ラベル Cortana の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Cortana の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年12月10日土曜日

Windowsにいろいろと動きが!

Windows10が登場して1年以上経ちましたが、このWindowsはどんどん変化していく(更新していく)ことが特徴となっています。

通常は、1年に1回、あるいは、2回アップデートが予定されているのですが、先行して体験できるInsider Previewという機能があります。いわゆるベータ版なので不具合が起こることもあり、対応できる人のみが行うようにしましょう。

さて、そんな中、あのコルタナさんのパワーアップを図るようです。

マイナビニュースより「Windows 10 Insider Previewを試す(第76回) - 多数の機能改善でCreators Updateの世界が見えてきたOSビルド14986登場

『音声によるPCのシャットダウンやスリープ、ボリューム変更を可能にした。また、好みの音楽再生アプリケーションを使って、アーティストやラジオ局といった音声制御を可能』

なんでいままでできなかったんだろうというものができるようになるようです。

そして、マイクロソフトとしては、どうしても達成したいことがあるようです。

PCwatchより「【速報】Microsoft、2017年に“ARMベース”のフル機能Windows 10を投入」「【詳報】Win32アプリが動く“ARM版Windows 10”はフル機能搭載の完全なるWindows 10

ARMとはスマホに搭載されているCPU(正確にはその設計図)です。通常パソコンにはIntel製あるいはAMD製のCPUで動いているので、スマホではそれとは異なることにより、そのままでは動かないのです。

実はWindows8時代にWindowsRTという見た目がWindows8そっくりのものが出ていたのですが、致命的な欠点がありました。それは、通常のWindowsのソフトが動かないという点です。それがWin32アプリなのですが、これがかなりの制限になってしまい、結局はすぐに消えてしまい、もうあきらめたのかと思われました。

しかし、再度チャレンジするということで、動くことができれば、正真正銘のスマホとして動かすことが可能になり、自由度が飛躍的に上がります。また、省電力高性能ということを活かして、小型ノートパソコンとしても採用されるかもしれません。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

今後の動きが気になります!↓

2016年10月27日木曜日

さらなる高みへ…音声認識が一歩進む

atmarkITより「コンピュータが、初めて会話内の単語を「人間並み」に認識できた

マイクロソフトが音声認識をプロフェッショナルに依頼した会話の文字起こしのエラー率並みまで低減できた音声認識の実現にこぎつけたようです。

当然この技術が、コルタナさんやSkype Translatorの改善につながりますので、真のバーチャルアシスタントになるわけです。

ちなみに、この技術であるCNTK(Computational Network Toolkit)は公開されているので、FPGA開発日記さんより「Microsoftの機械学習ツールキットが公開されたので使ってみる」のように個人でもインストールして使用することが可能ですが、よほど認識が深くないと難しいと思います。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

なんのことやらさっぱりわかりませんがすごいのは確か!↓

2016年8月7日日曜日

あともう一歩!Cortanaさんが大幅パワーアップ!

先日、Windows10の1周年アップデートが配信開始しました(ギリギリにアップグレードされた方は約1か月ほど遅れます)。とりあえず、今すぐアップデートする方法もありますが、そのうちアップデートされますので、焦らずに待ちましょう。

マイナビニュースより「「Redstone 1」アップデート対応版!! すべてが分かるWindows 10大百科
価格.comマガジンより「Windows 10 Anniversary Updateのポイントは?

さて、Windows10の目玉の一つと言えばコルタナさんですね。

登場当初ははっきり言って使えるというレベルに達していませんでしたし、そもそも発音もどうもおかしな感じでした。それから1年。かなり使えるレベルに達してきました。発音もほとんどまともになってきています。

まずはニュースの呼び出しをしてみました。「ニュース」というと、見出しの最初を読み上げてくれます。「スポーツニュース」「芸能ニュース」「ビジネス(経済)ニュース」「テクノロジー(サイエンス)ニュース」などでも呼び出せます。


ファイル検索もできます…が、これはうまくいったほうで、まだ精度は低いです。


期待すべきは、このアプリの実行です。ただ、注意をしなければいけないのは、省略した言い方では他のものが開いてしまうことです。このように、「ワード」では「ワードパット」が開いてしまうため、「マイクロソフトワード」と言わなければいけません。



そして、なんとサードパーティアプリ(マイクロソフト以外のアプリ)も開くことができます。


ちゃんと認識すれば実行させることができるので、うまくやれば音声だけで操作も可能になりそうです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

声がほぼ良くなって使い勝手が良くなってるかも!↓

2016年3月7日月曜日

今日の興味深いニュース-015【iPhoneにコルタナさんが登場!】

Windows10に登場した新機能で期待が大きいのが、コルタナさんです。


文字や音声を用いて質問することで回答してくれるパーソナルアシスタントですが、iPhoneにも登場となりました。

Appstore:Cortana

「Hey,Siri!」のように、「コルタナさん」で応答してくれる…わけではないようで、アプリを起動して文字を打ったり、マイクのボタンを押して反応するようです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

Android版は現在テスト中です!↓


2015年11月14日土曜日

Windows10初の大型アップデートTH2こと「10586」バージョンロールアウト(運用開始)!

