2017年5月13日土曜日

マイクロソフトのゴーグル一般発売へ

NHKより「MR=「複合現実」の低価格端末 マイクロソフトが販売へ

VR(バーチャルリアリティー)という言葉は聞いたことあるとおもいますが、MRとはなんでしょうか。Mixed Reality(ミックスドリアリティ)は、「複合現実」と言われていますが、マイクロソフトが進めているHololens(ホロレンズ)政策のものです。


いままで開発者向けでは30万円近くしましたが、一般向けは3万円近くと大幅に値段が抑えられています。いよいよ次世代の映像技術が堪能できそうです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

VRより面白そう!↓

2017年5月12日金曜日

2017年マイクロソフトの戦略とは

Windows10を軸にいろいろな機能を追加していっているマイクロソフトですが、先日アップデートサイクルに入った「Creators Update」の「次」が明らかになっています。

PCwatchより「クリエイター向け機能をさらに盛り込んだWindows 10 Fall Creators Update

先日マイクロソフトはWindows10のアップデートは年2回にすると明言しました。そして、秋に行われるアップデートに搭載される予定の機能が発表となっています。

まず、デザインがより洗礼されます。
GIGAZINEより「Microsoftがより優れたデザインのアプリを開発するための「Fluent Design System」を発表


さらに、現状の機能がパワーアップします。
  • フォトアプリにAIを利用。検索や「ストーリーリミックス」と呼ばれるフォトムービーに利用される。
  • タイムライン機能。過去に操作した作業の確認や再開が可能になる。
  • Windowsとスマホの連携。iOS・Androidとの連携が強まる。Windowsでコピーした文章をスマホにペーストできたりする。
  • Cortanaの強化。
  • ストアアプリにiTunesやLinuxが登場。
↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

というか、まだCreatorsUpdateが来ていないのですが…!↓

2017年5月11日木曜日

ハードディスクはこのメーカーを選ぼう!

GIGAZINEより「8万台以上のHDDを運用するBackblazeがHDD故障率の2017Q1レポートを発表、大量導入した高価なエンタープライズ向けの故障率は?

パソコンに重要な装置の一つがハードディスクです。昔はたくさんのメーカーがいましたが、今では下記のメーカーだけとなっています。
  • 東芝
  • WDC(ウェスタンデジタル)
  • HGST(日立・ウェスタンデジタル):WDCの子会社
  • Seagate
提示されている表を見ると、全体的には100台に2台という割合で故障が起こるようです。その中でも、東芝・WDCは故障率が高めですが、SeagateやHGSTは故障率が低めのようです。

組み込み・外付けのハードディスクはたくさん出ていますが、こちらのメーカーを選ぶと安心できるかもしれません。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

イメージはそんな感じですね!↓


2017年5月9日火曜日

スマホの大画面化は求められていない?

タブレット市場が急速にしぼんでいます。

JBpressより「アップル、タブレット市場で首位維持も大幅減少

タブレットにおいては、相変わらずiPadが人気ではあるのですが、13四半期(3年3か月)連続で前年割れという状態となっています。
タブレット全体では、2年半に渡り前年を下回っているという状況のようです。

とはいえ、キーボードが無いタイプが売れていないだけで、キーボードが付いているタイプ(マイクロソフトのSurfaceなど)は堅調のようなので、大画面のタッチパネルタイプは普通の人は受け付けないと推測されます。

ちょっと不思議な現象といえますが、スマホより大きいものは「パソコン」と認識していて、タブレットほどの大きさだと「見づらい」「扱いにくい」と感じているのかもしれません。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

意外な感じがしました!↓

2017年5月8日月曜日

リアル店舗はどこまで立ち向かえる?

東洋経済オンラインより「「メルカリに食われる」、リユース業界の悲鳴

メルカリがものすごい勢いで伸びていて、リユース(リサイクル)ショップが苦戦を強いられているという話ですが、これは百貨店でも家電量販店でも同様のことが起こっています。

いわゆるウィンドウショッピング状態ですが、リユースショップが苦戦している原因は、お客さんが商品を売らない限り、商品が揃わない(商品が回らない)という点があります。また、あちらも商売であるため、家賃・人件費・光熱費などがかかるため、どうしても売却価格は抑えなければいけませんが、ネットで個人が売る場合は、手数料と送料以外は掛かりません。従って、ネットを利用する方が多いわけです。

さらに、本・CD・DVD専用アプリ「メルカリ カウル」が登場のようです。

ITmediaより「本・CD・DVDをすぐ売れる「メルカリ カウル」登場 バーコード読み取り10秒で出品

ますますネットのショッピングに勢いを増しそうです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

これは便利かも!↓