ラベル Windows10 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Windows10 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年12月10日土曜日

Windowsにいろいろと動きが!

Windows10が登場して1年以上経ちましたが、このWindowsはどんどん変化していく(更新していく)ことが特徴となっています。

通常は、1年に1回、あるいは、2回アップデートが予定されているのですが、先行して体験できるInsider Previewという機能があります。いわゆるベータ版なので不具合が起こることもあり、対応できる人のみが行うようにしましょう。

さて、そんな中、あのコルタナさんのパワーアップを図るようです。

マイナビニュースより「Windows 10 Insider Previewを試す(第76回) - 多数の機能改善でCreators Updateの世界が見えてきたOSビルド14986登場

『音声によるPCのシャットダウンやスリープ、ボリューム変更を可能にした。また、好みの音楽再生アプリケーションを使って、アーティストやラジオ局といった音声制御を可能』

なんでいままでできなかったんだろうというものができるようになるようです。

そして、マイクロソフトとしては、どうしても達成したいことがあるようです。

PCwatchより「【速報】Microsoft、2017年に“ARMベース”のフル機能Windows 10を投入」「【詳報】Win32アプリが動く“ARM版Windows 10”はフル機能搭載の完全なるWindows 10

ARMとはスマホに搭載されているCPU(正確にはその設計図)です。通常パソコンにはIntel製あるいはAMD製のCPUで動いているので、スマホではそれとは異なることにより、そのままでは動かないのです。

実はWindows8時代にWindowsRTという見た目がWindows8そっくりのものが出ていたのですが、致命的な欠点がありました。それは、通常のWindowsのソフトが動かないという点です。それがWin32アプリなのですが、これがかなりの制限になってしまい、結局はすぐに消えてしまい、もうあきらめたのかと思われました。

しかし、再度チャレンジするということで、動くことができれば、正真正銘のスマホとして動かすことが可能になり、自由度が飛躍的に上がります。また、省電力高性能ということを活かして、小型ノートパソコンとしても採用されるかもしれません。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

今後の動きが気になります!↓

2016年11月28日月曜日

HoloLensの最低スペックが明らかに!?

VRパラダイスより「HoloLens」互換ゴーグルの動作環境が判明か。Windows 10 Insider Previewに確認アプリが登場

ついにマイクロソフト製のVRならぬMR(Mixed Reality:混合現実)技術であるHoloLensの最低限のスペックが明らかになりました。
  • 4GBのメインメモリ
  • USB 3.0への対応
  • DirectX 12に対応したグラフィックスボード
  • 4コアのCPU
このうち4GBメモリとUSB3.0は今時のパソコンならほとんど付いているのでここまではいいのですが、問題はグラフィックボードとCPUです。

CPUのスペックはCorei5以上であれば、まあ結構ありそうですが、DirectX12に対応したグラフィックボードとなると、出たばっかりなので付け替えということになります。

とはいえ3万円は最低限かかるので、飛びつきたい人以外は様子見といったところでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

あの手この手で迫ってきますね!↓


2016年10月28日金曜日

あの「ペイント」が大幅な進化!

ウィンドウズのペイントと言えば、簡単に絵が描けるソフトなのですが、あまりにも簡略化しすぎるのと一切更新がされないため、スクリーンショットを張り付けるなどでしか使用しないことが多いのではないでしょうか。

昔のペイント
しかし、今回のWindows10はどんどんアップデートしていく方針であるため、ついにペイントにも光が当たったようです。

窓の杜より「「ペイント」を大刷新して3D描画に対応させた後継版「Paint 3D」が登場
GIGAZINEより「Windowsの「ペイント」が3Dコンテンツを簡単に作れるようになる「Paint 3D」に超絶進化するなど、「3D」がカギの大型アップデート発表




凄い機能がいくつも登場しています。
  • 書いた絵や撮影した写真が3Dレンダリングされる
  • 作ったものはOffice(但し、Office365必要)に投入できる
  • 後日登場のHoloLensで見ることができる
いよいよ3Dが手軽に作れる時代がやってくるようです!

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

より面白くなりそう!↓

2016年8月18日木曜日

Windows10の追加された新機能とは!その4 #クイックアシスト #quickassist

Windows10 RS1 Anniversary Update版:クイックアシスト編

Windows10 RS1 Anniversary Update版 目次

年月が進むごとに成長しているWindows10ですが、今回の1周年記念アップデートでは、新たな機能が追加されています。どのような機能が追加されているのかいくつか見ていきましょう。

Windowsアクセサリには昔から様々な機能が入っていました。


Windows3.1でも既に存在していて、絵を描く「ペイント」や動画や音楽を見たり聞いたりできる「メディアプレーヤー」、計算ができる「電卓」など、いまでも存在しているものが多数あります。

そんな中、今回のアニバーサリーアップデートにいままで見られなっかたプログラムが有ります。ノートパソコン上で画面の明るさや音量調整などができる「モビリティセンター」、手書き認識個人用設定「ShapeCollector」、ソフトウェアキーボード用(但し単独では起動しない)「TabTip」などがここに出てきました。


そしてもう一つ新しく登場したのが「クイックアシスト」です。非常に便利な機能と思われるものですが、実は、インターネット検索をかけてもほとんど情報がでてきません。

マイクロソフトサポート:「クイック アシスト: FAQ
マイクロソフトサポート:「クイック アシストで PC の問題を解決する
マイクロソフトサポート:「クイック アシストでリモート接続経由で PC の問題を解決する

