amazonプライムのさらなるサービス!

Amazonの有料サービスであるアマゾンプライムで、さらなるサービスがスタートします。
ちなみに、すでに、これだけのサービスが行われています。
そして、今回は写真のバックアップに最適なサービス、プライムフォトです。

Amazonプライムフォト

なんと、容量無制限。写真であるということ以外の制限なし。という驚異的なサービスです。

過去には、OneDriveやGoogleDrive(Googleフォト)で似たようなことをしていましすが、OneDriveは容量の制限が、Googleフォトは写真のサイズに制限がありましたが、それがないというのはかなりすごいサービスになっています。

果たして、今後うまくいくのか気になります。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

制限無しでいつまでできるのでしょうか!↓

2015年12月26日土曜日

時代の流れ?法事・法要にAmazonは是か非か

ITmediaより「僧侶の手配をAmazonで頼める「お坊さん便」 定額料金で読経・法話
ITmediaより「全日本仏教会がAmazon「お坊さん便」に苦言 「お布施はサービスの対価ではない」と“商品化”批判

イオン系列が法事サービスを打ち出したことは記憶に新しいところですが、いよいよAmazonにもお坊さんが頼める時代が来たということで話題になりましたが、Amazonレビューにも賛否があるように、ネットでも意見が分かれています。

とはいえ、「お布施はお気持ちだから」という価値が付けられないものに対して、破格の要求ともいえる金額が提示されることも事実であり、なおかつ、宗教法人は無税ということも滑車にかけて、その料金に批判があることも事実です。

背景には、家族制度や地域コミュニティとかの話ともつながるため、大変難しい話ではありますが、「一種のイベント」として捉えるか「家族の弔い」として捉えるかということでその金額の是非が決まるのではないでしょうか。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

難しいですが、流石に高級車を乗り回すのはどうかと思います!↓

2015年11月19日木曜日

Amazonのさらなる攻勢!

今年に入り、動画や音楽の定額制が一気に広がった1年ですが、Amazonが年末にきてさらなる攻勢に打ってきました。

その前に、振り返ってみましょう。

月額定額制動画サイトNetflixの上陸により様々な動画配信サービスが登場しました。
月額定額制の動画配信サービスの仁義なき戦い!
このとき、Amazonは有料サービスのAmazonプライムで追加料金なしに動画が見られるようになりました。

そして、今回、primeミュージックがスタートとなりました。

Amazon Prime Music

日経トレンディネットより「プライム会員なら追加料金不要、アマゾンが定額音楽配信「プライムミュージック」を開始
窓の杜より「Amazonプライム会員向け音楽サービス“Prime Music”対応のプレイヤー「Amazon Music」

またもや追加料金不要ということで、Amazonプライムのお急ぎ便のついでなのか、動画や音楽の定額制のついででAmazonのサービスを利用するのか、どちらにしてもお得なサービスとなりました。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

アマゾンはどこまで広がっていくのでしょうか!↓

2015年8月28日金曜日

あのアマゾンも定額制に!ネットワーク動画配信ビジネスに殴り込み!

先日、世界最大の動画配信サービスのNetflixについて取り上げました。
独自の番組も配信ということで、先ごろ芥川賞を獲得したお笑いタレント・又吉直樹さんの「火花」を映像化することが決まったというニュースが発表されました。

このように、ますますインターネットを通じた動画配信サービスが増える中、あのアマゾンも参入するようです。

ITmediaより「Amazon、動画見放題「プライム・ビデオ」日本でスタート プライム会員は追加料金なし

Amazon プライム・ビデオ

もともとアマゾンは、動画や音楽のデジタルコンテンツに関しては、レンタルまたは単品売りをしているのですが、会員サービスであるプライム会員になっていれば、自動的に動画見放題になるそうです。

