2017年3月23日木曜日

もはや新たな放送プログラムの一つとなったネット配信番組!

週刊女性PRIMEより「知らなきゃソンする! ネットテレビのQ&A これさえ知っておけば大丈夫

ここ2,3年で一気に、ネットを通じて動画を見る環境が整いました。
そこで紹介されているのが、以下の8つです。
TVer:民放テレビの見逃し配信を見ることができます。民放各社のサイトやGYAOからも見ることができます。
LINE LIVE:LINEを利用したライブ放送ができます。似たようなものに、ツイキャスがあります。
AbemaTV:テレビに近い感覚で様々なチャンネルを楽しめるサイトです。同じ会社のライブ放送としてFRESH!があります。
DAZN:スポーツ配信のみの配信です。ドコモと契約していると安くなります。
Netflix:オリジナル番組を中心に様々なものを配信しています。
Hulu:様々なものを配信しています。
Amazonプライムビデオ:Amazonの有料サービスの1つです。
dTV:安価でありながら様々なものを配信しています。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

いろいろなものが増えましたね!↓

2017年3月21日火曜日

今日の興味深いニュース-037【パソコンに至る歴史。カシオの電卓展】

日経トレンディネットより「ゲーム電卓で遊べるのはここだけ! カシオの電卓展

カシオの電卓というと、高度経済成長期に低価格でありながら使いやすい小型電卓で一気に普及しました。


「答え一発」というフレーズは人気になりましたね。それ以外にもゲーム電卓というちょっと変わった機能も人気になりました。


このように様々な電卓を発売したカシオですが、いまその展覧会が開かれています。

樫尾俊雄発明記念館

予約が必要となりますが、無料で閲覧が可能です。今も電卓は事務などで活躍していますが、歴史を知りたいという方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

一度は触ったことがあるはず!↓

2017年3月19日日曜日

2017年Windows10のアップデート間近!

マイナビニュースより「「Windows 10」テクニカルプレビューを試す

Windows10は、2015年7月に登場、同年11月に大型アップデートであるバージョン1511(10586)が適用され、2016年7月に1周年記念アップデート1607(14393)が登場しました。相変わらず、テストバージョンは次々と更新されて、新機能がたくさん導入されています。まもなく登場する機能のいくつかを見てみましょう。

Microsoft Edgeの改良

コルタナへスヌーズ機能でリンクを追加することが可能に
EPUB(電子書籍)の対応(ただし、DRM(著作権制限)には非対応)
上記EPUBリーダーの対応に加えて合成音声出力が可能に(いわゆるオーディオブック)
タブセッションを保存する機能が追加
Adobe Flashコンテンツを既定でブロックするように
Webサイトの閲覧履歴や保存済みパスワードなど他のブラウザからのインポートが可能に

Cortanaの改良

音声によるシャットダウンやスリープ、ボリューム変更が可能に
音楽再生アプリにおいて、音声によるアーティストやラジオ局の選択などの制御を可能に
ロック画面から動作が可能に

標準アプリ関連の改良

マップアプリの機能改善
SkypeプレビューにおいてSMS/MMSへの対応
付箋アプリ(Sticky Notes)とコルタナの連携が追加
手書きスケッチアプリ(Windows Ink)の改良と大幅な機能追加
視覚障害者向け音声読み上げアプリ(ナレーター)の大幅改良

日本語入力の改良

変換精度とリソース使用状況の改善

設定関連の改良

設定アプリのみとなり「コントロールパネル」の廃止(アプリそのものは存在)
高精度タッチパッドのカスタマイズ機能改善
ディスプレイ設定からブルーライトをカットする機能が追加
ディスプレイ設定からテーマの設定が追加(以前はコントロールパネルからしかできなかった)
サウンド設定からシステムサウンドの追加
サウンド設定からモノラルオーディオに変更することが可能に
不要なファイルを自動的に削除する機能が追加

そのほか

Paint 3Dの追加
WiFiのアクセスポイント表示の高速化
USB Audio Class 2.0が標準で利用可能に
ゲームバーがPCゲームのフルスクリーン表示時にも利用可能に
ゲームバーからストリーミング配信が可能に
領域指定キャプチャー機能を追加「Win」+「Shift」+「S」キーで呼び出し
バッテリー駆動の効率向上

かなりの部分で改良や新機能が加わっています。EdgeやCortanaなどの機能の追加やブルーライトカットなど細かいいろいろなど多岐に渡っています。
また、ついにコントロールパネルが廃止となります。長年馴染みのあったあれですが、設定アプリに切り替わります。まだ、必要な場面もあるでしょうが、アプリ自体は残っているため必要なら手動で起動できるようにしておきましょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!
趣味ぶろ パソコン教室ブログランキング