Windows10の登場から早3か月。細かいアップデートは行われてきましたが、大幅な機能追加は今回が初となります。すでに配信が開始されており、順次Windows Updateとともに適用されます。

アップデートは仕様変更を伴う関係上数時間の時間を有しますので、寝る前に行うといいでしょう。

さて、今回のアップデートで初期状態から変わった主な機能実装や仕様変更をまとめてみました。
  • Cortana日本語版の実装および手書き機能の追加
  • Microsoft Edgeブラウザの大幅な機能強化(右クリックの仕様変更やタブ上のサムネイル表示、Cortanaとの連携など)
  • Skypeアプリとの統合
  • 配色機能の変更(タイトルバーにも色が付けられる)
  • 起動時間の短縮(高速化)
Cortanaは残念ながら音声がどうも中国語なまりぽい感じな部分は変わりませんが、そのうち変更されるでしょう。そのかわり、だいぶ認識速度が上がっています。


また、Microsoft Edgeブラウザの機能強化も見逃せません。いままでは、右クリックで画像の保存ができないなど、あまりにもお粗末な感じでしたが、標準ブラウザとして使えるレベルになりました。また、Cortanaとの連携がなかなか面白そうです。


なお、今までこのようなアップデートがあった場合、以前はサービスパックという形でインストールしてきました。ただ、新規でOSを入れた場合には過去のものから順に入れていかなければいけないという面倒な作業が必要でしたが、常に最新バージョンが用意されることになりましたので、最新のものをダウンロードしておき、DVDやUSBにインストールしておけばすぐに取り掛かることができます。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

ようやくWindows10本番という感じがします!↓

2015年10月27日火曜日

Windows10のCortana日本語版使ってみた! その2【動作編】

前回は日本語版のコルタナの画像をご紹介しましたが、いよいよ動作している場面をご紹介していきます。

まずは、ご挨拶から

次に天気を聞いてみました
は?(威圧)
ダレデスカアナタ? 最初の声はどこに…もちろん、完成版では治っていることを期待します…

アプリを開くことができます
「ソリティア」で開けませんでした。これも改善されることを願います。他にもメモ帳やタスクスケジューラなど元からあるものは開けるのですが、後からインストールされるものはどうなのかは気になります。

最後に、英語版では答えてくれた「日本の首都」について聞いてみました

ですよね。そうだと思っていました。まだまだ万全とは言えません。

とはいえ、一歩は踏み出せたので、今後のブラッシュアップに期待です。

ちなみに、環境が悪いのか全然反応してくれないことが多く、50回くらい録画のリトライをしています…。疲れました。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

ロゴを消し忘れました!↓

2015年10月20日火曜日

Windows10のCortana日本語版使ってみた! その1【設定編】

以前、3度に渡りWindowsのパーソナルアシスタント機能であるCortanaについてご紹介してきました。

2015年1月「Windows10テクニカルプレビューアップデート!:検索バーとCortana編
2015年4月「Windows10テクニカルプレビューアップデート!:Cortana動作編
2015年8月「いよいよ秒読み!日本語版Cortana(コルタナ)ベータ版登場!

さて、私の環境でもいよいよコルタナ日本語版のテストができるようになりましたので、まずは写真からご紹介したいと思います。

初期状態から始めるとこのような画面が登場します。まだ、英訳ができていない部分もあるようですが、正式バージョンになれば治るでしょう。


まずは、名前の入力を行います。「声」で呼ばれることは当初はなさそうですが、呼んでもらえるといいですね。

設定したものは、後で編集が行えます。が、この段階ではあまりうまくいかないので、今後どのようになるか楽しみです。

待機画面がこのようになります。

左にあるボタンの上から2番目にノートブックなどの設定画面に入れます。「コルタナさん」をオンにすると、「コルタナさん」と呼びかけるだけで、反応してくれるようになります。

「コルタナさん」をオンにしたり、音声認識のセットアップを行うと、まずは音声認識のためのマイクの設定画面に移ります。

いくつか項目を完了すると、いよいよ使えるようになります!

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

コルタナさんはなかなか面白いですよ!↓