他と決定的に違う点は、プライム会員は「お急ぎ便、お届け日時指定便が使い放題」や「Kindle本からお好きタイトルを毎月1冊無料」という特典があるため、アマゾンのサービスをよく利用している人は、実質無料でサービスを受けられることになります。

しかも、年会費3,900円(税込)は、月300円ちょっとなので月額定額制の中で最安値であるdビデオは月500円(税別)より200円も安いため、驚異的なサービスになります。

オリジナルビデオとかには興味がなく、いままでの動画をよく見たいと思うのであれば、非常に利用価値の高いサービスになりそうです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

アメリカはプライム料金99ドルだそうで、すごく安い!↓

2014年11月7日金曜日

アマゾンがリアル店舗に近づく?

ITmediaより「Amazonの商品、ローソン「Loppi」で注文可能に アカウントやメアドも不要


ローソンの情報端末である「Loppi」でAmazonの商品が購入できるようです。Amazonは多くの方が利用していますが、それでも「ネットショッピングの不安」「個人情報の扱い」「アマゾンでの購入の仕方の不安」など、いまだ利用されていない方がいるのも事実です。

そこで、コンビニに設置してある端末から操作して、実店舗に取り寄せるという形で購入を実現しようという試みになりそうです。特に、購入時には、備え付けの受話器から直接オペレーターと会話して購入するという形を取るようで、画面の操作を出来るだけ抑えるという工夫もされています。

また、ネットで購入したものを自宅で受け取るのが嫌だという人も一定数いますので、コンビニ受け取りというのもありますが、ローソンは、そこの受け取りの仕組みを改善し、スマホなどがあれば、今までの半分以下の時間で済ませるようにして、よりリアル店舗志向にするようです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

ネットの店舗がリアルに近づきつつあります!↓

2014年9月18日木曜日

Amazonでまさかの公式ストアオープン!

Amazonになんと、個人で公式ストアを持つという快挙を達成した人がいます。

松居一代さん。あの、主婦の中では有名な方ではないでしょうか。

松居一代ストア


例えば、こちらはAmazon限定のチタン包丁など数種類の商品が販売されています。

Amazonは世界中に展開していますが、Googleのように、グローバルでありながら、その国にあうようにカスタマイズされているので、このような事が可能なのですね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Amazonは本当におもしろい!↓

2014年4月18日金曜日

出版社の落日:アマゾンへの抵抗

以前、「書籍店の落日」という記事を書きましたが、アマゾンや電子書籍に押されて、書店だけでなく、出版社もかなりの痛手を被っています。

そこで動き出したのが、中小出版社です。

朝日新聞より「Amazonに抗議、「再販契約違反にあたる」中小出版社の複数社が出荷取りやめへ

アマゾンで書籍を購入するとポイントが付くのですが、それが再販制度に反するから出荷をしないということを選んだということです。

当然、アマゾン以外にも、セブンネットショッピングヨドバシドットコムhontoなど様々な書籍販売ネットショップがあります。

なので、そこで購入してもらうといいと踏んだのでしょう。これが、各社追随すれば面白いのですが、アマゾン一強の現状を突き崩すにはあまりにも弱すぎるので、これがどこまで続くのか興味がありますね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

アマゾンを崩すには安さを超える魅力を出さないと難しいですね!↓

2013年11月28日木曜日

Amazonも参入!動画配信の仁義なき戦い

先日、「スマホ端末での映像をめぐる争い」ということで、動画配信サービスについて触れましたが、いよいよAmazonもこの土壌に乗ってきました。

Amazonインスタントビデオ

やはり単体課金で、レンタルまたは買い切りのどちらかになります。

これでだいぶ大手が出揃いました。日本においての単体課金での動画配信サイトは
Yahoo!Japan(GYAO!ストア)DMM.com、前回ご紹介したGooglePlayなど、たくさんありすぎてサービスを選ぶのが難しいですが、PCだけなのかスマホでも見られるのかなどを含めて検討したいところですね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

見たい動画が増えるといいですね!↓