2016年12月29日木曜日

2016年を振り返る

2016年の営業も最後となり、今年最後のブログとなります。
昨年も振り返りましたが、簡単にまとめるとこのようになっていました。
  1. Windows10登場
  2. コンテンツ定額制が一気に波及
  3. 第3のスマートフォン現れず
  4. 地上デジタル以降後の周波数帯の残骸
  5. 自動運転カー(人工知能)の進化
今年も一年のブログを振り返ってみて、印象的な出来事を見てみましょう。

1.ポケモンGOの登場

これほどのビッグタイトルが今度いつ出るのか不明なくらい、世界各地で大騒ぎしてスタートを切ったゲームでした。

流石に、かなり落ち着いてきましたが、とはいえまだまだその人気は続いています。ポケモン第2弾である金銀のポケモンも登場し今後も目が離せません。
なお、12月に出たスーパーマリオランも注目を浴びました。

2.VRが一気に広がる

今年はVR元年と呼ばれるほど、たくさんのVR機器が登場しました。Oculus Rift、Vive、プレイステーションVRなどの機器で楽しむことができます。

また、VRを体験できる施設も登場しました。期間限定の施設もありましたが、いよいよ常設型も登場し、東京ジョイポリスのZEROVR渋谷のVR PARK TOKYOなど徐々に浸透していっています。

ただ、3D酔いVR酔いと言ったような視覚情報から得られる不快感の克服までには至っていなく、これを解決できるかどうかが課題となります。

3.4Kテレビの価格低下とマスコミの凋落

4Kテレビがとんでもないスピードで価格が急落しています。既に、CMでも放送していますが、DMMが50インチの4Kのモニターを6万円を切る価格で登場しました。ただし、これはチューナーが無いので購入しないとテレビを見ることはできませんがChromeCastやパソコンなどがあれば、地上波よりもYoutubeニコニコ動画AbemaTVのような無料の人気サイトやNetflixHuluなどの有料サイトのほうがよっぽど楽しめるでしょう。

ブラウン管時代や液晶の初期は1インチ1万円(20インチで20万円)程度でしたが、ついに1インチ1千円時代の到来となります。

その一方、マスコミの凋落はひどいもので、熊本地震の失態近くの事件を取材しない、築地豊洲問題で騒ぐだけ騒いで責任を取らないなど、ますます酷い有様になってきています。

4.総務省の影響でMVNOが大進撃!

総務省が「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」を携帯会社各社に要請をしました。これは、行き過ぎる販売奨励金を是正するために行われたもので、通信費の抑制につなげるために行われました。

しかし、その結果、端末料金が上がり長期利用者の通信費はそれほど下がらなかったため、ただ単に端末を買いづらくなっただけという結果になりました。

そこで、飛躍的に伸びたのがいわゆる格安SIMを取り扱うMVNO各社の登場です。もはや200社を超えたことで安さだけの追求は終わり、さらなるサービスとして、アプリによっては通信容量をカウントしない、いわゆる2年縛りはしない、機種変更が容易にできるなど、大手のサービスを上回るものが登場しています。

5.人工知能の進化

昨年も同様の話題でしたが、人工知能・深層学習(ディープラーニング)が話題になったのも印象的でした。囲碁の世界で、ついに世界王者を下したAlphaGO(アルファ碁)やGoogle翻訳の自然な翻訳、自動運転車の開発、AmazonEchoGoogleHomeなどの家電用スマートデバイスなどが話題となりました。

その一方、Googleの自動運転の開発が中止になるというニュースもあり、法律や諸問題、人間のニーズなど、人工知能が発展するためには、様々な困難が待ち受けていることも事実です。


パソコン界ではWindows10の1周年記念アップデートやMacの新しいノートブックが出るなどありましたが、やはりスマホ周りの話題が多かったと思います。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

今年もご愛顧いただきありがとうございました!↓

2016年12月27日火曜日

NHKのネットを巡る攻防

NHKがネットに直面して、右往左往しています。報道に関しては一定の評価はできるものの、全体を通してみれば、果たして存在意義がどれくらいあるのか疑問があります。

そんな中、なんとも傲慢とも思える素案が判明しました。

読売新聞より「NHKの同時配信、民放からは「民業圧迫」

NHKを管轄する総務省が行っている有識者会議である「放送を巡る諸課題に関する検討会」で、現在の電波放送とインターネット動画の同時配信について、民放各局から「民業圧迫」だと言われています。
もちろん、その通りでしょう。民放は広告収入や不動産収入の中で、なんとか同時配信を成り立たせています。一方、NHKは定期的に収入が見込める受信料で行うことができます。これでは、民業圧迫と言われても仕方がないでしょう。

SankeiBizより「NHK受信料改革、テレビ設置「申告制」も 虚偽の場合は罰則

現在、受信料を払うには「受信契約」を結んでから支払うことになっています。ところが、この素案では「契約していない世帯にダイレクトメールを送り、本当にテレビがない場合は申告してもらう」ということで、「自己申告」で支払う義務を負うかどうかが決められるようです。しかも、虚偽の場合は罰則(罰金)を科すということなので、かなり権限が強い感じがします。