Windows10はどんどん進化していきます!↓

2017年3月18日土曜日

今日の興味深いニュース-036【未使用品や中古品はネットオークションで】

日経ITproより「2万円台のノートPCも 新生活は「未使用品」で節約

ネットショッピングのおかげで安く商品を買うことができるようになっていますが、より安く購入したいという手段に未使用品や中古品を購入する手段があります。

今人気のオークションサイトは、ヤフオク!メルカリです。

特に最近勢いづいているのがメルカリで、写真1枚あれば出品できて、さらに出荷もコンビニからすぐに行えるという点が評価されています。

もしいらないものがあるようなら手軽に売ってみてはどうでしょうか。また、欲しいものがるならちょっと覗いてみるのもいいですよ。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

2017年3月17日金曜日

あなたもプログラマに!

窓の杜より「小学6年生がJavaScriptでRPGをハック? ~小金井市立前原小学校での特別授業をレポート

あそべるプログラミングhackforplay

プログラミングというとちょっと難しく感じますが、仕組みを理解していこうというのがこのサイトです。ゲーム仕立てとなっており、ちょっと数字を書き換えたりするだけで楽しめるようになっています。

プログラムのきっかけはこんな感じで全然大丈夫です。ゲームをハックする行為(ハッキング)はプログラムに入るきっかけや上達する手段として有効なものです。

何はともあれ楽しんでみてみてください。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

凄腕プログラマになれるかも!↓

2017年3月16日木曜日

やっぱりアップデートしましょう

sierブログより「日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3「iTunes」「JAVA」「Lhaplus」

ここで紹介されているソフトに限らず、パソコンではアップデートされていないケースがあります。

スマホや一部のパソコン用のソフトでは自動アップデートがありますが、多くのパソコンソフトでは、手動、あるいは、半自動のアップデートがまだまだ主流です。(半自動とは、アップデートの通知が出るものの、アップデートの可否を使用者の判断に任せているケースのことです)

また、システム全体を更新するためには、自分の手でアップグレードをしなければいけません。アップグレードをしなくても使うことはできますが、セキュリティ対策や新機能の追加など有益なものもあるので、できる限りアップグレードをしたほうがいいでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

更新はできる限りしましょう!↓

2017年3月13日月曜日

ホントに?CIAが顔文字を収集!

ハフィントンポストより「CIA、顔文字を収集していた。ウィキリークスが暴露、「∩(・ω・)∩ 」「╯`Д ‘)╯彡┻━┻ 」も

機密情報を公開するウィキリークスから驚くべきニュースが出てきました。アメリカの諜報機関であるCIAがなんと日本の顔文字を収集していたということらしいです。

日本の顔文字は確かに独特です。欧米の顔文字と日本の顔文字の大きな違いは全角のあるなしです。そして、全角の概念がある中国とかとの違いは、様々なひらがな・カタカナ・漢字のような多彩な文字表現があるということになります。

欧米の顔文字は半角しかないため表現方法が限られていて、横に倒したような感じになります。例えば次のようなものがあります。

:-) ←これが笑いの表現です。
:-( ←これが不満の表現です。

それに対して、日本の顔文字はたくさんありますが、ウィキリークスに載っているものだと、次のものがありました。

∩( ・ω・)∩ ←ばんざい
(╯°□°)╯︵ ┻━┻ ←ちゃぶ台返し
ლ(╹◡╹ლ) ←もみもみ

外国から見ると、何を表現しているのかさっぱりわからないでしょうし、もしかしたら暗号のように見えるかもしれません。だからこそ収集していたのかもしれませんね。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

絵文字もそうですが、独特の文化ですからね!↓

2017年3月12日日曜日

新生活に格安SIMおすすめベスト5

格安SIMがだいぶ一般的になりましたが、まだまだ使っていない方も多いのではないでしょうか。そこで、私がおすすめする格安SIMをご紹介します。

1.イオンモバイル

サポート体制:◎ 料金面:◎
非常に多くのお店があり、また各種オプションが充実していることが特徴です。また、6GB以下なら2,000円以下で通話付きが選択できるという点が非常に魅力です。

2.フリーテル

サポート体制:◎ 料金面:◎
ヨドバシやビックなど家電量販店に併設するケースが増えて目にする機会が増えてきました。また、他では見られない容量を使った分だけで支払うサービスやSNSであれば通信量のカウントがされないサービスなどお得な料金で使えるのが魅力です。

3.楽天モバイル

サポート体制:◎ 料金面:△
携帯電話専門店に併設していることもあり、店舗サポートが増えている点が非常に好感度が高いです。また、他にあまりない口座引き落とし(口座振替)ができる点がとても良いです。ただ、料金に幅が無く変える前の通信容量をあらかじめ知っておかないと無駄ができてしまいます。

4.LINEモバイル

サポート体制:△ 料金面:△
最近になり家電量販店での扱いが出てきましたが、ネットからの申し込みが主となります。LINEなどのSNSをよく使う人なら非常にお得なSIMですが、逆にあまり使わない人にとっては割高な料金体制となっています。

5.nuroモバイル

サポート体制:〇 料金面:△
普通の料金プランの他に、1日5時間までなら使い放題というなかなか斬新なプランがあります。ちょっと料金が高め(とはいえ音声付でも3,200円)ですが、ある程度時間を見越せるならこれも選択肢に入るでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

2017年3月11日土曜日

Vistaのサポート終了まであと1か月!