これはいわゆる遠隔操作サポート機能です。似たような機能にリモートデスクトップ機能があるのですが、遠隔をする側も、される側も設定をするのが少し面倒なのが欠点でした。しかし、これはそのような設定は一切必要がなく接続が可能になります。

起動するとこのような画面が出てきます。


【支援を受ける】側は、次で紹介する支援をする側から指示された番号をこの「コード」欄に入力して送信します。


【支援を提供する】側は、まずマイクロソフトアカウントでサインインします。


すると、6桁の数字が表示される「セキュリティコード」が発行されます。これを10分以内に伝えて、入力してもらうようにしてください。


そうすると、遠隔で操作ができるようになりますので、困ったときは親戚やお友達に助けてもらえることができるでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

TeamViewerほどの高機能ではありませんが、十分かと思います!↓

2016年8月14日日曜日

Windows10の追加された新機能とは!その3

Windows10 RS1 Anniversary Update版:タッチキーボード手書き編

Windows10 RS1 Anniversary Update版 目次

年月が進むごとに成長しているWindows10ですが、今回の1周年記念アップデートでは、新たな機能が追加されています。どのような機能が追加されているのかいくつか見ていきましょう。

タブレット中心の機能追加の一つにタッチキーボードの機能が強化されました。特に、手書き入力やフリック入力などに適応するようになりました。

呼び出し方ですが、画面下のタスクバーで右クリック(タッチパネルなら長押し)をします。すると、「タッチキーボードボタンを表示」というのがあるので、クリック(タップ)します。すると、タスクバーにキーボードのアイコンが出てきます。こちらをクリック(タップ)します。


そうすると、画面の下にソフトウェアキーボードが出現します。手書き入力は入力方式の変更ボタンをタップして行います。書いていくうちに予測変換が出てきますので、それをクリック(タップ)すれば文字入力ができます。


キーボードや音声入力に比べると、どうしても入力スピードに劣りますが、タブレットの入力方式の一つとして覚えておくと役に立つかもしれません。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

音声入力が欲しいところです!↓

2016年8月13日土曜日

Windows10の追加された新機能とは!その2

Windows10 RS1 Anniversary Update版:Windows Ink編

Windows10 RS1 Anniversary Update版 目次

年月が進むごとに成長しているWindows10ですが、今回の1周年記念アップデートでは、新たな機能が追加されています。どのような機能が追加されているのかいくつか見ていきましょう。

Windows Inkとは、主にタブレット端末を想定した書き込み機能ですが、普通のパソコンでも十分に機能します。付箋・スケッチパッド・画面スケッチの3つが使えます。



呼び出し方ですが、基本的に2種類の方法があります。1つ目は、画面下のタスクバーで右クリック(タッチパネルなら長押し)をします。すると、「Windows Ink ワークスペースボタンを表示」というのがあるので、クリックします。


すると、タスクバーに呼び出すボタンを出すことができます。


もう1つのやり方は、Windowsキー+Wキーです。パソコンからはこれで呼び出すと楽でしょう。

さて、機能の話ですが、付箋はWindows7からあり、それを引き継いだ形になります。実は、今回のバージョンアップ前までは、スタートメニューから呼び出すことができました。ですが、更新後はスタートメニューからは消えて、今回の方法となります。


このように、以前とあまり変わりありません。また、ショートカットキーを使った装飾も相変わらずあります

スケッチパッド画面スケッチは、画面上に手書き入力をするためのものです。スケッチパッドは、白いキャンバス上に、画面スケッチは、スクリーンショット上で書くことができます。画面スケッチは機能的にSnipping Toolの全画面切り取りとそれほど変わりありません。


↓へのアクセスもよろしくお願いします!

タッチパネル用に最適化されたものですが、パソコンでも使いやすい!↓

2016年8月9日火曜日

Windows10の追加された新機能とは!その1

Windows10 RS1 Anniversary Update版:Microsoft Edge編

Windows10 RS1 Anniversary Update版 目次

年月が進むごとに成長しているWindows10ですが、今回の1周年記念アップデートでは、新たな機能が追加されています。どのような機能が追加されているのかいくつか見ていきましょう。


Microsoft Edgeは1年を経て、ようやく使えるレベルになりました。今回バージョンアップで変更された主な点は以下のとおりです。
  • 進む・戻る上で右クリックすると履歴が表示されるようになる(IEなどと同等の機能)
  • 拡張機能がストアから追加が可能に
  • 閲覧履歴の常時削除が可能に
  • ダウンロード先の変更が可能に
  • タブがピン留めできるようになる
特に、上2つはかなり使い勝手が良くなるので、そちらを見ていきます。


左上の戻るボタン(←)を見ていただければわかりますが、履歴が表示されています。このボタン上で右クリックすると現れますが、IEにはあった機能がようやく付きました。


そして、右上の詳細ボタン(…)をクリックして現れるのが、拡張機能です。すでに、ここではAdBlock PlusとOneNoteの拡張機能を入れていますが、他のブラウザでは当たり前になっていた拡張機能が使えるようになったのは大きいです。とはいえ、まだ12個しか用意されていないため、今後どれくらい増えるかがカギとなります。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Edgeは常時使えるレベルにようやく到達しました!↓