そこまでして、はたしてNHKを存在させる価値があるのかどうかが問われます。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

余計なことをするな!↓

2016年12月26日月曜日

スマートフォンの不明な点とは?

melma:日本パソコンインストラクター養成協会発行メルマガより「パソコンインストラクター通信(第1425号)

何気なくスマホを使うことがあるとおもいますが、よくわからないまま使われているケースが多いのではないでしょうか。

上記のメルマガにあるように、用語は聞いたことあるけどさっぱりわからないというのが多いかと思います。こういう場合は、とりあえずインターネット検索をすればいいのですが、どうもそういうことも思いつかないのかもしれません。

用語として挙げられている「アカウント、クラウド、SDカード、SIM、テザリング、4G、Wi-Fi、アプリ」のような良く出てくる言葉は覚えておきたいところです。

アカウント:本人を識別する記号
クラウド:漠然としては、インターネットと同じ感覚で構わない。インターネット上のサービスの一種
SDカード:フロッピーやCDのように情報を保存できる小さな板
SIM:シム。携帯電話会社のサービスを受けるときに必要なチップ
テザリング:本体と別の機械(スマホやパソコン)と通信するための手段
4G:4thGeneration(第4世代)の意味で、携帯用無線通信の4世代目。FOMAやCDMAoneは3G。LTE(ドコモではXi)が4G
Wi-Fi:ワイファイ。比較的短距離の無線規格
アプリ:メールやゲーム、音楽などを実行させるためのプログラム。アプリケーションソフトウェアの略

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

まずはインターネット検索をしましょう!↓


2016年12月25日日曜日

2016-2017年末年始の営業日のご案内

本年もTTSパソコンスクールをご愛顧いただき誠にありがとうございました。
今年は、12/29までとなっております。

年末年始の営業時間のご案内です。

日付予定
12/27開校
12/28休校
12/29開校
12/30休校
12/31休校
1/1休校
1/2休校
1/3休校
1/4休校
1/5開校
1/6開校
1/7開校
1/8開校
1/9開校(祝日ですが、開講します。時間は10-19)
1/10開校
1/11休校
1/12開校
1/13開校
1/14休校(平日ですが、休校します)
1/15以後、通常通り

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ 教室ブログランキング

コンピュータは、来年はどのような情勢になるのでしょうね!↓

2016年12月24日土曜日

WiMAXで制限が緩和の動き!

PCwatchより「WiMAX2+の新たな“3日で10GB制限”はユーザーのモバイル環境をどう変えるか?

WiMAXをご存知でしょうか。ガラケーやスマホで使われているのと同じ携帯電話の電波を利用して通信を行うサービスです。今は、auの子会社であるUQWiMAXが取り扱っています。スマホのように端末から直接通信するのではなく、WiFiと用いて通信するモバイルルーターを利用します。



現在、携帯電話の電波はLTEと呼ばれる第4世代の規格で通信を行っており、速度は150Mbpsと高速通信が可能になっています。
WiMAXは同じ第4世代の規格ですが、バージョンアップされ現在第2世代となっておりWiMAX2+として運営されています。その速度は110Mbps(一部、220Mbps、440Mbps)の通信ができるようになっています。

UQWiMAXお知らせより「WiMAX 2+サービスにおける速度制限の今後の対応について

さて、そのWiMAXですが、その最大の特徴はUQ Flat ツープラスギガ放題においては使い放題となっているのですが「直近3日間で3GB以上」使用すると速度制限が掛かります。電波の公平利用としては仕方がない面があるのですが、いくら速度制限が実測3-4Mbps程度とはいえ掛かるのは気持ちのよい話ではありません。

そんなWiMAXの速度制限が来年2月から緩和されます。「直近3日間で10GB以上」となります。つまり使える容量が3倍以上に増えます。これは非常に大きく、上手に使えば1か月でおよそ100GBまで使えるようになるわけです。

制限の内容は「制限の掛かる時間は夜中のみ」「制限が実測1Mbps程度」となっています。夜中のみの制限ですし、速度は少々落ちる(Youtubeの240p程度)ものの、LTEの規制は128kbpsと動画も見られないくらいに落ちるため、それと比べると十分に使えるレベルになっています。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

非常に大歓迎な緩和です!↓

2016年12月22日木曜日

スマホのメモリ食いのアプリはFacebookとSnapchat!