すでにマイクロソフトでは無かったことにしたいWindows Vistaがまもなくサポート終了となります。WinXPのサポート終了は2014年でしたが、早くもそれから3年が経ちました。

幸いVistaユーザーはあまり多くないため混乱は少ないと思われますが、もし保有しているユーザーがいたら、買い替えを考えたほうがいいでしょう。

FMVサポートより「おさえておきたい!Vistaサポート終了に関する基礎知識

なお、Office2007もサポート終了が迫っています。Office2007のサポート終了は10月10日になります。Office2007はリボンインターフェイスを取り入れた最初のバージョンですが、最初ということもあり、中途半端な出来栄えとなっており、Office2010以降の完成度から考えるといまいちです。もし、Windows7以降でOffice2007を入れているなら、Office2016以降に変えてもいいでしょう。

ところで、WindowsVista以降はほぼ3年周期で発売されているため、3年後の2020年には多くのユーザーが評価したWindows7の終了がいよいよ迫っています。幸い、一部のユーザーはWindows10へのアップグレードを完了していることもありますが、それでも非常に多くのユーザーがいまだWindows7のままとなっています。これがマイクロソフトにおいて課題となるでしょう。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

2017年3月9日木曜日

アイコンの意味を考えよう

WPJより「ハンバーガーにフロッピー…わかりにくいアイコンはUIデザインに必要なのか?

スマホをいじっているとわかりずらいのがアイコン表示です。そのアイコンが何のためにあるのか、わからないまま使われて、なんとなく扱っているケースが多いのではないでしょうか。

例えば、appleのiosのシステム用アイコンは次のものを用いています。


慣れているとわかりやすいのですが、そうでないと下段の真ん中あたりは何を意味しているのかわからないのではないでしょうか。

これらの説明は、「ツールバーやナビゲーションバーのボタン」「タブバーのアイコン」にありますが、これらは果たして文字がない状態で、どれほどわかるのか。それでもいかに文字ではなく視覚的に「気づき」を与えるために改良が続いています。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

慣れないとわけわからないのが多いと思いますね…!↓

2017年3月7日火曜日

ネットショッピングの危機。ヤマトが値上げ交渉へ

ここ最近、宅配事業に関するニュースが多く取り上げられています。


ネットショッピングのサービスが競争により良くなっていますが、その影響が宅配事業を直撃しています。「本当に必要?ユニクロまでが即日配送へ

そのために、ヤマトが値上げや配達時間の見直しに踏み切るようです。


そして、最大の問題はアマゾンとの交渉になります。

アマゾンの配達は、以前佐川が担当していました。しかし、扱い量がとても多かったためヤマトと日本郵便が引き受けることになりました。ところが、事態は一刻を争うこととなり、再交渉の上の選択肢は以下になります。
  1. アマゾンが値上げを受け入れる
  2. アマゾンが交渉を受け入れず、ヤマトが現契約を維持
  3. アマゾンとの交渉決裂。アマゾンが別の宅配会社に切り替え
1の場合、消費者が送料を払うことで負担となりますが、これは受け入られる現実的な選択肢となります。
2の場合、ヤマトは今後の判断が非常に難しくなります。この場合、個人向けの料金の値上げに留まるでしょう。
3の場合、ヤマトは一時減収減益を免れません。ただ、この場合中長期的な視点で見ると、安定的な宅配が望めます。一方、アマゾンは窮地に陥ります。現在の料金で佐川との契約は望めませんので、選択肢は日本郵便だけとなりますが、日本郵便は契約はしないでしょう。なぜなら、いまでも郵便事業を抱えているため、これ以上の仕事量の増加は郵便事業の破綻を招きかねません。また、上位3社以外の会社では大量の荷物を捌けないので、難しいでしょう。そうすると、アマゾンの撤退が現実味を帯びてきます。

とはいえ、アマゾンの撤退までいかなくとも、アマゾンの倉庫からの発送だけ抑えるということも考えられます。というのも、現在はマーケットプレイスという出店店舗からの発送サービスがあるので、そこから行えばアマゾンが独自に発送する必要はないからです。

↓へのアクセスもよろしくお願いします!

非常に難しい問題となりました!↓