ラベル Pokémon GO の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Pokémon GO の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年7月23日土曜日

任天堂は実はあまり影響がない!?

Pokémon GOが爆発的な広がりを見せる中、任天堂のコメントが冷静です。

ITmediaより「「ポケモンGOの業績への影響は限定的」 任天堂がコメント発表

任天堂は『Pokémon GOについて「連結業績に与える影響は限定的」というコメント』ということで、株価が2倍以上に跳ね上がったものの冷静なコメントになっています。

というのも、インストールした時にわかると思いますが、これを開発したのは、任天堂ではなく、Niantic(ナイアンティック)です。

Niantic.Inc.と書かれているのがわかる
このゲームは任天堂・株式会社ポケモン・Nianticの3社が関わっていて、ゲームの開発はNiantic。企画やゲーム以外の音楽などは株式会社ポケモンの出資元であり、ポケモンシリーズの開発元であるゲームフリーク。ライセンスなどは、任天堂や株式会社ポケモンとなっています。

従って、『任天堂の関連会社でもある株式会社ポケモンはライセンス料と開発運営協力への対価を受け取る。任天堂の業績に対しては、持分法により、ポケモンについて保有する議決権32%に応じる形で反映されるにとどまる。

となるわけで、実は任天堂はそこまでおこぼれをもらえないというわけなんですね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

日本発のゲームがここまでになるとは!↓

2016年7月22日金曜日

来たぞ!Pokémon GO!

本日10時についにPokémon GOが登場しました!Appストア、あるいは、Playストアからインストールしてみましょう!

Pokémon GO

さて、流れはこのようになります。まずは、生年月日を入れます
次に、アカウントを選びます。GOOGLEアカウントが無難かもしれません。
オープニングです。ウィロー博士の説明を聞きましょう。
この後、自分の分身(アバター)を作成します。髪形や目の色、服とかを選択できます。
ついに、仮想現実の世界の登場です。
まずは、自分の周囲にポケモンが3体現れます。どれでもいいからタップしてみましょう。ちなみに、ここを無視して歩き回ると別の個所に同じポケモンが3体出ますが、それを繰り返すと…。
さて、始めはこの画面が出ます。「あとで試す」と押してみましょう。
すると、ポケモンの世界となり、目の前にモンスターが登場します。そこで、右上の「AR」ボタンを押すと…。
カメラが作動し、ついに現実世界にポケモンが登場します!ポケモンを捕まえるには、モンスターボールをポケモンに向かってフリックします。ぜひ、自分で試してみてください!(なお、駅の写真ですが、周囲に配慮するとともに、止まって操作をしています。)
ちなみに、見当たらないときは、写真の右端にあるように、矢印が登場します。
最初のポケモンを捕まえると、いよいよ冒険の始まりです。
次の目標はポケストップと呼ばれるポイントに向かって歩きます。
なお、捕まえたポケモンはポケモン図鑑に登録されます。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

どこまで人気が出るのでしょうか!↓

2016年7月21日木曜日

Pokémon GOが登場前なのに大騒動!

Pokémon GOがまもなく日本に登場という噂がありますが、日本でも早くも大騒動となっています。

産経新聞より「もうすぐゲットだぜ! 日本上陸で何が起こるのか? 夏休み控え学校もピリピリ 海外ではトラブル続出 運転中に街路樹衝突

ねとらぼより「夏休み中、安全に遊ぶように―― 一部の学校でポケモンGOに関する生徒指導が開始

夏休み中に間違いなく配信されるだろうポケモンGOの対策に余念がない学校ですが、なんと政府も注意喚起をしています。


これは、内閣府直轄のサイバーセキュリティセンターからのお知らせです。内閣府からもこのようなお知らせが出るくらい戦々恐々としているのですが、はたしてどうなるのでしょうか。

マカフィーブログより「野生の偽 “Pokémon GO” があらわれた!

また、AndroidはPlayストア以外からもインストールができるようになっていますが、そこに速くも偽アプリが登場しています。Playストア以外から配信することは無いので、このようなサイトには近づかないようにしましょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

とはいえ登場が楽しみです!↓

2016年7月12日火曜日

ついに日本に凱旋なるか!Pokémon GO

発表から約1年。ついに満を持して登場となったのが、Pokémon GOです。

Pokémon GO


ここでも「任天堂が自社ハードを抜け出す!Pokemon GO」でご紹介しました。

最初に登場したのがアメリカでしたが、サーバーがパンクするほどの人気で、他のアプリが霞むほどになっています。

産経新聞より「スマホ用「ポケモンGO」が米で配信すぐ人気沸騰 「ツイッターに匹敵」とも 事件も発生
朝日新聞より「ポケモンGO、米で町さまよう人続出 死体発見の騒動も
cnetより「「Pokemon GO」が大人気--米でインストール数がリリース1日で「Tinder」超える

そしてついに日本に凱旋上陸しそうです。

GIGAZINEより「「Pokémon Go」は日本やヨーロッパでも数日中にサービス開始予定、全世界同時ではなく少しずつ展開している理由とは?

先行アプリとしては「Ingress」があります。街中にある「ポータル」と呼ばれる仮想拠点を取り合うゲームなのですが、普通と違うのが現実の世界を利用しているという点です。
Pokémon GOもIngressの開発会社であるNiantic社(Googleから独立した企業)と協力していることで、そのシステムを利用しているため、このようなアプリができたというわけです。(Niantic川島氏のブログ

Ingressはかなりマニアックなゲームですが、Pokémon GOはライトユーザーの琴線に触れるゲームだと思います。登場が楽しみです!

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

即インストールですね!↓