ITProより「アバスト、Androidのリソースを大量に消費する20のアプリを発表

Androidは機種によってメモリの搭載量が異なります。値段が高い高スペックスマホであれば、3GB以上積んでいるのが当たり前になっています。一方、値段の安いスマホでは1GB程度で使い勝手が良くないケースがあります。

また、複数の常駐アプリを使っていると結果的に遅くなってしまう原因になってしまいます。

今回公表された20のアプリで特に顕著なのが、SNSのアプリはメモリを大量消費してしまうという認識が必要です。
  • Facebook
  • Facebookページマネジャー
  • Facebookメッセンジャー
  • WhatsCall
  • Instagram
  • Snapchat
  • LINE
Facebook関連はひどいものですが、それ以外のアプリでも結構メモリを使います。このようなアプリを同時に使う場合は気を付ける必要があります。

Facebookに限って言えば、もし面倒でなければブラウザからアクセスすることもできますので、そちらを利用するといいでしょう。但し、メッセージのやり取りをしている場合は、通知が来ませんので注意が必要です。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Facebookだけならアプリでもいいんですけどね!↓

2016年12月20日火曜日

ガラケーで人気だった着うた終わる

日経トレンディより「レコチョクが「着うた」終了 モバイル音楽配信の行方

着うたと言えば、ガラケーを持っていた多くの方が着信メロディとして使っていたのではないでしょうか。それまでは、ピロピロ音のようなものから、普通に音楽が流れるのですから、一気に楽しくなったはずです。

しかし、そんなものもスマートフォンの台頭で一気に下火になりました。5年で5倍以上になった市場も、そのあとの5年で20分の1という恐るべきジェットコースターぶりに期待していた人たちも驚いたことでしょう。

現在は音楽が丸ごと聞けるサービスが大変多く、先日黒船Spotifyが上陸「ネットサービスの超大物「Spotify」がついに日本でのサービス開始!」の通り、もはや月額定額制サービスは群雄割拠の状態になっています。

一時代を築いたITサービスはすぐに消えていくのは、今に始まったことではありませんが、これもすぐに忘れ去られていくのでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

ガラケーも終わりですからね!↓

2016年12月19日月曜日

Androidの魅力。それは自由度が高いこと!

たびたびiPhoneよりAndroidを選ぶのはなぜですか?と聞かれることがあります。その理由はiPhoneには無いカスタマイズ性(自由度)が高いからです。

iPhoneがきびきび動くのは、ハードウェア性能が高いということもありますが、基本的なところには大きく制限をかけていることもあります。つまり、余計なところに手を加えさせることで変な動作を起こさせる危険性を避けるように基本性能を低下させるような手間をかけるよりも、最低限動かせるところ以外には手を触れさせないということで基本的な性能を上げることを選択肢にしたということになります。

しかし、いまのAndroidはよほどの低価格品でなければ、性能も申し分なく、むしろいろいろといじることができるほうが消費者の要望に沿うわけです。ですので、Androidを推す理由はそこにあります。

前置きが長くなりましたが、そんなAndroidですが、出荷時にはメーカーが設定してあるホーム画面が用意されています。ところが意外とそれが使いずらいことが多かったり、デザインがいまいちなものがあったりします。そこで、おすすめなのがホーム画面を変えられるアプリです。

Nova Launcher / Nova Launcher Prime

このアプリは、Androidの標準画面を拡張するようなアプリです。Androidの標準を踏襲しつつ、使いやすくさせる点を大幅に変えることで、使い勝手が大幅に良くなります。また、プライム版はiPhoneにある未読通知が加えられます。現在、セール中で99円で購入できますので、おすすめです!

女性におすすめのかわいいホームアプリもたくさんあります。
↓へのアクセスもよろしくお願いします!

Nova Launcherの使い勝手が良すぎます!↓

2016年12月18日日曜日

いつ実現するの?バッテリーの進化

lifehackerより「大学院生が偶然発見!スマホのバッテリー寿命を400年にする方法
GIGAZINEより「スマホを数秒で充電&3万回以上充電可能な新しいバッテリー技術が開発される
IROIROより「充電なしでスマホを12年間も動かせるバッテリーが開発される
レスポンスより「リチウムイオン電池の寿命が12倍以上に---安永が技術を開発

ここ1か月程度でバッテリーに関するたくさんのニュースが出てきましたが、この手のニュースが出ても、なかなか商品化にならないという状態が続いています。

実際のところ、これらが様々な課題をクリアしたところで、現在の電池は「短期間で使い潰す」からこそ売れているわけです。つまり旨味がなくなってしまうというわけです。

メーカー側が果たしてそのようなものを売るのか疑問ですが、どこかが実現してしまえば右に倣えとなるとは思います。そのようなメーカーは現れるのでしょうか。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

でも出ないでしょうね!↓

2016年12月17日土曜日

さようならFlash!もはや過去の産物へ

インターネットでFlashと言えば、様々な動画やゲームなどが楽しむことができるものとして、広く使われてきました。しかしながら、これを踏み台にして悪質なウィルス感染ルートの一つとして使われるケースが多発し、徐々に減らしていくようになっていきました。


そんな中、新たな動きが出てきました。


ブラウザからはWindows10に搭載されているMicrosoft Edgeがブロックの拡大を進める方針ということ、そして動画サイト最大手ニコニコ動画はFlashから切り替えを行うということです。

どちらも将来を見据えた動きであり、ますますFlashは消えていくことになるでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

時代ですね!↓