2015年4月18日土曜日

高齢者に対応したスマホプランがドコモから

従来の携帯電話で十分という方もいるなか、多くの方がスマホを持っている現状を見て、「私も持ちたい」という物欲が出てくるというのはやはり仕方がないことです。

とはいえ、やはりいきなりチャレンジするのはどうも…ということがあるなかで、我々パソコンスクールなどもスマホに対応したカリキュラムを用意していますが、販売元である程度下地を作ってもらうほうがありがたいです。

ということで、ドコモが高齢者向けにスマホ対応プランを打ち出しました。


初めてスマホへ機種変更した人に月額の割引をするだけでなく、30分の「かんたんスマホ講座」を1回だけですが無料で受けることができるようになっています。

内容は、アプリの使い方・インターネットの使い方・カメラの使い方とごくシンプルでありながら基本部分を学べる講座になっています。

一気に情報が広がるスマホを使って欲しいですね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

最初は手間取っても慣れれば楽しいスマホ!↓

2015年4月17日金曜日

Windows 0円時代へ?

ITmediaより「ビジネス利用の“伏兵” Windows 8.1 With Bing――Windows 10への更新は?

マイクロソフトのトップが変わり方針が変更されて「モバイルファースト、クラウドファースト」(携帯第一、インターネットサービス第一)という号令のもと、様々なサプライズを巻き起こしていますが、実はこの「Windows 8.1 with Bing」もかなりのサプライズです。

これは、中身はWindows8.1と全く変わりありません。唯一違うのが、InternetExplorerの標準検索エンジンがマイクロソフトの「Bing」になっているだけです。

実は以前はこれを搭載する条件として、安価なものであることや画面が9インチより小さいことが入っていたのですが、どうやら最近はある程度条件を緩和しているようです。

つまり、1万数千円するWindows(OS)代が0円になるわけで、その分安価に提供することが可能になります。

これは、おそらくタブレットの攻勢やアメリカではGoogle Chromebookのような2万円以下のコンピュータが売れていることから、それに対抗するために仕掛けていると思われます。

こうなると、ちょっと前では考えられない激安パソコンが溢れるかもしれませんね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

マイクロソフトもいろいろ手を打ってきていますね!↓


2015年4月16日木曜日

Googleを排除する動き

世界ではGoogle以外をなんとかして普及させようと広めようとしています。

脱Googleの動き
AppleがGoogleと決別する日

そんな中、EUが独占禁止法違反としてGoogleを訴えました。

ITmediaより「EU、Googleに検索事業に関する異議告知書送付 Androidの調査も開始

これにはスマホであるAndroidにも対象となるようですが、そもそもGoogleはMicroSoftのInternetExplorerのようなソフトウェアにくっついているものではありません。

Googleが独占的な地位に付いたのは、他と比べて明らかにサービスの質が高いからです。AndroidはiPhoneとの対抗馬として発売されましたが、その他の種類の端末が発売されていないためです。

つまり、いちゃもんに近い形でGoogleの排除に動き出したということです。

日本ではYahoo!がGoogleの検索サービスを利用していて、Googleの検索プログラムのシェアは9割近くとなっていますが、Yahoo!が独自の改良を行っているということで公正取引委員会は独占ではないということを表明しています。

また、Androidも各社販売していますが、むしろiPhone推しのため、Androidのシェアは外国に比べて低いというのが現状です。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

この動きは注目していきたいです!↓


2015年4月14日火曜日

おもしろぐっず その54【Windows10対応セキュリティソフト】

パソコン周辺機器グッズのご紹介です。

すごく直球なソフト紹介ですが、セキュリティソフトは更新料が掛かるのが多くできれば負担を減らしたいところです。

この「ウィルスセキュリティゼロ」はサポート終了まで更新料が掛からないソフトウェアです。

フリーソフトでは無料のセキュリティソフトが有りますが、日本語でのサポートが受けられるという安心感を考えれば、アマゾン価格で1,800円程度で購入できれば安いものです。

また、この製品はWindows10対応となっていて、Windows7や8からWindows10への無料アップグレードの予定がされていることから、安心して使用することができます。

新品パソコンによく付いてくる、ウィルスバスターやノートンのような高機能セキュリティソフトは必要ないですよ。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

うまく使いこなすと便利なデジタルグッズ!↓

2015年4月13日月曜日

新世代が生む「時代劇」となるか

Youtubeだけで生計を立てるYoutuber(ユーチューバー)が日本だけでなく世界中で存在していますが、機材や編集機器がプロ顔負けなものになっても、専門的なものに関してはまだまだ継承や経験といったところで、差がでてしまいます。

そんなことを杞憂しているのが映像分野の会社で、東映もその一つです。

次世代の映像作家を育てるべく「YouTube Space 時代劇 with 東映太泰映画村」が登場しました。

InternetWatchより「YouTuberに時代劇の撮影セットを無料提供、YouTubeと東映太泰映画村が強力タッグ


流石に京都太秦映画村や日光江戸村みたいな巨大なスペースを用意するのは難しいですが、Youtubeには専門のスタジオである「Youtube Space」がありその一つに東京スタジオがあります。

Youtube Space TOKYO

そこに時代劇用の専門のスタジオが用意されるというわけです。このスタジオは誰もが利用できるというわけではありませんが、体験型講座(ワークショップ)に関しては誰でも参加できるようです。

長年日本の潮流であり続けた時代劇ですが、インターネットの世界でも引き続き日本を代表する文化であり続けるかは、この取り組みによるかもしれません。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

ゆくゆくはYoutubeでオリジナル長編映画が公開されるかもしれませんね!↓